ニュース

アラバマ大OCロックスリー氏、メリーランド大新監督に

今年開幕前から起きていたスキャンダルを受けてD.J.ダーキン監督を解雇していたメリーランド大はチームの再建をアラバマ大のオフェンシブコーディネーターで、メリーランド大にも縁のあるあの人物に決まりました。

カンザス州立大シュナイダー監督が引退へ

オハイオ州立大のアーバン・マイヤー監督が今シーズンのボウルゲーム後に引退するというニュースが全米中を駆け巡ったばかりですが、マイヤー監督の引退発表の前にもう一人カレッジフットボール界のレジェンドが現役コーチングからの引退を発表していました。カンザス州立大の生き仏、ビル・シュナイダー監督です。

オハイオ州立大マイヤー監督が引退へ

つい先日所属するBig Tenカンファレンスの優勝決定戦でノースウエスタン大を破ってリーグ2連覇を果たしたオハイオ州立大。お正月には今シーズンの締めくくりとして由緒あるローズボウルに出場しワシントン大と対決することになっています。そんなオハイオ州立大から驚きのニュースが飛び込んできました。

ブロイルズ賞のファイナリスト

監督やスター選手が常にチームの表舞台でもてはやされる中、縁の下の力持ち的な存在でチームを支えているのがアシスタントコーチたちです。その中でもコーディネーターと呼ばれる、実際に現場で作戦を立てている人物たちの事を忘れてはなりません。そんな彼らの偉業を称える「ブロイルズ賞」のファイナリストたちがこの度発表されました。

元カンザス大ビーティ氏がテキサス大の臨時コンサルタントに就任

今週テキサス大はBig 12カンファレンスのタイトルをかけて宿敵オクラホマ大との再戦を控えますが、この試合に是が非でも勝ちたいトム・ハーマン監督はオクラホマ大完全攻略のためについ先日カンザス大を解雇となったデヴィッド・ビーティ氏を臨時コンサルタントとして招聘しました。

UNCがフェドラ監督を解雇→ブラウン氏が新監督として復帰

今季2勝9敗という散々な結果に終わったノースカロライナ大。2017年度も3勝9敗ということで2年連続となる負け越しを喫し、しかもチームが上昇する気配も感じられないことから、大学側はラリー・フェドラ(Larry Fedora)監督を解雇することを決定しました。そしてフェドラ監督の後釜に起用したのが・・・。

USCのへルトン監督が残留へ

今季5勝7敗でボウルゲーム出場を逃すことになってしまったサザンカリフォルニア大。ファンの落胆ぶりは底知れませんが、それに伴いヘルトン監督解雇を求める声が高まっていました。しかし今回USCの体育局長であるリン・スワン氏はヘルトン監督の残留を明言しました。

テキサス工科大、キングスバリー監督を解雇

今年結果を残せなければそのクビが危ないとシーズン開始前から囁かれていたテキサス工科大のクリフ・キングスバリー監督。今年は最終戦のベイラー大に敗れて5勝7敗とし、ボウルゲーム出場を逃してシーズンを終了。そして大学はついにキングスバリー監督と袂を分かつことを決意。6年間のキングスバリー政権に終止符を打つことになりました。

ルイビル大、ペトリノ監督を解雇

先週シラキュース大に敗れ7連敗とし、今季の戦績も2勝8敗と散々なシーズンを送っているルイビル大ですが、とうとう上層部に堪忍袋の緒も切れたようで、ボビー・ペトリノ(Bobby Petrino)監督を監督職から解いたということです。今年のルイビル大の状況からすればしょうがない結果と言えるでしょう。

これまでのニュース【11月9日】

FSUのタガート監督がプレーコーリングを譲渡 ここまで4勝5敗と大苦戦中の名門フロリダ州立大。彼らは今年からウィリー・タガート(Willie Taggart)監督に指揮されていますが、オフェンスのバックグラウンドを持つタガート監督はこれまで自らプレーコーリングを行ってきました。しかし成績から見てもそ

これまでのニュース【11月7日】

カンザス大ビーティ監督が解雇へ 今年4年目を迎えるカンザス大のデヴィッド・ビーティ(David Beaty)監督ですが、これまで通算6勝39敗、カンファレンスレコードは1勝26敗という不甲斐ない結果しか残せていませんでしたが、それを受けて体育局長(AD)のジェフ・ロング(Jeff Long)氏はシー

メリーランド大、ダーキン監督を謹慎解除するも翌日解雇に

メリーランド大は今季開幕前からD.J.ダーキン(D.J. Durkin)監督を自宅謹慎処分に処してきました。というのもダーキン監督下のフットボール部の風紀が著しく低下し、コーチによるパワハラが横行していたという告発があったのを受け、大学側がその真偽を問うべく調査チームを設けて調べさせていたからです。

今日までのニュース【10月25日】

メリーランド大の調査結果 オハイオ州立大のマイヤー監督が開幕3試合の謹慎処分になったことはこのサイトでも何度か紹介していますが、もう一人開幕前に謹慎処分になり未だ正式な処遇がおりていない人物が居ます。メリーランド大のD.J.ダーキン(D.J. Durkin)監督です。 【関連記事】メリーランド大のダ

これまでのニュース【10月18日】

LSUの特別仕様ユニフォーム 今週全米22位のミシシッピ州立大と対戦することになっている5位のルイジアナ州立大ですが、この試合に彼らが特別使用のユニフォームを着用することが明らかになりました。 Uniforms designed for the future that pay respect to

オハイオ州立大DEボーサ、退部・退学へ

今シーズンここまで7戦全勝で全米2位に付けているオハイオ州立大。ハイズマントロフィー候補QBドゥウェイン・ハスキンズ(Dwayne Haskins)を擁して今年こそプレーオフ進出に燃えている彼らですが、そんな快進撃の中で忘れられていた人物がいます。DEニック・ボーサ(Nick Bosa)です。

NCAA最多勝利数保持者、ガグリアーディ氏が他界

当サイトではNCAA1部、特にフットボールボウルサブディビジョン(FBS)のチームやシーズンを紹介していますが、NCAAには2部、さらにその下に3部とレベルや大学の規模によって区分けされています。FBSチームばかりが取り上げられる(当サイトもそうですが)のが常ではありますが、その下部リーグでも多くの

オクラホマ大DCストゥープス氏が解雇に

選手末の「レッドリバーの戦い(Red River Showdonw)」にてテキサス大に3点差で敗れたオクラホマ大。テキサス大が善戦したとはいえ、45点も失点してしまったのは明らかにオクラホマ大のディフェンスに問題があったのは確か。彼らの守備陣に対する不安はこの試合前から上げられていましたが、まさにそ