ランキング

プレシーズン

予定/結果

順位表

BLOG POSTS 
カレッジフットボール記事

読み物

カニングハム氏の功績

元USCのRBで卒業後はペイトリオッツで活躍しカレッジフットボール殿堂入りも果たしたサム・カニングハム氏が9月7日に他界。実はカニングハム氏はカレッジフットボール、ひいては米国の黒人地位確立にも影響を及ぼした人物だったのです。

続きを読む »

ボビー・バウデンのレガシー

フロリダ州立大を34年間率いナショナルタイトル2度を獲得したレジェンド、ボビー・バウデン氏が先日膵臓がんのために他界されました。今回はそのバウデン氏のキャリアを振り返りながら大御所を偲びたいと思います。

続きを読む »

嵐の予感・・・

今オフはCFP参加チーム拡張の話や選手がお金を稼げるようになるNIL制度の発足など話題に事欠きませんでしたが、それらを更に上回るビッグニュースが飛び込んできました。それがテキサス大とオクラホマ大のBig 12脱退及びSEC加入というスクープだったのです。

続きを読む »

NCAA、岐路に立つ

話題に事欠かない今年のオフシーズンですが、その中でもCFPの12チーム制の話題をある意味超えてくるニュースが飛び込んできました。それはある訴訟でNCAA(全米大学体育協会)が負けたというニュースなのですが、この結果があるいはNCAAの存在を根底から覆すポテンシャルを秘めているのです。

続きを読む »

トリプルオプションの行く末【後編】

トリプルオプションオフェンスの将来を考えるシリーズ最終回。今回は士官学校以外でこのオフェンスを使用し続けるジョージアサザン大、トリプルオプション衰退に拍車をかけたルール変更、そしてこのオフェンスの使用を個人的に勧めたいチームをご紹介します。

続きを読む »

トリプルオプションの行く末【中編】

トリプルオプションオフェンスの過去・現在・未来を探る第2弾。今回は1960年代より脈々と続くトリプルオプションの流派、それが衰退していった理由、そしてそんな中でもこのオフェンスを未だに使い続ける士官学校たちのお話です。

続きを読む »

トリプルオプションの行く末【前編】

腕の立つ指導者は時代が変わっても増えていきますが、彼らに共通して言えるのはすでに存在しているコンセプトを取り入れそれを自分なりに昇華させることで彼らは他の指導者と一線を画しているということです。そんなコンセプトの中に果たしてトリプルオプションの生きる道はあるのか?それとも過去の遺産として消えゆく運命

続きを読む »

Pac-12の失落と再建への道

NCAA1部のFBS内でも覇権を争う「パワー5」カンファレンス群が特に注目を浴びますが、その中の1つであるPac-12カンファレンスはここ最近その存在感を打ち出せずに居ます。戦績が伴わないというのも事実ですが、それと同時に上層部のマネージメントにもかなりの問題があり・・・。

続きを読む »

ヘフティ・レフティのレガシー

皆さんはジャレッド・ロレンゼン氏をご存知でしょうか?かつてケンタッキー大でQBとしてプレーしプロではNYジャイアンツで2007年度の優勝チームの一員でしたが、彼は何よりもQBなのにOLのような巨漢だったことで知られています。しかし彼のデカさは体格だけではなかったのです。

続きを読む »

クォーターバックU

古参のカレッジフットボールファンの方ならば、オクラホマ大といえば屈指のランヘビーオフェンスという記憶が濃いのではないでしょうか。しかし今ではオクラホマ大といえば名QBを輩出する屈指の強豪校というイメージが強いです。時代に合わせて攻撃スタイルを変えて復活を遂げたオクラホマ大に迫ります。

続きを読む »

Pac-12カンファレンスの台所事情

2011年に当時史上最高額となる12年間で30億ドル(約3000億円)というテレビ放映権契約を結んだPac-12でしたが、10年後となる現在その状況は変わり他のパワー5カンファレンス勢に抜き去られてしまいました。そんなPac-12の台所事情を探ります。

続きを読む »

「The Eyes of Texas」に見るテキサス大の内情

スティーヴ・サーキジアン監督を迎えて新体制となったテキサス大ですが、現在彼らを賑わしているのは新チームの状態などではなく、彼らの応援歌でもある「The Eyes of Texas」です。不要論から後援者の脅迫問題にまで発展したこの騒動から見え隠れするテキサス大の内情とは?

続きを読む »

コーチ・プライムの挑戦

NCAA1部でもFBSの下部レベルにあるのがFCSですが、昨秋は新型コロナウイルスの影響でシーズン開幕がこの春に延期に。そして先週末開幕したこのFCSのスプリングシーズンはFBSとシーズンが被らないためにいつもよりも注目度が高いのですが、それに輪をかけて盛り上がる理由があるのです。

続きを読む »

クレムソン大とスウィニー監督のサクセスストーリー

かつてなかなか結果を残せなかったものの、ここ5〜6年間の活躍が目覚ましいクレムソン大。今では毎年ナショナルタイトル争いに絡んで来るほどまでに成長しましたがそれを支えているのがスウィニー監督。今回はそのスウィニー体制下でチームが開花するまでのプロセスのお話です。

続きを読む »

嗚呼、ペンステート

今季Big Tenカンファレンスで予想外の苦戦を強いられているチームにミシガン大とペンシルバニア州立大の2チームがあります。どちらも名高いチームですがミシガン大は何とか2勝を挙げている一方ペンシルバニア州立大はいまだ全敗中で歴史的な惨敗シーズンを送っています。

続きを読む »

サウスカロライナ大がムスチャンプ監督を解雇

SECに所属するサウスカロライナ大は先週ミシシッピ大に59対42で敗れ今季の戦績を2勝5敗にまで落としてしまいましたが、大学側は今週はじめにウィル・ムスチャンプ監督と袂を分かつ決断を下しました。彼の栄光と挫折の歴史と後釜候補などを探ります。

続きを読む »

ディフェンスは何処へ?

今季ここまで目につくのはハイスコアゲームが続出していること。点取合戦は見ているファンにとってはエンターテイメント性が高い試合展開ということになるのでしょうが、それにしても何故こんなに各地でディフェンス陣が苦戦しているのでしょうか?

続きを読む »

因縁の対決?

今週末には全米1位のクレムソン大対7位のマイアミ大や3位のジョージア大と14位のテネシー大などの好マッチアップが予定されていますが、個人的には2位のアラバマ大とランク外のミシシッピ大との試合も非常に楽しみです。それはなぜか?

続きを読む »

Big Tenの悪あがき

カレッジフットボール界の大御所Big Tenカンファレンスはコロナの影響を受けて早々にカレッジフットボールの秋季開催を見送る決定を下しましたが、所属チームらの反発を受けて今季の状況が水面下で二転三転している模様。当初の決断を断固として押し通せないのは何故なのか?

続きを読む »

ジョージア大QBダニエルズがNCAAから特例許可

カレッジフットボール界でチームを鞍替えするのは日常茶飯事ですが、転校先で即試合出場が可能となるにはNCAAから特例をもらうか大学院生トランスファーとして転校するかの2通りしかありません。今回USCからジョージアに転校したJ.T.ダニエルズはその特例を取り付けたのですが・・・。

続きを読む »

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事