クレムソン大

クレムソン大とランクチームとの対戦成績は・・・

現在首位を独走中のクレムソン大は今後のスケジュールを考えるとACCを制しCFPに出場するのも造作ないことだと言われています。ACC内での競争レベルが下がったため、クレムソン大のスケジュールが他のチームよりも容易であるという声も聞こえてきます。しかしそれは本当でしょうか?

第3週目レビュー

今季第3週目はランカー同士の対決がなく、とりだててエキサイティングな週末ではありませんでしたが、その代わりにランキングの下位さらにはランク外でもアップセットゲームがあちこちで見られ、それなりに話題性あふれる週末となりました。

第2週目レビュー

第2週目に行われた全米6位のルイジアナ州立大(LSU)と9位のテキサス大とのメガマッチは予想を裏切らない素晴らしい試合となり、シーズン序盤にも関わらず大変楽しませていただきました。そのほかにも行われた試合を独断の偏見で抽出してざっくりご紹介したいと思います。

第2週目の見どころ

今季第2週目の今週末は6位のルイジアナ州立大と9位のテキサス大、及び1位のクレムソン大と12位のテキサスA&M大という2つの見逃せないゲームが予定されています。また序盤とは言えその他にも気になるマッチアップが散りばめられているこの週末の見どころを紹介します。

8月29日の主な試合結果

8月29日の木曜日に開催された試合には全米1位のクレムソン大や12位のテキサスA&M大などがいきなり登場。特に2連覇を目指して発進するクレムソン大がどのような試合を披露するかに注目が集まりました。本格的に各地で開幕を迎える土曜日に先駆けて行われた数試合を振り返ります。

若き猛者たち【クレムソン大プレビュー】

昨年の全米チャンピオン・クレムソン大は決勝戦で王者アラバマ大を44対16という大差で退けました。平均得点数が40点以上という彼らを16点に抑えたクレムソン大守備陣も素晴らしかったのですが、平均失点数16点のアラバマ大守備陣から44点も奪った攻撃陣も凄かった。その原動力となった若き2選手が今年も健在です。

元アーバン大監督バウデン氏の再就職先・・・

かつてアーバン大を率いて1993年に完全無敗シーズンを記録、最近ではアクロン大の監督を7年間務めたテリー・バウデン氏。2018年度シーズンは4勝8敗と冴えずアクロン大から解雇されてしまいしばらく無職でしたが、この度バウデン氏の再就職が決まりました。それは・・・。

クレムソン大とスウィニー監督が超大型の契約更新

過去3年間で2度の全米制覇を成し遂げたクレムソン大は今や押しも押される常勝チームとなりましたが、当然その原動力となっているのはダボ・スウィニー監督。そんな名監督を今後もチームに引き止めるためクレムソン大はスウィニー監督と契約を更新。その内容がとんでもないものになっています。

2019年度春季トレーニングリポート【その2】

4月も第2週目に入り各地で行われている春季トレーニングも佳境を迎えています。そんな中すでに先週末までにトレーニングの締めくくりとなる紅白戦を含め全行程を終えたチームも出始めています。今回はその中から先週紅白戦を行った4チームの出来を少し紹介したいと思います。

2019年度春季トレーニングリポート【その1】

カレッジフットボール界は現在春季トレーニングの真っ只中です。来る2019年度シーズンに向けてチームがどう仕上がっているのかに注目が集まり、またトレーニングを締めくくる紅白戦は大々的に行われます。今回はLSU、USC、クレムソン大、フロリダ州立大の春季トレーニングの注目ポイントを探ります。

2019年オフシーズンニュースまとめ【その1】

オフシーズン中に紹介しきれず溜まっていたニュースを掻い摘んでご紹介いたします。トランスファーポータルに登録して転校していった選手たちの話とか、2024年に予定されているクレムソン大vsジョージア大戦のファイトマネーの話とか、サザンカリフォルニア大の新しいオフェンシブコーディネーターの話とか。

まさかの復活?

NFLドラフトの登竜門・NFLスカウティングコンバインが終わり、只今各地では「プロデー」と言われるローカル版の「コンバインもどき」が行われています。コンバインに招待されなかった選手、またコンバインで結果を残せなかった選手などが参加するこのプロデー。今回は先日行われたクレムソン大でのプロデーでの逸話を紹介します。

クレムソン大の優勝祝賀会!

2年ぶり3度めのナショナルタイトルを獲得したクレムソン大。その業績を称えるため彼らは地元サウスカロライナ州クレムソン市にて優勝パレードを行いました。さらにはナショナルチャンピオンになったときの恒例行事であるホワイトハウス訪問も行いました。その結末は・・・。

コットンボウル:クレムソン大30、ノートルダム大3

カレッジフットボールプレーオフ(CFP)準決勝戦の第1戦となったコットンボウルでのクレムソン大(2位)とノートルダム大(3位)との一戦。大半の予想はクレムソン大有利でノートルダム大がどこまでゲームを僅差のものに出来るかというところに注目が集まりました。が、スコアを観ても分かるように試合はクレムソン大

コットンボウルプレビュー

今年のカレッジフットボールプレーオフ(CFP)の準決勝戦がいよいよ間近に迫ってきました。その第1戦目はコットンボウルで行われるクレムソン大とノートルダム大の一戦。この大一番の見どころを探ってみたいと思います。

クレムソン大QBブライアントが転校へ

現在全米3位で4年連続カレッジフットボールプレーオフ(CFP)進出を狙うクレムソン大にショッキングなニュースです。 昨年から先発QBを任されてきたのは4年生のケリー・ブライアント(Kelly Bryant)ですが、彼に代わって1年生のトレヴァー・ローレンス(Trevor Lawrence)が今週末の

クレムソン大にやってきた大物ゲストとは?

クレムソン大のダボ・スウィニー(Dabo Swinney)監督の長年の夢・・・それは監督としてナショナルタイトルをゲットすることだったのか、もしくはクレムソン大で最多勝利監督となることなのか、はたまた彼の母校であるアラバマ大の監督に就任することなのか・・・。 実はそんなことよりも彼が一番叶えたかった

2018年度注目のチーム【クレムソン大】

2018年度チームプレビュー Clemson Tigers Clemson Tigers クレムソン大タイガース オフェンス 2016年度シーズンに悲願のナショナルタイトルを獲得したクレムソン大。そのチームの原動力となったのはQBデショーン・ワトソン(Deshaun Watson)でした。その類まれ

セイバン監督の後継者は・・・

アラバマ大が昨年度ナショナルチャンピオンに輝いたことで彼らのHCであるニック・セイバン(Nick Saban)監督にとって6つ目の全米制覇を達成したことになりました。これでFBS(フットボールボウルサブディビジョン)レベルではかの有名な元アラバマ大監督でありレジェンドでもあるポール・ベアー・ブライア

1年分の・・・

サウスカロライナ州出身の高校生キッカー、B.T.ポッター(B.T. Potter)君はすでにクレムソン大進学を決めていますが、その彼が思わぬプレゼントをゲット! High School Blitz(彼らがどのような団体なのかいまいちわかりませんが苦笑)が決める高校のベストプレーヤーに選ばれたポッター