2019年度CFP全米王座決定戦プレビュー⑦【総括】 - ANY GIVEN SATURDAY

2019年度CFP全米王座決定戦プレビュー⑦【総括】

2019年度CFP全米王座決定戦プレビュー⑦【総括】

さあいよいよ8月末から開幕した2019年度シーズンも残すところあと数時間となりました。その最後を締めくくるのは全米最強を決めるCFPナショナルチャンピオンシップゲーム。今日(1月13日、日本時間1月14日)ルイジアナ州ニューオーリンズ市にあるメルセデスベンツスーパードームで遂にキックオフとなります。

第1シードのルイジアナ州立大、第3シードのクレムソン大ともここまで無傷の14連勝。昨年度クレムソン大がFBS史上初となる15勝を挙げて全米の最高峰に立ちましたが、今年もどちらが勝つにせよ史上2度目の15勝チャンピオンが生まれることになります。

ルイジアナ州立大はここまで6つのトップ10チームをなぎ倒し圧倒的な強さを見せてここまで上り詰めてきました。一方のクレムソン大はルイジアナ州立大ほどのレジュメ(対戦履歴)を持ってはいませんが、ディフェンディングチャンピオンとして見事にこの大舞台に帰ってきました。



どちらのチームもタレントぞろいですが、特に今年のチームにはオフェンスに将来のスターの原石たちが在籍しています。その最たる人物がルイジアナ州立大QBジョー・バロウ(Joe Burrow)。シーズンの最優秀選手に贈られる名誉あるハイズマントロフィーを受賞したバロウは今年のNFLドラフトで総合ドライチ選手と言われる逸材。その周りを固めるWRジャマー・チェイス(Ja’Marr Chase)、ジャスティン・ジェファーソン(Justin Jefferson)、RBクライド・エドワーズ・へレイヤー(Clyde Edwards-Helaire)も近い将来NFLで活躍する姿を見ることができるでしょう。

またクレムソン大QBトレヴァー・ローレンス(Trevor Lawrence)は今年2年生なのでNFL入りできるのは2021年のドラフトとなりますが、彼も今すぐにでもプロ入りできるほどのポテンシャルを持っていると言われていますし、RBトラヴィス・エティエン(Travis Etienne)、WRティー・ヒギンズ(Tee Higgins)も将来有望な選手たちです。



おそらく後年になってこの試合を見返したときにその時のスターとなった選手たちがこの試合に多く出場していたことを発見することができるでしょう。

この選手たちが対戦し合う訳ですが、どちらも全米トップクラスの得点力を保持しており(LSUが全米1位、クレムソン大が全米2位のスコアリングオフェンス)、互いが点を取り合うことが予想されます。どちらのオフェンスがチャンスをモノにするか、もしくはどちらのオフェンスがミスを犯すか、そういったちょっとした油断だけで試合の流れが変わってしまうような展開になるかもしれません。



またディフェンスに関して言えばクレムソン大のほうが数字的には上という見方もできますが、彼らが対峙することになるバロウはクレムソン大がこれまで戦ってきたどのQBとも比べ物にならないビーストです。おそらくどちらのディフェンスも得点を許すことになると思いますが、すべてを防げなくてもどこかでゲームのモメンタムを変えてしまうようなビッグプレーを決めることが出来たチームにチャンスが訪れるかもしれません。



今季多くのルイジアナ州立大の試合を見てきた筆者としては、やはりバロウの操るオフェンスをクレムソン大ディフェンス陣がどう止めるのかという点に注目したいです。とにかく今季のバロウの神がかったプレーは凄まじく、正直このオフェンスを止められるチームが存在するのかと思ってしまうくらいです。

だからこそディフェンスの鬼才と言われるクレムソン大ディフェンシブコーディネーターのブレント・ヴェナブルズ(Brent Venables)氏がどんな作戦を編み出してくるのかに大変興味が湧くのです。CFP準決勝戦から約2週間ありましたから、お互い相手を研究する時間は十分あったはずです。バロウが攻略されてしまうのか、もしくはヴァナブルズ氏のディフェンスを持ってしてもバロウを止められず彼がレガシーを確立するのか・・・。



開催地からほど近いところにキャンパスを構えるルイジアナ州立大としてはほぼホームグラウンドに近い状況であり、そこに乗り込むクレムソン大は無敗のディフェンディングチャンピオンなのにアンダードッグ扱いを受けています。しかしその点こそダボ・スウィニー(Dabo Swinney)監督にとってはうってつけのモチベーションを上げるポイントになります。



現在29連勝中のクレムソン大が30勝目を挙げて2年連続の完全王者となるのか、もしくはエド・オルジェロン(Ed Orgeron)監督の指揮下で完全に生まれ変わり2007年度以来チーム4度目となるナショナルタイトルをルイジアナ州立大が手にするのか・・・。キックオフまであと僅か。あとは試合を見守るばかりです。

*当サイトのツイッターアカウントでこの試合の勝者予想をしています。気軽に投票してみてください!(投票結果は匿名です)

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on twitter
Share on twitter
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
RELATED POSTS 
関連記事
RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ
TAGS 
キーワードから記事を探す
この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on twitter
Share on twitter
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト