おすすめ アーカイブ - ANY GIVEN SATURDAY

BLOG POSTS 
カレッジフットボール記事

おすすめ

因縁の対決?

今週末には全米1位のクレムソン大対7位のマイアミ大や3位のジョージア大と14位のテネシー大などの好マッチアップが予定されていますが、個人的には2位のアラバマ大とランク外のミシシッピ大との試合も非常に楽しみです。それはなぜか?

続きを読む »

コロナで露呈したカレッジフットボール界の「怪物の尾」【後編】

各地でコロナ感染が発生するも第4週目にはいよいよSECが開幕して徐々に盛り上がりを見せている今季のカレッジフットボール。当初開催を見合わせていた4つのリーグも今季開幕に舵を切りいずれ全てのFBSカンファレンスが出揃うことになりましたが、それでも何か釈然としないものを感じずに入られません。それは何なのか?

続きを読む »

恐れていたことが現実に・・・

コロナ禍の中で始まった今季のカレッジフットボールは今週第4週目を迎えます。疑心暗鬼の中で開幕しましたがこれまで何とか試合は行われており、この状況でもシーズン続行が可能であることが証明されました。が、それを手放しで喜べない状況も同時に起こっています。

続きを読む »

コロナで露呈したカレッジフットボール界の「怪物の尾」【中編】

2020年度シーズンは開幕までに史上稀に見る混沌を見せてきました。Big TenとPac-12という2つのパワー5カンファレンスが不参加を表明すればACC、Big 12、SECらは開幕へ向けて爆進中。これを見ても分かるように今回のコロナ禍は今までに無い程のこの業界の統一性のなさを露呈したのです。

続きを読む »

コロナで露呈したカレッジフットボール界の「怪物の尾」【前編】

今年のカレッジフットボールはコロナ禍の影響でBig TenとPac-12は参戦を見合わせるということで例年とは全く異なるシーズンとなります。しかもまだコロナの脅威が存在する中で他リーグ開幕が決まるまで紆余曲折ありましたが、そのプロセスの中でカレッジフットボールの奇妙な構造が見え隠れしてきました。

続きを読む »

カレッジフットボールとネイティヴアメリカン

NFLのワシントンレッドスキンズは長年批判され続けてきたそのニックネームとロゴの使用を取りやめる決定を下しました。レッドスキンズはネイティヴアメリカンを刺激する名前であり、BLM運動からなる人権問題の圧力に彼らが折れた形になりましたが、今後この流れがカレッジにも押し寄せるのでしょうか?

続きを読む »

変わりゆくカレッジトラディション

5月にミネソタ州ミネアポリスで起こった白人警官による黒人への暴行致死事件を発端にアメリカだけでなく世界中でBLM運動が行われています。この運動によりアメリカでは人種差別を生んだ悪しき歴史と決別するために様々な声が上がっています。そしてその波はカレッジ界にも押し寄せているのです。

続きを読む »

【続】誰が誰だか分かるかな?

先日行われた第54回スーパーボウルの試合開始直前に流れたテレビのCMはNFL生誕100周年を記念したスペシャルCMでした。新旧のスターが勢揃いしたこの試みは撮影されたパートとライブのパートが絶妙に組み合わさった大変秀逸な作品でした。ここではそのCMに出演した選手たちを出身校付きで紹介します。

続きを読む »

箱根駅伝を観て・・・【2020年版】

アメリカでは年末年始というのはあまり特別な感じがなくて唯一休みになるのは1月1日なんですね。ですから仕事は12月31日までありますし、年明けの仕事始めも1月2日なんてのは普通なんです。もうアメリカに住んで20年以上経つのですが、何年たってもこのお正月感のなさというのは日本人だからかしっくり来ません。

続きを読む »

The Legend of Joe Burrow

その年に最も活躍した選手に贈られる、カレッジフットボール界最高峰の個人賞であるハイズマントロフィー。手にすれば未来永劫語り継がれるという誰もが憧れるこのアワードを今年手にしたのはルイジアナ州立大QBジョー・バロウでした。ここに至るまで数奇な道を辿ったバロウに迫ります

続きを読む »

スケジューリングもタダじゃない!

カレッジフットボール界では様々な場面で巨額のお金が動いていることはこのサイトでも多々紹介しています。コーチのサラリー、スタジアムの改築費、バイアウト費、後援者の寄付金、テレビ放映権とこのスポーツが巨額の富を生む立派なビジネスであることは明らかです。今回はさらにこのスポーツならではの大金の流れの話です。

続きを読む »

フロリダ州立大、タガート監督を解雇

ツイッターやこの記事でもすでに紹介しましたが、先週マイアミ大とのライバルゲームで27対10と惨敗し今季4勝5敗となったフロリダ州立大はウィリー・タガート(Willie Taggart)監督をシーズン途中ながら解雇する苦肉の決断を下しました。

続きを読む »

あの名作が復活か?!

カレッジフットボールファンのバイブルとも言えたゲーム、EAスポーツ社の「NCAA Football」。数多のファンを沸かせてきた名ゲームですが、「NCAA Football 14」以来製造されていません。そんな憂き状況に一筋の光が差し込みそうな話が飛び込んできました。

続きを読む »

カレッジフットボールのグローバル化へ

アメフトはその名の通りアメリカで生まれたスポーツですが、海外でもプレーされるようになったスポーツでもあります。国境に面しているカナダ、メキシコはもとより、ヨーロッパ各国、アフリカ列国、南米の国々、そして日本を含むアジア・オセアニア地区と実はたくさんの国でプレーされており、アメフトのグローバル化が進んでいます。

続きを読む »

2億ドルクラブ!

プロスポーツ顔負けの規模で運営されているアメリカのカレッジスポーツ。その大きさは日本のプロスポーツも真っ青のものですが、この度NCAAがリリースした報告書によると昨年度の収入総額が2億ドル(約200億円)を超えるチームが3つも存在したということです。そのチームとは?

続きを読む »

誰が誰だか分かるかな?

先日行われたスーパーボウル内で紹介された、NFLの100周年を祝うために作られたテレビCM。これに出演した面々が豪華すぎることで評判を呼びましたが、今回はそこに出ていた全ての著名人をカレッジフットボールに無理やり関連させながら紹介したいと思います。あなたは何人分かりましたか?

続きを読む »

新レッドシャツルールの影響

カレッジフットボールでは今季から新たな「レッドシャツ(Red Shirts)」ルールが制定されました。この新制度が出場機会を求める選手たちの希望となり、コーチたちを悩ませる頭痛にもなり始めています。 「レッドシャツ」制度とはなにか カレッジフットボール選手には基本的に4年間のプレー資格が与えられてい

続きを読む »

カレッジフットボールの光と陰〜中堅チームの厳しい台所事情

カレッジフットボールがプロ顔負けのビジネスモデルになり得ることは、ここでも紹介しているような例、例えばリクルーティングのためにゴージャスな施設を建設したり、チームまるごと海外へ連れて行ったり、大手スポーツブランドと法外な契約を結んだり、メディアネットワークの収入で懐が温まったり・・・するような記事か

続きを読む »

カレッジフットボールの光と陰〜マウリス・クラレットの場合

RBマウリス・クラレット(Maurice Clarett)という選手を覚えている人はいるでしょうか。 オハイオ州出身で高校時代に名を馳せたクラレット氏は2002年にオハイオ州の旗艦大学であるオハイオ州立大に鳴り物入りで入学。1年生ながら1237ランヤードを足で稼ぎ、オハイオ州立大での1年生としての最

続きを読む »

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト