読み物 アーカイブ - ページ 7 / 7 - ANY GIVEN SATURDAY

読み物

オーストラリア:カレッジフットボールフロンティア?

カリフォルニア大は2016年の開幕戦をオーストラリアのシドニーで行います。 ヘッドコーチのソニー・ダイクス(Sonny Dykes)監督はこれまで海外で試合を開催したことのあるカレッジチームやNFLチームの関係者に話を聞いてこの大移動の準備に余念がありません。 8月20日に出発して到着するのが8月2

続きを読む »

クレムソン大ワトソン、高みに辿り着くための日々

  昨年度のナショナルチャンピオンシップゲームではアラバマ大に惜しくも破れたクレムソン大。しかしそのクレムソン大を率いたQBデショーン・ワトソン(Deshaun Watson)はそのことに関しては「たられば」などいった話で振り返るつもりは毛頭ないようです。 マニングアワードを受賞 シーズン

続きを読む »

カレッジフットボールの光と陰〜バリー・スウィッツアー氏の場合

オクラホマ大の元監督でレジェンダリーコーチでもあるバリー・スウィッツアー(Barry Switzer)氏は同チームで数々の勝利シーズンを挙げました。1973年から1988年までの間、総勝利数157勝、12つのカンファレンスタイトル、そしてナショナルチャンピオンには3度も輝くなど70年代、80年代のオ

続きを読む »

ジョー・モアヘッド 〜 ペンステートの新しい風

ジョー・モアヘッド(Joe Moorhead)氏はFCS(フットボールチャンピオンシップサブディビジョン)のフォーダム大(ニューヨーク州ブロンクス)のヘッドコーチ在任中4年間で38勝を挙げ、プレーオフに3度出場するなどし、フォーダム大をFCSで強豪チームに育て上げました。彼の手腕は大学側に長期契約を

続きを読む »

ガンディ監督の格安キャンプ計画は実現するか?

昨今サテライトキャンプといえばジム・ハーボー(Jim Habaugh)監督の名前を思い浮かべがちですが、サテライトキャンプの開祖とも言うべきはオクラホマ州立大のマイク・ガンディ(Mike Gundy)監督です。そしてガンディ監督にはさらにどデカい計画があるようです。先日NCAAがサテライトキャンプ禁

続きを読む »

スプリングフットボール: 失われた伝統

全米中各地で行われていた春季トレーニングもほぼ終息を見せ、いよいよカレッジフットボールも夏のプレシーズンキャンプまで平穏な時間を過ごすことになります。 春季トレーニングでは大抵どこでも締めとして紅白戦である「スクリメージ」を行います。スプリングゲームとかスプリングボウル、なんて言われ方もしますね。こ

続きを読む »

ジョージア大のスマート監督、チームの転校ルールを改変

ジョージア大の新ヘッドコーチ、カービー・スマート(Kirby Smart)監督のチーム改革は日々続いているようですが、先日所属選手の転校に関するルールを改めちょっとした話題になっています。 前ヘッドコーチ、マーク・リクト(Mark Richt/現マイアミ大監督)氏時代、所属選手が転校(トランスファー

続きを読む »

ガンディ監督とBig 12カンファレンスの憂い

「テキサス大は自身の専属メディアネットワークであるロングホーンネットワークを廃止すべきだ。さもなければBig 12カンファレンスはこのまま痛手を受け続けるでしょう」と話したのはオクラホマ州立大ヘッドコーチ、マイク・ガンディ(Mike Gundy)監督。 SECやBig Tenカンファレンスがそれぞれ

続きを読む »

ベイラー大のトレーニング事情

ベイラー大フットボール部が使用するウエイトルームの片隅に存在するのが「アスレティックパフォーマンス部門」です。ここはトレーニングをより科学的に分析しているところです。 トレーニングの一貫として走ったり、筋トレをしたり、トレーニングを積んだりするのはどのチームでもしていることです。これは言わばトラディ

続きを読む »

ジョニー・マンゼルの残したもの

  2012年にBig 12カンファレンスからサウスイースタンカンファレンス(SEC)に電撃移籍したテキサスA&M大。ヘッドコーチ、ケヴィン・サムリン(Kevin Sumlin)監督の1年目だったこの年、テキサスA&M大はいきなり11勝2敗という好成績を残しました。当時全米

続きを読む »

ボウルゲームが多すぎる!!

カレッジフットボールの醍醐味として知られているのがシーズン後に行われるボウルゲームですが、1937年当時は6つしかなかったものが徐々に数を増やし今では40以上ものボウルゲームが組まれるようになりました。筆者がハマりだした1999年頃と比べると15つものボウルゲームが新設されたことになりますが、そこで一言。

続きを読む »

カンファレンスに支払われる報酬のカラクリ

先週スタンフォード大とユタ大がまさかの敗戦を喫したため、Pac-12カンファレンスからカレッジフットボールプレーオフ(CFP)にチームを送り込む可能性がぐっと減ってしまいました。先週まではユタ大、スタンフォード大がともに1敗で、彼らがそのまま勝ち進めばどちらかがCFP上位4位に滑り込むことも可能だと

続きを読む »

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト