ルイジアナ州立大

第2週目レビュー

第2週目に行われた全米6位のルイジアナ州立大(LSU)と9位のテキサス大とのメガマッチは予想を裏切らない素晴らしい試合となり、シーズン序盤にも関わらず大変楽しませていただきました。そのほかにも行われた試合を独断の偏見で抽出してざっくりご紹介したいと思います。

第2週目の見どころ

今季第2週目の今週末は6位のルイジアナ州立大と9位のテキサス大、及び1位のクレムソン大と12位のテキサスA&M大という2つの見逃せないゲームが予定されています。また序盤とは言えその他にも気になるマッチアップが散りばめられているこの週末の見どころを紹介します。

殿堂入りコーチ、ロビンソン氏がLSU入り

ちょっと古い話になりますが、今年7月に殿堂入りもしているレジェンド、ジョン・ロビンソン(John Robinson)氏がルイジアナ州立大(LSU)のコーチ陣に入閣した話を紹介します。

2019年度春季トレーニングリポート【その2】

4月も第2週目に入り各地で行われている春季トレーニングも佳境を迎えています。そんな中すでに先週末までにトレーニングの締めくくりとなる紅白戦を含め全行程を終えたチームも出始めています。今回はその中から先週紅白戦を行った4チームの出来を少し紹介したいと思います。

2019年度春季トレーニングリポート【その1】

カレッジフットボール界は現在春季トレーニングの真っ只中です。来る2019年度シーズンに向けてチームがどう仕上がっているのかに注目が集まり、またトレーニングを締めくくる紅白戦は大々的に行われます。今回はLSU、USC、クレムソン大、フロリダ州立大の春季トレーニングの注目ポイントを探ります。

フィエスタボウルレビュー

25連勝中の「グループオブ5」の雄・セントラルフロリダ大を止めるべく立ちはだかったのがSECの強豪・ルイジアナ州立大。セントラルフロリダ大が2年連続無敗シーズンを送るのか、それとも大御所ルイジアナ州立大が意地を見せるのか・・・。その試合の結果はいかに?

SECのコンスピラシーセオリー?

今週末行われるアラバマ大とルイジアナ州立大の大一番は彼らが所属するサウスイースタンカンファレンス(SEC)西地区の首位争いだけでなく、SECチャンピオンシップゲーム、そしてその先に待っているカレッジフットボールプレーオフ(CFP)進出のために非常に重要なゲームとなります。今週発表されたCFPランキン

これまでのニュース【10月18日】

LSUの特別仕様ユニフォーム 今週全米22位のミシシッピ州立大と対戦することになっている5位のルイジアナ州立大ですが、この試合に彼らが特別使用のユニフォームを着用することが明らかになりました。 Uniforms designed for the future that pay respect to

ルイジアナ州立大が73歳のコーチを起用

Embed from Getty Images カレッジフットボール界において「キング」として君臨しているのは言わずと知れたアラバマ大のニック・セイバン(Nick Saban)監督。先日のナショナルタイトル戦での勝利で自身6度目の全米制覇を成し遂げ、これで元アラバマ大の名将、ポール・ベアー・ブライア

ルイジアナ州立大、OCカナダ氏と離別へ

Embed from Getty Images ルイジアナ州立大が巨額の契約更新額を提示してディフェンシブコーディネーターのデイヴ・アランダ(Dave Aranda)氏がテキサスA&M大に引き抜かれるのを阻止したというニュースを先日紹介しましたが、一方で彼らはオフェンシブコーディネーターであ

LSUのDCアランダ氏、最高所得アシスタントコーチに

ボウルゲーム直前にフロリダ州立大を飛び出てテキサスA&M大の新監督に就任したジンボ・フィッシャー(Jimbo Fisher)監督。キャンパスに到着後からフィッシャー監督はチームの立て直しに大忙しですが、そのプランの一つに新コーチ陣の組閣も当然含まれます。今の所前監督のケヴィン・サムリン(Ke

ルイジアナ州立大の行く末

サウスイースタンカンファレンスの名門・ルイジアナ州立大は2003年と2007年に全米制覇を成し遂げましたが、ここ最近は少々低迷気味。2016年度にはシーズン途中にレス・マイルズ監督を解雇しましたが、今のところ後任のエド・オルジェロン監督指揮下あまり成果が上がっているとはいえません。彼らの行く末が心配です。

ルイジアナ州立大のOLテウヘマが転校へ

猫の手も借りたいほどの台所事情であるルイジアナ州立大のOL陣ですが、それに追い討ちをかけるような事件が起きました。つい先日(8月2日)に無期限謹慎処分に処されたOLマエア・テウヘマ(Maea Teuhema)がそれから1日も経たないうちにチームを退部し転校することが決定したと言うのです。

野生トラを保護せよ!

クレムソン大、アーバン大、ルイジアナ州立大、ミズーリ大。皆さんはこの4チームの共通点がなんだかわかりますか? それは彼らのマスコットが共通して「タイガー(トラ)」であることです。 アメリカの大学スポーツには大抵マスコットがおり、その多くが動物です。マスコットは各チームのアイデンティティーの為にもニッ

SECメディアデー:リキャップ①

今週7月10日から4日間アラバマ州フーバー市で行われたサウスイースタンカンファレンス(SEC)のメディアデー。これは各チームのヘッドコーチ及び選ばれた選手たちが所信表明したり、記者からの質問に答えたりするイベントで、毎年プレシーズン前のこの時期に行われます。SECのメディアデーはカンファレンスの注目

2017年度版「サテライトキャンプ戦争」勃発?

  ルイジアナ州立大とテキサス大は同じカンファレンスに所属しているわけではありませんが、州同士が隣接していることもあり、ことリクルーティングに関しては宿敵同士であるといえます。実際のところ両チームはリクルーティングランキングで5本の指に入ると言われています(by ESPN)。

ひょっとしたらキフィン氏が・・・

昨シーズン中ルイジアナ州立大では当時監督であったレス・マイルズ(Les Miles)氏が解雇され、ディフェンシブラインコーチであったエド・オルジェロン(Ed Orgeron)氏が臨時ヘッドコーチに就任してシーズンを乗り切りました。シーズン終了間際にはオルジェロン氏が正式に監督に就任することが決定し、

ランディー・モス氏の息子がLSUに転校

元NFLのスターWRで殿堂入りも確実とされているランディー・モス(Randy Moss、元マーシャル大)氏の実子であり、ノースカロライナ州立大のTEでもあったタデウス・モス(Thaddeus Moss)が転校することになりましたが、その行き先はSECの強豪チームであるルイジアナ州立大であることが明ら

元ルイジアナ州立大QBハリスの転校先は・・・

ルイジアナ州立大から転校することを決意し、転校先を探していたQBブランドン・ハリス(Brandon Harris)ですがこの度ようやく新天地にたどり着いたようです。 ルイジアナ州立大のQBハリスが転校へ

フォーネットはNFLでも逸材となり得るか?

毎年ドラフトの目玉はQB選手となる傾向が高いですが、今年はRBが豊作となる予感がたっぷりの年です。特にその中でもルイジアナ州立大の元スターRB、レナード・フォーネット(Leonard Fournette)はトップRBと評価が高いです。リーグ関係者の話では総合10位以内かそれ以上とも言われている逸材なのです。