2019年度シーズン

[quads id=2]

ネブラスカ大、フロスト監督と2年契約延長

今季ここまで4勝6敗と芳しくないBig Tenカンファレンスのネブラスカ大。彼らを率いるのは今年2年目のスコット・フロスト監督ですが、かつて彼が率いていたセントラルフロリダ大は2年目にパーフェクトシーズンを送ったこともあり、彼の母校であるネブラスカ大でもその再現を期待したファンは多かったのですが・・・。

ウィスコンシン大RBテイラーが新記録樹立

今季最高で全米6位まで駆け上ったウィスコンシン大でしたが、8戦目にイリノイ大にまさかの敗戦を喫するとオハイオ州立大にも完敗して2連敗。CFPどころかBig Tenカンファレンス優勝決定戦出場も厳しくなってしまいました。この現状は決して彼らが望んでいた結果ではないでしょうがそんなチームに大変明るいニュースが。

第12週目レビュー

第12週目も手に汗握る好ゲームが各地で行われましたが、5チームいた無敗チームのうち2チームに土がついたり、ハイズマントロフィー候補のスター選手がシーズン絶望となる大怪我を負うなどドラマに満ちた週末になりました。そんな第12週目を振り返ります。

第12週目の見どころ

今季のカレッジフットボールもいよいよ終盤。ナショナルタイトルを狙うチーム、もしくは所属するカンファレンスタイトルを狙うチームらはそれぞれもう負けることが許されない緊迫した状況に突入していきます。強豪校ですら油断できないこの第12週目の主な見どころを探っていきます。

ナショナルチャンピオンへの道【その1】

誰もが夢見るナショナルタイトル獲得への道であるCFP進出に向かって現在も熾烈なレースが繰り広げられています。今回は先日発表された第2回目のCFPランキングの内容を踏まえてどのチームがプレーオフ進出の可能性を持ち、どのようなシナリオを経ることで夢の舞台に立つことが出来るのかを検証したいと思います。

カンファレンスチャンピオンへの道【その1】

レギュラーシーズンも残すところ3週間となり、それぞれのチームが所属するカンファレンスのタイトル争いも終盤を迎えています。そこでここでは現在のそれぞれのタイトルレースの様相をお伝えしたいと思います。

最新のCFPランキングを分析【第2回目】

CFPに進出できる4チームを決定するためのCFPランキング。今季2度目となるランキングが11月12日夜に発表されました。第11週目にはトップ4チームのうち2チームに土が付き、トップチームの顔ぶれが変わることは確実とされていましたが、果たしてその面子がどのようになったのか、さっそく見ていきたいと思います。

エクストラポイント【第11週目】

アラバマ大との決戦に勝ち同カード8年ぶりの勝利を挙げたルイジアナ州立大の試合後のお祭り騒ぎの話とか、そのルイジアナ州立大のWRサデウス・モスのスーパーキャッチの話とか、1904年以来の9連勝目を飾ったミネソタ大の話とか、低迷するミシガン州立大の話とか。

第11週目レビュー

今季第11週目は「Game of the Century II」と銘打たれたルイジアナ州立大とアラバマ大の激戦に大きな注目が集まりましたが、その他にもカレッジフットボールプレーオフ(CFP)やカンファレンスタイトルレースに大きく影響を及ぼす試合が多々行われました。ここではそれらを一気に振り返ります。

Game of the Century II【ルイジアナ州立大vsアラバマ大リキャップ】

ルイジアナ州立大とアラバマ大の試合は、2011年度シーズンに対戦した際にこの試合が「Game of the Century」と呼ばれたことから今年は「Game of the Centry II」と呼ばれ、SECタイトル並びにCFPレースに於いて大変重要なビッグゲームとなりました。その試合を振り返ります。

第11週目の見どころ

第11週目の最大のマッチアップはLSUとアラバマ大の大一番。しかし当然今週末にはこの試合の他にもたくさんの試合が組まれており、その中にはCFPレースに大いに関わってくるものもあります。前回の記事ではLSUとアラバマ大の試合にスポットライトを当てましたが、今回はその他の試合の見どころを探っていきたいと思います。

ルイジアナ州立大vsアラバマ大の見どころ

第11週目となる今週末、すべてのファンの目はSEC西地区同士のライバル対決であり、地区争いだけでなくナショナルタイトル争いにも大いに影響を与えることとなるルイジアナ州立大とアラバマ大のビッグゲームに向けられます。今回は「プレーオフ準々決勝」ともいえるこのメガマッチに当サイトも大いに注目したいと思います。

2019年度シーズン予定・結果【第11週目】

Season 2019-2020 スケジュール/スコア 週を選択して下さい▼ 第1週目 第2週目 第3週目 第4週目 第5週目 第6週目 第7週目 第8週目 第9週目 第10週目 第11週目 第12週目 第13週目 第14週目 第15週目 ボウルゲーム 第11週目

オクラホマ大の「マスコット」の修復が完了!

先日行われたウエストバージニア大戦前のフィールド入場時に転倒・崩壊してしまったオクラホマ大のマスコット的存在である幌馬車「スーナーシューナー」。大学側は今シーズン残りのホームゲームでのスーナーシューナーの使用を取りやめましたが、それを楽しみにしている地元ファンに朗報です。

最新のCFPランキングを分析【第1回目】

カレッジフットボール界の頂点を極めるカレッジフットボールプレーオフに進出できる上位4チームを選出するためのランキング、その名もCFPランキングの今季第1弾がいよいよ発表されました。重要なのは5週間後のファイナルランキングの上位4チームですが、第1回目のランキングがどのような顔ぶれになったか見てみましょう。

エクストラポイント【第10週目】

今季7勝1敗と快進撃中のウェイクフォレスト大の話とか、パデュー大の試合に訪れた彼らの大物先輩の話とか、リバティー大QBのとんでもない記録の話とか、空軍士官学校が陸軍士官学校にふっかけた挑発の話とか、アイビーリーグのダートマスカレッジが敢行したヘイルマリーパスの行方の話とか。

フロリダ州立大、タガート監督を解雇

ツイッターやこの記事でもすでに紹介しましたが、先週マイアミ大とのライバルゲームで27対10と惨敗し今季4勝5敗となったフロリダ州立大はウィリー・タガート(Willie Taggart)監督をシーズン途中ながら解雇する苦肉の決断を下しました。

第10週目レビュー

今季11月最初の週末は各地で多くのチームがバイウィーク(試合のない週)を過ごす中、カレッジフットボール界でも著名なライバリー、Pac-12カンファレンス内での重要な試合、そして「グループオブ5」チーム同士の一騎打ちなど見どころはしっかりとありました。そんな第10週目を振り返ります。

インディアナ大が初の・・・

ここまで今季6勝2敗としたインディアナ大は6勝を挙げたことにより11月に入る前にボウルゲーム出場資格を得たことになりここまでの出来は上々だといえるでしょう。そんな彼らは今週末ノースウェスタン大との試合控えますが実はこの試合彼らにとって歴史的なゲームとなるのです。それは何故か?

第10週目の見どころ

シーズンもいよいよ終盤に突入しますが、11月に入り最初の週末は多くのチームがバイウィークでお休みする中、SECのビッグライバリーやPac-12のサバイバルレース、更には「グループオブ5」カンファレンス群の一つであるAAC内での大一番と重要な試合が何試合か組まれています。それらの試合の見どころを簡単に紹介します。