アラバマ大のオールアメリカンLBが今季絶望に

開幕戦を土曜日に控えたアラバマ大にショッキングなニュースが。

彼らのディフェンスのリーダーとも言える、オールアメリカンLBディラン・モーゼス(Dylan Moses)が火曜日(8月27日)の練習中に膝の前十字靭帯を断裂し、今シーズン絶望となったことが分かりました。

Embed from Getty Images

膝の怪我で今季絶望的となったLBモーゼス

2年ぶりのナショナルタイトル奪回に向け動き出しているアラバマ大にとって見ればこれは大きな痛手です。今年3年生のモーゼスは昨年の2年生シーズンに86タックル、3.5QBサックを記録。また今季終了後に早期NFLドラフト入りも視野に入っていたと思われるモーゼス自身の身の振り方にも大きく影響を及ぼすと見られ、アラバマ大だけでなく彼に目をつけていたNFLスカウト陣にも痛手となりそうです。

またチームはキャンプ中にチームのルールを違反したということで先発RBナジー・ハリス(Najee Harris)、バックアップRBブライアン・ロビンソン(Brian Robinson Jr.)、WRデヴォンタ・スミス(DeVonta Smith)、LBテレル・ルイス(Terrell Lewis)の4選手を開幕戦のデューク大との試合で前半出場禁止処分に処したと発表がありました。

さらには4つ星評価を得ているリクルートで来年アラバマ大に入部することを口頭で発表していたジョージア州出身の高校生Sハヴィアー・モートン(Javier Morton)君がアラバマ大進学を撤回するというニュースも入ってきました。

開幕前に手痛いニュースが相次いで流れているアラバマ大。開幕戦のデューク大との試合でまさかの・・・なんて結果があったりするでしょうか?

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする 0
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket

RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ