ニュース

これまでのニュース【10月2日】

クレムソン大QBローレンスの経過状況 先週シラキュース大に辛くも勝利したクレムソン大ですが、その苦戦の要因の一つにその試合から先発QBを任されたトレヴァー・ローレンス(Trevor Lawrence)が怪我で途中退場したことが上げられます。相手ディフェンダーから激しいタックルをくらい頭部を打ったロー

これまでのニュース【9月28日】

ウィスコンシン大から今月4人目の退部選手 Big Tenカンファレンス所属のウィスコンシン大では先日DEケルディック・プレストン(Keldric Preston)がチームを離れたそうです。その理由は明らかにされていません。プレストンが退部したことでウィスコンシン大からは4人の選手が今年に入ってチーム

これまでのニュース【9月27日】

良かれと思ったのに・・・ 今週末ペンシルバニア州立大との大一番を控えるオハイオ州立大。この試合はペンシルバニア州立大のホームで行われますが、当地ではこの試合を恒例の「ホワイトアウト」と指定し、スタジアムを真っ白に染めてオハイオ州立大を迎え撃つことになります。このホワイトアウトのアウェー感は半端ないの

クレムソン大QBブライアントが転校へ

現在全米3位で4年連続カレッジフットボールプレーオフ(CFP)進出を狙うクレムソン大にショッキングなニュースです。 昨年から先発QBを任されてきたのは4年生のケリー・ブライアント(Kelly Bryant)ですが、彼に代わって1年生のトレヴァー・ローレンス(Trevor Lawrence)が今週末の

オハイオ州立大ボーサが手術

3週間の謹慎処分が解け、いよいよアーバン・マイヤー監督がサイドラインに復帰することになり、オハイオ州立大ファンにとっては待ちに待った日がやってきたという気分になっていることでしょう。しかしそれに水を指すような悪い知らせです。というのも守備陣の要であるスターDEのニック・ボーサが手術を受けたというのです。

ハリケーン・フローレンスが接近中

今週アメリカの大西洋側には最大で3つのハリケーンが接近してきています。そのなかでも「ハリケーン・フローレンス」は今週末アメリカ東海岸側に上陸する予定で、それによるダメージが危惧されています。 その影響は今週のカレッジフットボール界にも及んでおり、それによる災害を未然に防ぐため幾つかの試合がすでにキャ

オハイオ州立大マイヤー監督の処遇が決定

オハイオ州立大のプレシーズンキャンプ入り直前に発生した、アーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督休職処分を引き起こした一連の事件。彼のアシスタントコーチが起こしたドメスティックバイオレンスをマイヤー監督が承知していたのかどうか、ということと、それに対する処分を巡って約3週間の第三者調査が行わ

フロリダ州立大の新スタッフにかつての重鎮が就任

つい先日、フロリダ州立大の開幕戦であるバージニア工科大戦にて同チームのレジェンダリーコーチ、ボビー・バウデン(Bobby Bowden)元監督が名誉キャプテンに指名されたことをこのサイトでもご紹介しました。 【関連記事】あのレジェンド二人が名誉キャプテンに

メリーランド大のダーキン監督が休職処分に

現在全米各地ではあと2週間に迫る開幕に向け選手・コーチたちが一丸となって練習に励み準備を整えているところです。どのチームがどれだけの力をつけてくるのか、興味は絶えませんが、一方で気になるのは現在休職処分に下されているオハイオ州立大のアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督の処遇です。 【関連

あのレジェンド二人が名誉キャプテンに

アトランティックコーストカンファレンス(ACC)のフロリダ州立大とバージニア工科大といえば長らくどちらのチームも同じ監督に率いられてきた、近年では稀なチームでした。フロリダ州立大はボビー・バウデン(Bobby Bowden)、バージニア工科大はフランク・ビーマー(Frank Beamer)という二人

ノースカロライナ大が13選手を数試合出場禁止処分へ

大学の規模にもよりますが、カレッジフットボール選手はプレシーズンキャンプ傘下のためにキャンパスに到着すると多くのギアがチームから支給されます。トレーニング用のギアからバッグ、靴、帽子、などなど・・・。その量は大御所になればなるほど多くなるという傾向があるようです。

ネブラスカ大とアイオワ大の「ブラックフライデー」ゲームが復活へ

アメリカでは11月の第4木曜日に「サンクスギビングデー(感謝祭)」として、その年の収穫を祝うために設けられた国民の休日です。この日は家族が一同に集まり、七面鳥やその他のサンクスギビング独特の食事に舌鼓を打つのが通例です。そしてその翌日の金曜日は「ブラックフライデー」と呼ばれ、様々な店舗で安売りがあり

【続々報】オハイオ州立大マイヤー監督が休職処分に

各地でプレシーズンキャンプが始まってすでに数日経っていますが、2018年度シーズン開幕前から話題をかっさらっているのがオハイオ州立大のアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督の処遇がどうなるかということです。事の次第ではマイヤー監督解雇の可能性もあり、そうなれば優勝候補のオハイオ州立大にシー

元ベイラー大のブライルス氏が再就職へ

現在オハイオ州立大は家庭内暴力を犯したとされ解雇された元アシスタントコーチの処遇をめぐり、HCであるアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督が休職処分に処され、現在事実関係を明らかにすべく調査のメスが入っています。状況いかんでは開幕前にマイヤー監督のクビが飛ぶことも考えられるほどの差し迫った

【続報】オハイオ州立大マイヤー監督が休職処分に

いよいよ各地で2018年度シーズン開幕に向けてのプレシーズンキャンプが始まりましたが、現在渦中のオハイオ州立大もキャンプインしました。しかし肝心のHCアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督不在の中で。

オハイオ州立大マイヤー監督が休職処分に

2018年度シーズン開幕へ向け全米でプレシーズンキャンプインを目前としている中、優勝候補にも挙げられているオハイオ州立大にスキャンダルの予感です・・・。というのもアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督が休職処分に処せられてしまったのです。

ネブラスカ大フロスト監督の災難

2018年度のプレシーズンキャンプが各地で始まろうとしている中、今年ネブラスカ大で新たに指揮を執る事になったスコット・フロスト(Scott Frost)監督が足元を救われてしまったようです。しかもフットボールとは関係ないところで。 というのも先週末、フロスト監督宅に強盗が侵入し、総額16万5千ドル(