2016年度AGS版プレーオフ!

チーム選出

まずは16チームをどのように選ぶかということですが・・・。プレーオフランキングの上位16位をそのまま出場させるというのも一案だとは思いますが、個人的にはやはり「パワー5」チームだけでなく「グループオブ5」のチーム達にもスポットライトを当ててあげたいと思うのです。

例えば全米大学バスケットボール選手権では全米に広がる多数のカンファレンスの覇者は自動的にトーナメントに出場する権利が与えられます。これは大御所カンファレンスであろうが、弱小(失礼!)カンファレンスであろうが変わりありません。つまり、どのようなチームであろうと、カンファレンスタイトルさえ獲得すればナショナルトーナメントに進出することが可能なわけです。これをカレッジフットボールでも当てはめて欲しいといのが私個人の願いでした。

ということで今回のシミュレーションでは全部で10あるカンファレスの優勝チームにプレーオフ進出権を与えることとします。すると2016年度の各カンファレンスの優勝チームは以下の通りです。

ACC:クレムソン大
AAC:テンプル大
Big 12:オクラホマ大
Big Ten:ペンシルバニア州立大
Conference USA:ルイジアナ州立大
MAC:ウエスタンミシガン大
MWC:サンディエゴ州立大
Pac-12:ワシントン大
SEC:アラバマ大
Sun Belt:アパラチアン州立大(アーカンソー州立大と同率のため、総合成績の良いアパラチアン州立大を選出)

これで10チームが決まりましたが、あとの6チームはランキングの上位6チームを選べば良いかと思います。このシミュレーションでは最終CFPランキングの上位から6チームを選んで見たいと思います。

オハイオ州立大
ミシガン大
ウィスコンシン大
サザンカリフォルニア大
コロラド大
フロリダ州立大

これらで参加16チームが出揃いました。「グループオブ5」の各カンファレンス優勝チームに出場権を与えることが可能になれば、彼らにもわずかながらナショナルチャンピオンを目指すという「夢」が生まれます。これは彼らにとっては非常に大きいと思うのです。これによりカンファレンスタイトルを獲るという意味が重くなり、プレーする側も観戦する側もエキサイティングな試合が期待できるはずです。