アラバマ大vsフロリダ州立大の開幕戦チケットがすでに完売

2017年度の開幕戦の中で最大級の目玉ゲームはアラバマ大フロリダ州立大のメガマッチです。おそらくプレシーズンランキングが発表されればどちらのチームもトップ5以内にランクインすると予想されますので、否が応でもカレッジフットボールファンの注目を集めることになるでしょう。

9月2日のプライムタイムにキックオフが予定されているこの対戦ですが、今から待ちきれないファンも相当多いようで、すでにこの試合のチケットは完全ソールドアウトとなったと発表されました。

ジョージア州アトランタ市に新設されるメルセデスベンツスタジアムのこけら落としとして開催されるこのビッグゲーム。過去150年のカレッジフットボールの歴史の中でも開幕戦としてはもっとも高ランク同士の戦いとなり、メルセデスベンツスタジアム側にとってもまたとない興行となることでしょう。

そんな一世一代のマッチアップですから、71000人収容のスタジアムのチケットが試合2ヶ月前にしてすでに完売というのは頷ける話です。

開幕戦のこの試合はニュートラルサイトで行われるわけですが、この試合のホストでもあるピーチボウル最高責任者、ゲリー・ストッカン氏はこの試合に向けてこう話しています。

「我々はこの試合を『GOAT』と読んでいます。『Great Opener of All Time(史上最高の開幕戦)』というわけです。予想される両チームのプレシーズンランキング、両チームのこれまでのカレッジフットボール界での活躍、そして私が知る限り過去20年間でチケット入手がもっとも困難となる試合であるという事実があるからです。」

またピーチボウル運営責任者であるパーシー・ヴォーン氏も「この対戦カードを取り付けた当時からこの試合は特別なものになると分かってはいましたが、このようにカレッジフットボール史上でも類を見ないものになるとはさすがに想像していませんでした。」とこの試合への注目の度合いに驚いているようでした。

アラバマ大とフロリダ州立大はこれまで4度の対戦があります。最後にこの2チームが合間見えたのはアラバマ大のニック・セイバン(Nick Saban)監督の初年度である2007年度シーズン。この時のフロリダ州立大の監督は引退したレジェンダリーコーチ、ボビー・バウデン(Bobby Bowden)氏でしたが、試合はフロリダ州立大が21対14でアラバマ大を倒しています。

また過去8年間において5度のナショナルチャンピオンシップがこの2校によって獲得されています(アラバマ大:2009、2011、2012、2015年;フロリダ州立大:2013年)。フロリダ州立大はバウデン氏の後継者、ジンボ・フィッシャー(Jimbo Fisher)監督が再び強いセミノールズを再建。前述の通り2013年には1999年以来の全米制覇を成し遂げました。一方のセイバン監督率いるアラバマ大の凄さはもうここで敢えて取り上げる必要はないでしょう。

何よりも両チームはフィッシャー監督とセイバン監督の存在を抜きにしてもそのチームのブランド力は全米でも最上位レベルです。そんなチーム同士が対戦するのですから注目されるのは当然です。しかもそれが開幕戦というのですからなおさらのこと。今年1月に行われたナショナルタイトルゲームから長いことライブゲームに飢えている全米中のカレッジフットボールファンにしてみればこのマッチアップは最高のシーズンオープナーとなることでしょう。

ちなみにフィッシャー監督、セイバン監督同士も知らない仲ではありません。どちらとも生まれも育ちもウエストバージニア州ですし、セイバン監督がルイジアナ州立大のヘッドコーチを務めていた2000年から2004年までの間、同チームでオフェンシブコーディーネーターを任されていたのは何を隠そうフィッシャー監督だったのです。つまりこの対決はある意味師弟対決でもあるわけです。

ラスベガスのオッズメーカーたちはこぞってアラバマ大有利という予想を立てているようですが、果たして結果はいかに・・・?!