ブログ記事一覧 - ANY GIVEN SATURDAY

Archive

ACCのスケジュールが歴史を変える?

8月も目前に迫った7月末、コロナウイルスの影響で今季のカレッジフットボールシーズン開幕が危ぶまれる中でACCがついに今季のスケジュールを発表。それによると彼らは10試合のリーグ戦と1試合の交流戦の計11試合で開幕に臨むことになりましたが、今回のスケジュールにはあの名門が参戦するというサプライズ付きになりました。

続きを読む »

2020年度シーズン開幕への道⑤

8月も目前だというのに相変わらず開幕するのか分からないというカレッジフットボール界。いつもならこの時期はシーズンのプレビュー記事で世間は溢れていますが、如何せん今シーズン開幕が危ぶまれているという現状でそのことを書くことに意味があるのかという感じで足踏みさせられているというのが実際のところでしょうが・・・。

続きを読む »

春季フットボール案の落とし穴

今季のカレッジフットボール開幕予定日が刻一刻と近づいていますが、コロナ禍の影響で未だに開幕を迎えられるのか誰も分からない状況が続きます。もし世間的にみても今季の開催は適当ではないとなった場合、シーズンを秋から春に先送りにするという案もありますが、この案にハードルが無いわけではありません。

続きを読む »

2020年度シーズン開幕への道④

通常ならあと1週間ほどで各大学チームはプレシーズンキャンプに突入する頃ですが、コロナ禍の影響で開幕に未だ確固たるゴーサインは出ていません。シーズンそのものをキャンセルするカンファレンスやカンファレンス戦だけに絞るスケジュールでいくカンファレンスと開幕へ向け対応は様々ですが・・・。

続きを読む »

ジョージア大QBダニエルズがNCAAから特例許可

カレッジフットボール界でチームを鞍替えするのは日常茶飯事ですが、転校先で即試合出場が可能となるにはNCAAから特例をもらうか大学院生トランスファーとして転校するかの2通りしかありません。今回USCからジョージアに転校したJ.T.ダニエルズはその特例を取り付けたのですが・・・。

続きを読む »

今シーズンをキャンセルすべき別の理由

世界的大流行を見せるコロナウイルスの影響により今シーズンのカレッジフットボール開催に黄色信号が灯っていますが、今季開催を断念せよという声はよく聞きます。これは当然公衆衛生上の主張なのですが、アリゾナ州立大のある教授はこれとは別の理由でシーズンを中止すべきだと話しています。その主張とは?

続きを読む »

NCAA3部のセントトーマス大が史上初の・・・

昨年、そのあまりの強さに所属するカンファレンスから三行半を突きつけられてしまったNCAA3部のセントトーマス大。2021年からの所属先を探していた彼らですが、今回NCAAから特例を受けてカレッジフットボール史上初となる快挙を成し遂げました。その快挙とは?

続きを読む »

テキサス大がスタジアムの一部を改名

BLM運動を受けてテキサス大では選手らが同大学にも黒人をもっと受け入れかつての黒人の偉人に敬意を表するよう働きかけていましたが、それを受けて大学側はホームスタジアムであるダレル・ロイヤル・テキサスメモリアルスタジアムのインフィールド名を改名することを決定しました。

続きを読む »

元アーバン大HCタバーヴィル氏が当選

アラバマ州の共和党上院議員代表決選投票が7月14日に行われ、元合衆国司法長官であり長官に就任するまでアラバマ州で20年間に渡り上院議員を務めてきたジェフ・セッションズ氏を破りアーバン大元監督のトミー・タバーヴィル氏が当選するという驚きのニュースが飛び込んできました。

続きを読む »

カレッジフットボールとネイティヴアメリカン

NFLのワシントンレッドスキンズは長年批判され続けてきたそのニックネームとロゴの使用を取りやめる決定を下しました。レッドスキンズはネイティヴアメリカンを刺激する名前であり、BLM運動からなる人権問題の圧力に彼らが折れた形になりましたが、今後この流れがカレッジにも押し寄せるのでしょうか?

続きを読む »

MACの大損失

現在までのところ「パワー5」カンファレンス群のBig TenカンファレンスとPac-12カンファレンスが来たる2020年度シーズンをカンファレンス戦のみのスケジュールで乗り切ることを決定しました。他カンファレンスもこの流れに乗じることが予想されますが、その余波を食らうMACの大損失がなかなかエグいです。

続きを読む »

レジー・ブッシュとヴィンス・ヤング

USCのアイコン的プレーヤーだったRBレジー・ブッシュはスキャンダル発覚によりUSCから追われ2005年に獲得したハイズマントロフィーも自主返還してしまいました。しかし今年6月にUSCと復縁したことでブッシュ氏のトロフィーの行方が気になるところですが、それに関してブッシュ氏が先日裏話を話してくれました。

続きを読む »

ユタ大DCスカリー氏の処分が決定

6月初旬にユタ大のディフェンシブコーディネーターであるモーガン・スカリー氏が、2013年に送ったテキスト(ショートメール)の中で人種差別的用語を使用したことが明らかになったことで謹慎処分を食らっていました。その後の内部調査の後大学は正式にスカリー氏の処分を発表したようです。

続きを読む »

オハイオ州立大ADスミス氏の憂い

Big Tenカンファレンスは今シーズンをカンファレンス戦9試合のみで乗り切ることを表明しました。何としても開幕にこぎつけたい彼らの苦肉の策ではありますが、一方でコロナ禍が収束する兆しはまだ見えません。今季の開幕を懸念する人は多いですが、その中のひとりがオハイオ州立大ADのジーン・スミス氏です。

続きを読む »

2020年度シーズン開幕への道③

7月に入りこれまで感染数が高くなかったアメリカ南部でコロナ感染者数が激増。自主トレを行うチームの中にも感染者を出してトレーニングを中止せざるを得なくなった大学もあります。2020年度開幕まであと2ヶ月。果たして今シーズンを無事に迎えることは出来るのでしょうか?

続きを読む »

アンダーアーマーがUCLAとカリフォルニア大との契約を解除

カレッジスポーツ界においてコロナ禍でダメージを受けているのは、秋シーズンが開催されるかどうかだけでなくビジネス方面においても例外ではありません。そんな折スポーツブランドの大手であるアンダーアーマーがUCLAとカリフォルニア大とのスポンサー提携を解消するというニュースが飛び込んできました。

続きを読む »

オフシーズン便り#11【2020年】

メンフィス大が今季ヘルメットに「BLM」ステッカーを貼る話とか、テキサス大史上初の黒人選手の遺族がNCAAを相手取って訴訟を起こした話とか、オクラホマ州立大のマイク・ガンディ監督が一連のいざこざの代償を支払うことになった話とか、テキサスA&M大がリクルーティング違反を犯してNCAAから制裁を受ける話とか。

続きを読む »

2020年度シーズン開幕への道②

6月1日からキャンパスでの自主トレを解禁したNCAAですが、それに伴い全米中で選手をそれぞれのキャンパスに呼び寄せるチームが増えてきました。一方でアメリカでは現在南部を中心にコロナウイルスの第二波が押し寄せています。NCAAは開幕までの6週間プランを承諾しましたが、それが開幕につながるのでしょうか?

続きを読む »

変わりゆくカレッジトラディション

5月にミネソタ州ミネアポリスで起こった白人警官による黒人への暴行致死事件を発端にアメリカだけでなく世界中でBLM運動が行われています。この運動によりアメリカでは人種差別を生んだ悪しき歴史と決別するために様々な声が上がっています。そしてその波はカレッジ界にも押し寄せているのです。

続きを読む »

オフシーズン便り#10【2020年】

ノートルダム大で長年愛されたスタジアムの声の主が引退する話とか、マック・ブラウン監督が就任したことでリクルーティング力が格段にアップしたノースカロライナ大の話とか、莫大なマッチ料を支払ってコネチカット大との対戦を決めたオハイオ州立大の話とか、そのオハイオ州立大のアシスタントコーチ4人の年収が大台に乗った話など。

続きを読む »

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事