フレッド・テイラーの告白

フレッド・テイラーの告白

フレッド・テイラー(Fred Taylor)氏と言えば、大学時代フロリダ大でプレーし、その後は1998年のNFLドラフトで1巡目総合9番目にジャクソンビルジャガーズに指名され11年間プレーしたほか、後年はニューイングランドペイトリオッツでも2年間プレーしたRB。13年のプロキャリアで7度の1000ヤード超えを達成した名RBで知られます。

そのテイラー氏ですが、今回ある暴露となる告白をして久しぶりにヘッドラインを飾りました。とはいえ内容的には目から鱗が落ちるような内容ではないのですが・・・。


Embed from Getty Images

フロリダ大時代のテイラー氏

それは彼が高校生の時の話。当時から引く手数多だったテイラー氏はさまざまな大学からリクルーティングを受けますが、その中にはSEC(サウスイースタンカンファレンス)の強豪チームであるジョージア大も姿もありました。

そしてテイラー氏は、ジョージア大が彼をリクルートした際に「賄賂」とも言える5万ドル(当時1993年のレートで約555万円)を渡していたと暴露したのです。30年越しの告白です(笑)。

ただ、テイラー氏はこの「賄賂」を受け取りながらなんとジョージア大には進学せず、逆に彼らの憎きライバルであるフロリダ大に進学したのですから、まあ大したタマですね。

当時から、この極秘裏に金銭の受け取りがあったのではないかという噂はあったようなのですが、ここに来てその噂を肯定する発言をしたことになります。

現在はNIL(Name/Image/Likeness)を介して場合によってはとんでもない額の利益を学生アスリートは合法的に手にすることができるようになりましたが、それが解禁となる以前からアスリートが水面化でこのように金銭を受け取る代わりに特定の大学へ進学するよう働きかけるような動きはあったわけで、テイラー氏のこの告白は何も天地がひっくり返るような話ではありません。

しかし、こんな大金を受け取ったにもかかわらずジョージア大に行かないばかりかライバルチームに入部したというところがすごい。違法でお金をあげたためにジョージア大としては文句も言えないわけですが、ジョージア大から金を巻き上げてフロリダ大へ行ったのですから、フロリダ大ファンからすればテイラー氏は崇められるような存在でしょうね(笑)。

この記事が気に入ったら拡散&フォローお願いします!
ツイート
この記事が気に入ったら拡散&フォローお願いします!
ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト