こぼれ話

重症を負ったカリフォルニア大入学予定の選手に朗報

今年の6月13日、カリフォルニア大に今年から入学予定だったLBクリス・ファティルア(Chris Fatilua)が脊髄損傷という重症を負い、長期の治療を余儀なくされるというアクシデントが起きました。命にも関わるという大手術を乗り越え、現在ファティルアはコロラド州にある施設でリハビリに励んでいるところ

Read More »

元サザン大のゲイルズ一家に素晴らしいプレゼント

遡ること約3年前の2015年度シーズン、ジョージア大とサザン大との一戦でサザン大のWRデヴォン・ゲイルズ(Devon Gales)が首の骨を折る重症を負い、結果下半身が不随となってしまいました。 【関連記事】サザン大のWRが首の骨を骨折 怪我した直後にはサザン大だけでなくジョージア大の医療チームが一

Read More »

命からがら・・・?!

カレッジフットボール界の異端児と言えば現フロリダアトランティック大HCのレーン・キフィン(Lane Kiffin)監督です。オフェンスコーチとしての腕は確かですが、その行動や言動が先歩きしてしまうこともしばしば。

Read More »

アラバマ大の理髪室が意外な展開に・・・

「Wow Factor」なんて言葉があります。これは人々を凄い驚かす(Wow=ワオ!と言わす)物事のことを言いますが、カレッジフットボールのリクルーティングにおいても大学側の「Wow Factor」が非常に重要になってきます。リクルートが大学を訪れたときにどれだけ彼らに「Wow!」と思わせることがで

Read More »

カレッジチームの資産価値は?

カレッジフットボールはアマチュアスポーツでありながらものすごい巨額の金が動くビジネスでもあることはこのサイトでも紹介してきました。ゲームチケットやグッズの売上、テレビ放映権や商標権などから日本では考えられないほどの収益があったりします。 もちろん120チームあるFBS(フットボールボウルサブディビジ

Read More »

ストゥープス氏のトリビュートに意外な人が

2017年度シーズン開幕前に突然の引退宣言をして一線から退いた元オクラホマ大監督のボブ・ストゥープス(Bob Stoops)氏。2001年に就任2年目でいきなり全米制覇を成し遂げるとその後も18年間に渡りチームを常勝チームとして育て続けてきました。 引退時にはまだ56歳でコーチ業界ならまだまだ現役バ

Read More »

ミシガン大 in フランス!

Embed from Getty Images 従来のカレッジフットボールの常識を覆し続けるミシガン大のジム・ハーボー(Jim Harbaugh)監督。就任以来3年経ちますが、これまでリクルーティングやサテライトキャンプ、春季トレーニングなどで何かと世間を騒がせてきた人物です。 実際のフィールド上で

Read More »

ペンステートのゲストコーチ!

今週末も各地で春季トレーニングの締めくくりである「スプリングゲーム(紅白戦)」が行われることになっていますが、ペンシルバニア州立大もそのうちの一つです。「ブルー&ホワイトゲーム」と呼ばれる彼らの紅白戦にもおそらくたくさんのファンたちが足を運ぶことになり、特に今季NFLドラフトの目玉選手とされ

Read More »

忘れ去られていた・・・

ジョージア工科大では現在チームのロッカールームの改築工事を進めているところですが、その過程で普通では考えられないようなものを発見したらしいのです。 それは長い間忘れ去られていた25メートルのプールだったそうです。

Read More »

新プロリーグの監督にあのレジェンドが

皆さんは「XFL」を覚えていらっしゃるでしょうか?1999年に華々しく誕生した新アメフトリーグは派手な演出やセクシーなチアリーダーらに囲まれ大きな期待を胸に始動しましたが、残念ながらたったの1年で経営が行き詰まり解散となってしまいました。そのXFLがなんと2020年に復活するらしいのです。 「今更必

Read More »

アイオワ大の新たなトラディション

当サイトは筆者である私一人で運営されているため、全てのカレッジフットボールのニュースを網羅することは非常に難しいのが現状です。ですからシーズン中に取り上げる事ができなかった話なども多々あるのですが、その中の一つで紹介したかったのに溜まった記事の下の方に埋もれていたものがあります。それがアイオワ大と小

Read More »

元ルイジアナ州立大監督のマイルズ氏の再就職先は・・・

私が大好きな監督の中に元ルイジアナ州立大のレス・マイルズ(Les Miles)氏がいます。オクラホマ州立大で成功した後ルイジアナ州立大の監督に就任して2007年度シーズンにチームをナショナルチャンピオンに育て上げた名将です。ただ残念ながら2016年度シーズン途中にヘッドコーチの職を解かれ、現在まで現

Read More »

元フロリダ州立大のワリック氏の背番号が欠番に

1990年代後半からカレッジフットボール界にのめり込み始めた筆者にとって1999年のフロリダ州立大の強烈なインパクトは今もはっきりと覚えています。プレシーズンからナショナルチャンピオンシップ優勝まで一貫して全米1位であり続けた初めてのチームだった彼らには多くの駒が揃っていましたが、その中でも輝いてい

Read More »

サウスカロライナ大のスプリングゲームに特別ゲスト!

カレッジフットボール界では現在各地で春季トレーニングが行われていますが、場所によってはすでにそのスケジュールを終えているチームもあります。SECのサウスカロライナ大もその中の一つで、彼らは先週末にそのトレーニングの締めくくりであるスクリメージ(紅白戦)「ガーネット&ブラックゲーム」を行いました。 「

Read More »

LAコロシアムが改名へ

2028年度の夏季オリンピックはアメリカ・ロサンゼルスで開催されることになっていますが、そのメイン会場になると思われるのがロサンゼルスメモリアルコロシアム(LA Memorial Coliseum)。1932年と1984年にもオリンピックの開催地となったロサンゼルスでもLAコロシアムは使用されました

Read More »

アラバマ大の2017年度の収入は・・・

カレッジフットボール業界が巨大な産業化しているのは今に始まったことではありませんが、メディアとのディールが高騰することに比例してチームが手に入れられる報酬の額も過去では考えられないものになっています。アマチュアスポーツであるアメリカの大学アメフトチームが日本のプロスポーツに負けじと劣らないビジネスを

Read More »

パデュー大の新たな収入源

先刻の記事でNCAA(全米大学体育協会)がものすごい稼いでいるということを紹介しましたが、一方で各カレッジフットボールチームの現場では観客動員数が全体的に減少したと言われています。そんな中Big Tenカンファレンスは観客動員数が昨年増加した稀なカンファレンスですが、その中でもパデュー大はチームのホ

Read More »

男に二言はない!

カレッジフットボール界で1、2を争うほどの有名なライバリー(ライバル関係)にアラバマ大とアーバン大があります。アラバマ州にプロチームがない(マイナーリーグなどを除いて)ことからアラバマ州のスポーツファンは小さい頃から「アラバマ大」か「アーバン大」のどちらかに付くことになり、お互いをいがみ合う存在とな

Read More »

元ペンステート、パターノ氏の映画の予告動画

ここ2年間のペンシルバニア州立大の躍進には目を見張るものがあります。ジェームス・フランクリン(James Franklin)監督就任3年目の2016年には周囲の予想を裏切ってBig Tenカンファレンスタイトルを獲得。昨年はスターRBサクオン・バークレー(Saquon Barkley)、QBトレース

Read More »

金メダルにあやかって・・・

平昌冬季オリンピックで見事念願の金メダルを獲ったアメリカ代表男子カーリングチーム。カーリングというと北欧というイメージがありますし、アメリカンなスポーツという感じがありませんが、それでも史上初の偉業に本土は湧きました。 そんな折そのアメリカ代表チームに便乗したかどうかはわかりませんが、ラトガース大の

Read More »