こぼれ話

コロラド大のエコ運動

世界中の海でプラスティック製品のゴミが増え続けていることが問題視されていますが、そういったプラスティク製のゴミを出さないようにストローが紙製になったりする動きがアメリカだけでなく多くの先進国で進んでいます。 多くの人が集まるイベントではこのようなゴミが当然出やすくなりますが、カレッジフットボールのス

UCLAケリー監督が売りに?!

UCLAで2季目となるチップ・ケリー監督は今年ここまで1勝5敗。2シーズンのトータルでも4勝14敗と大変厳しい状況が続いています。就任時にはそれなりの高い期待度があったこともあり、当然ファンたちは現在のチーム状況並びにケリー監督体制には満足していません。そんな不満をあるファンがユニークな形で表現しました。

カップケーキのお値段は・・・

カレッジフットボールで「カップケーキ」といえば、強豪チームが白星を獲得することを前提に対戦する「カモ」チームのこと、もしくはそういったマッチアップのことを指します。強豪校が弱小校に金を払って試合をし、確実な1勝をものにするという構図ですがこれは実は安い買い物ではありません。

ホームチームの宿泊費用

試合の前日にはコンディションをピークに持っていくためにそれぞれのチームは様々な試みをしますが、FBSチームの殆どのチームは選手たちを試合に集中させるためにホームチームでも試合前日にホテルに宿泊するという習慣があります。しかしこれもタダではないわけで・・・。

もしかすると・・・

生涯勝率85%というとんでもない数字を残しながら惜しまれつつ引退した元オハイオ州立大監督のアーバン・マイヤー氏。彼は現在TV局のアナリストをしていますが、まだ55歳と若いだけに現場復帰の可能性が頻繁にささやかれています。現場を離れて10ヶ月。本人の現在の心境に変化はあるのでしょうか?

理想の上司?

時に場所を選ばず激情的になるアラバマ大のニック・セイバン監督。それは自身のアシスタントコーチにも及び見ているだけでもサイドラインで怒鳴られているコーチたちに感情移入してしまいます。セイバン監督とは仕事がしづらいのではないかなどと囁かれる中、セイバン監督自身はそれをどのように感じているのでしょうか?

クレムソン大とランクチームとの対戦成績は・・・

現在首位を独走中のクレムソン大は今後のスケジュールを考えるとACCを制しCFPに出場するのも造作ないことだと言われています。ACC内での競争レベルが下がったため、クレムソン大のスケジュールが他のチームよりも容易であるという声も聞こえてきます。しかしそれは本当でしょうか?

コロラド大財政赤字のわけは・・・

Pac-12カンファレンス所属のコロラド大は昨年大学史上最高額となる寄付金3000万ドル(1ドル100円計算で約30億円)を集めたにも関わらず、トータルで赤字を計上してしまいました。一体何が起きたというのでしょうか?

強すぎるのも困りもの・・・

フットボール(というかどんなスポーツでも)をやるからにはやはり強くなりたい、試合に勝ちたいというのがどのチーム・選手にとって共通な意志なはずです。もちろんみんながその望みを叶えることが出来るわけではなく、むしろそれを味わえるのは上位のチームのみで、それ以外のチームたちはいつかその仲間入りができるよう

あの名作が復活か?!

カレッジフットボールファンのバイブルとも言えたゲーム、EAスポーツ社の「NCAA Football」。数多のファンを沸かせてきた名ゲームですが、「NCAA Football 14」以来製造されていません。そんな憂き状況に一筋の光が差し込みそうな話が飛び込んできました。

ミシガン大 in 南アフリカ!

ここ2年間、イタリアやフランスに大遠征を行っているミシガン大。そんなことが出来てしまうのはミシガン大くらいなものでしょうが、生涯教育を謳っているこの海外旅行は一方で大学のPR及びリクルーティングでのネタ提供にも大いに役に立っています。そして今年ジム・ハーボー監督がチームを引率した行き先は・・・。

ノートルダム大のマスコットに初の・・・

米大学ではそれぞれが独自のマスコットを持っており、それがチームのアイデンティティーを深め一層の愛着へと繋がります。名門ノートルダム大もそれに漏れず「レプラコーン」というマスコットを持っていますが、今回この「レプラコーン」の歴史を変える出来事が起きました。

元USCブッシュ氏、未だに母校へ戻れず

2003年から2005年までサザンカリフォルニア大でRBとして活躍し、2つのナショナルタイトル及びハイズマントロフィーも獲得したレジー・ブッシュ氏。11年のプロ生活の後2017年に現役引退。今年からFox Sportsのスタジオアナリストを務めることになりましたが、ここで少々問題が。

13年越しの・・・

現在卒業シーズンまっただ中のアメリカですが、ミッドアメリカンカンファレンス所属のケント州立大で先日行われた卒業式にあの有名なOB選手が登場!プロ入り以来ご両親との果たせなかった約束を果たすために密かにこの日にたどり着くまで手を尽くしていたようです。その人物とは?

まさかの復活?

NFLドラフトの登竜門・NFLスカウティングコンバインが終わり、只今各地では「プロデー」と言われるローカル版の「コンバインもどき」が行われています。コンバインに招待されなかった選手、またコンバインで結果を残せなかった選手などが参加するこのプロデー。今回は先日行われたクレムソン大でのプロデーでの逸話を紹介します。

カンザス大マイルズ監督、映画出演!

かつてLSUを率い2007年には全米制覇を果たしたレス・マイルズ監督。2年の空白を経て今年からカンザス大の監督に就任していますが、実はマイルズ監督は映画やCMに出演したこともあります。そして彼は今年リリースされた「The Challenger Disaster」という映画でも演技を披露しているのです。

大統領のおもてなしは・・・

アメリカではプロ・アマ問わず優勝したチームがホワイトハウスに招かれて大統領から直々にねぎらいの声をかけてもらうのが慣例となっています。昨年度のFBSチャンピオン・クレムソン大もそれに漏れず招待をされましたがそこで思わぬ待遇を受けました。そしてこの度WHに招待されたFCSチャンプのノースダコタ州立大もまた・・・。

A・ブラウンが母校に太っ腹なギフトを贈呈

近年何かと世間に話題を振りまいている元ピッツバーグスティーラーズでオークランドレイダーズに移籍したスターWRアントニオ・ブラウン。その彼が今回母校のセントラルミシガン大に太っ腹なギフトを贈ったということです。そのギフトとは・・・。

鬼の居ぬ間に・・・

多くの選手をNFLに送り出し主力選手の顔ぶれが目まぐるしく変わるアラバマ大はコーチ陣の出入りも頻繁です。今年も既に5人のコーチがチームを去っていきましたが、その中の一人である元QBコーチのダン・イーノス氏に関する面白い話が飛び込んできました。

クレムソン大の優勝祝賀会!

2年ぶり3度めのナショナルタイトルを獲得したクレムソン大。その業績を称えるため彼らは地元サウスカロライナ州クレムソン市にて優勝パレードを行いました。さらにはナショナルチャンピオンになったときの恒例行事であるホワイトハウス訪問も行いました。その結末は・・・。