BLOG POSTS 
カレッジフットボール記事

ニュース

オフシーズン便りVol.2【2021年】

2020年度に改正されたルールのおさらいとか、アラバマ大を蹴ってミシガン大に就任したことで後悔人生を送ることになったロドリゲス氏の話とか、全米最年少&最年長コーチ陣の話とか、学生アスリートの卒業率が過去最高になった話とか。

続きを読む »

オフシーズン便りVol.1【2021年】

アイオワ州立大とマット・キャンベル監督が契約を更新した話とか、セントラルフロリダ大の新監督に元アーバン大のガス・マルザーン監督が就任した話とか、リクルーティング禁止期間が5月末まで延長になった話とか、オレゴン大QBタイラー・シャックがテキサス工科大に転向を決めた話とか。

続きを読む »

ミシガン大とノースウエスタン大の新たなライバリー

カレッジフットボールには多くの宿敵関係「ライバリー」が存在し、地理的な理由だけでなく過去に起こった因縁の関係により、選手やファンにとってそれらのゲームは絶対に負けたくない試合として大いに盛り上がります。そんな中Big Tenにおいて新たなライバリーが生まれようとしています。

続きを読む »

ウィンズロー・Jr氏の転落人生

かつてマイアミ大で2000年代前半にプレーし、2004年のNFLドラフトでクリーブランドブラウンズに入団して以来約10年プロでプレーしたTEケレン・ウィンズロー・Jrがこの度答弁取引に同意し14年間の刑務所に入ることになりました。スター候補だったウィンズロー氏に何が起きたのか・・・。

続きを読む »

アラバマ大WRスミスがハイズマントロフィーを獲得

年間最優秀選手賞=MVPというアワードはどのスポーツにもあります。カレッジフットボールにも似たようなアワードがいくつも有るのですが、その中でも個人賞として最高峰のアワードがハイズマントロフィーです。今年度その栄えある賞を手にしたのは・・・

続きを読む »

テキサス大、動く

名門と言われながら全米の檜舞台から遠のいて久しいテキサス大。一刻も早くCFPに出場できるようなチームを夢見る大学側並びに後援者らは遂にハーマン監督に見切りをつけました。そしてハーマン監督に代わって再建を託した人物とは・・・。

続きを読む »

2020年度APオールアメリカン

レギュラーシーズンを通して活躍した選手たちの中からベストメンバーとして選ばれた選手たちを「オールアメリカン」と呼びますが、特に格式高いAP(Associated Press)が定めたオールアメリカンの面々が先日発表されましたのでそれをご紹介します。

続きを読む »

ルイジアナ州立大のオーバーホール

昨年15勝0敗と完全無欠のナショナルチャンピオンに輝いたルイジアナ州立大。しかし今年は昨年と比べると戦力が激減。その結果ディフェンディングチャンプにも関わらず負けが先行するシーズンに。何とか勝率5割でシーズンを終えましたが、来季に向けて早速大幅なオーバーホールが始まっています。

続きを読む »

サウスカロライナ大がムスチャンプ監督を解雇

SECに所属するサウスカロライナ大は先週ミシシッピ大に59対42で敗れ今季の戦績を2勝5敗にまで落としてしまいましたが、大学側は今週はじめにウィル・ムスチャンプ監督と袂を分かつ決断を下しました。彼の栄光と挫折の歴史と後釜候補などを探ります。

続きを読む »

クレムソン大QBローレンスが新型コロナに感染

アメリカでは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染数が各地で再び増加していますが、その影響はカレッジフットボール界にも及び試合がキャンセルになったり延期になるケースが続いています。そんな中カレッジフットボール界の「至宝」にも遂に魔の手が・・・。

続きを読む »

OBJ、母校に2年間出入り禁止へ

2019年度のナショナルタイトルゲームではLSUがクレムソン大を破り12年ぶりに全米制覇を成し遂げました。その偉業を称えあう試合後の輪の中に卒業生であるOBJの姿がありましたが、彼がここで犯した悪行のしっぺ返しが・・・。

続きを読む »

Pac-12カンファレンスが11月に開幕へ

カレッジフットボール界に朗報・・・です。というのも8月11日にBig Tenカンファレンスと同調して2020年度シーズン不参加を決めていたPac-12カンファレンスが遂に今季参戦することに方向転換。11月6日から7試合限定のスケジュールを組むことになったのです。

続きを読む »

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事