2021年NFLドラフトで注目の選手たち【DB編】

2021年NFLドラフトで注目の選手たち【DB編】

2021年のNFLドラフトまでいよいよ数日に迫りました。昨年は新型コロナウイルスの影響でドラフト自体はオールバーチャルで行われましたが、今年はオハイオ州クリーブランド市で行われる予定。今回は昨年のバーチャル方式を踏襲しつつ、限定的にドラフト候補、メディア、ファンを会場に迎え入れる予定だとか。

  • 4月29日(第1日目):第1巡目
  • 4月30日(第2日目):第2巡目&第3巡目
  • 5月1日(第3日目):第4巡目〜第7巡目

2021年のNFLドラフト候補生をざっくり紹介する最終回はディフェンシブバック(DB)。大きく分けてコーナーバック(CB)とセーフティ(S)に細分化できますが、役割は違うにしろどちらも守備のバックフィールドを担う最後の砦。俊足のWRを相手にするため最高レベルの運動神経を求められるポジションです。

そこでここでは今ドラフトにエントリーしたDB選手たちから数人選んで簡単にご紹介したいと思います。

関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【WR編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【RB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【TE編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【OL編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【DL編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【LB編】

パトリック・サーテイン・II(アラバマ大)


Embed from Getty Images

昨年完全無欠のナショナルチャンピオンに輝いたアラバマ大。その優勝への原動力となったのはQBマック・ジョーンズ(Mac Jones)、WRデヴォンテ・スミス(DeVonta Smith)、RBナジー・ハリス(Najee Harris)らオフェンス陣によるところが大きかったですが、ディフェンス陣の中にも光る才能がありました。それがパトリック・サーテイン・II(Patrick Surtain II)です。

1年生だった2018年から先発CBを任されたサーテインはルーキーながらしっかりと爪痕を残すと、2年生となった2019年にはさらに貢献度を上げ、3年生時の昨年度にはSEC(サウスイースタンカンファレンス)の守備選手としてのMVPを獲得し、更にはオールアメリカンにも選出されました。

身長6フィート2インチ(約188センチ)、体重202パウンド(約91キロ)とCBとしては背が高め。しかしながらCBに必要とされる瞬発力、リアクションの早さ、スピード、球際での器用さ、タックル力、どれを取っても今季ドラフトCBでトップレベルを誇ります。すでにプロでも即戦力と期待される逸材です。

父親はかつてサザンミシシッピ大でプレーしプロではマイアミドルフィンズ、カンザスシティチーフスでも活躍しプロボウルにも選出されたことのあるパトリック・サーテイン・Sr氏ということで、親のDNAを受け継ぐサラブレッドなサーテイン。彼も後にプロボウル選出が大いに期待できる大器です。

シーズン試合数タックルINTPD
2018153717
2019124228
2020133719
合計4069424

PB:阻止したパスの数(パスブレーク)

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】


ケイレブ・ファーレイ(バージニア工科大)


Embed from Getty Images

上記のサーテインと共に即戦力のCBとして期待されているのがバージニア工科大ケイレブ・ファーレイ(Caleb Farley)です。

もともとWRとしてバージニア工科大に入学したファーレイでしたが1年生時に膝の怪我(ACL/前十字靭帯)によりシーズンを棒に振ると2年生時にCBにコンバート。すると持ち前の高い運動神経でCBとしての才能を開花。いきなり36タックル、2INT、1QBサックとその存在感を表しました。

3年生となった2019年度には20タックル、4INT(1TD)を記録してオールACC(アトランティックコーストカンファレンス)にも選出されましたが、昨年度は新型コロナの危険性を危惧してオプトアウト。1年間戦線から遠ざかっています。

6フィート2インチ(約188センチ)に207パウンド(約93キロ)とサーテインと同じく身長のあるCBですでにプロ仕様。さらに腕の長さも33インチと長めであり、CBに求められる運動能力も高く、また相手WRを射止める臭覚にも優れておりまさに即戦力となり得る逸材。

CBとしての経験がたった2年間というのが十分なのかというディベートはありますし、1年生時の膝の怪我に加えて更に今春には腰の手術も受けており、耐久性に多少の不安を抱えてはいますが、どちらの怪我も完治することが見込まれており、持てるポテンシャルをフルに発揮できる環境が整えばファーレイは第1巡目で指名されてもおかしくはありません。

シーズン試合数タックルINTPD
2018133627
20191020412
合計2356619

PB:阻止したパスの数(パスブレーク)

【非公式40ヤードダッシュ】

【ハイライト動画】

ジェイシー・ホーン(サウスカロライナ大)


Embed from Getty Images

サウスカロライナ大ジェイシー・ホーン(Jaycee Horn)も強敵ひしめくCB界隈で注目の選手です。

ホーンはルーキーシーズンだった2018年度にいきなり先発の座を射止めると45タックルに2QBサックを記録して1年生のみで選ばれるフレッシュマンオールSECに選出。そして2年生シーズンにはいよいよその才能を最大限に活かして腕を磨きました。

昨年度にはSECの並み居るハイレベルなWRを相手にバトルを繰り広げその存在感をアピール。しかしシーズン途中で当時の監督であるウィル・ムスチャンプ(Will Muschamp)氏が解雇され、それを受けてホーンは7試合を終えた時点でオプトアウトしNFLドラフトへと備えてきました。

身長6フィート1インチ(約185センチ)、体重205パウンド(約92キロ)のホーンもまた高い身体能力の持ち主。相手WRのルートに確実についていくこともでき、球際での強さも大きな魅力。アグレッシブさと思慮深さを備えた逸材です。

母校で行われたプロデーでは40ヤードダッシュが4.37秒などを始めとして全体的にスカウト陣に好印象を与えて株を上げました。ニーズによっては第1巡目に指名もありえる選手です。

シーズン試合数タックルINTPD
2018114508
2019124009
202071626
合計30101223

PB:阻止したパスの数(パスブレーク)

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】

タイソン・キャンベル(ジョージア大)


Embed from Getty Images

元5つ星リクルートとしてジョージア大に進学し3年間プレーしたタイソン・キャンベル(Tyson Campbell)も期待のかかるCB候補です。

2018年に1年生ながら14試合中11試合で先発出場。45つのタックルを記録して輝かしいカレッジキャリアをスタートさせましたが、2019年には怪我のために9試合の先発出場にとどまりました。そして昨年度は新型コロナの影響で試合数が減ったため10試合に出場。そのせいで数字的にはルーキーシーズンを下回りましたが、チームのベテラン選手としてバックフィールドをまとめ上げました。

身長6フィート2インチ(約188センチ)、体重185パウンド(約83キロ)と長身を活かせるキャンベルは高い機動力と細やかなフットワークでマンカバーで威力を発揮。身長のあるWR相手でも十分に渡り合える素質を持っています。

パワーのあるWR相手だと力負けするシーンも少々見られ、また小柄なスピードスターWRに苦戦する場面もありましたが、長身WR揃いのNFLでは自身の背丈の大きさから愛称は良さそう。完璧なCBには程遠いですが、逆に言えばまだ伸びしろのある荒削りな将来性のある選手と言えそうです。

シーズン試合数タックルINTPD
2018144501
201971504
2020102915
合計3189110

PB:阻止したパスの数(パスブレーク)

【ハイライト動画】

アサンテ・サミュエル・Jr(フロリダ州立大)


Embed from Getty Images

リクルート時に4つ星選手としてフロリダ州立大に入部したアサンテ・サミュエル・Jr(Asante Samuel Jr.)も今年のドラフトに挑戦するCBです。

サミュエル・Jrはかつてセントラルフロリダ大でプレーし卒業後はニューイングランドペイトリオッツ、フィラデルフィアイーグルス、アトランタファンルコンズでCBとしてプレーしたアサンテ・サミュエル氏の実子。スーパーボウル2度、プロボウル4度の実績を誇る父の遺伝子を受け継ぐサラブレッドです。

身長5フィート10インチ(約178センチ)、体重184パウンド(約83キロ)と今回紹介してきたCB陣の中では小柄な選手。2019年の2年生時には先発CBとして所属するACC(アトランティックカンファレンス)内で最多となる14つのパス阻止を記録。2020年度は8試合を終えたところで残りのシーズンをオプトアウトしてNFLに備えましたが、それまでの間に3つのパスINT、6つのパス阻止を記録してしっかりと爪痕を残しました。

父親譲りの身体能力の高さ、小柄さを生かした細やかかつ俊敏な足さばき、そしてその体型に似合わないフィジカルなタックル能力。またスピードもあり相手WRにも十分絡んでいくことができます。パスカベレージでは大学時代に自分のカバーしたWRに5割しかキャッチを許さなかったということで身長の低さを高い身体能力で補ってきました。

ただ当然NFLには長身かつスピーディーなWRがゴロゴロおり、それらの選手に対峙していくには彼の身長の低さは当然マイナスポイントとなります。そういった意味ではゾーンスキームにマッチしている選手とも言えそうですが、アスリートとしての素質を考えると大変魅力的な選手であることは違いありません。

シーズン試合数タックルINTPD
2018111809
20191249114
202083036
合計3197429

PB:阻止したパスの数(パスブレーク)

【プロデーでの様子】

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】

トレヴォン・メイリグ(テキサスクリスチャン大)


Embed from Getty Images

ここまでCBばかりを紹介してきましたが、今ドラフトで最も注目されるS、テキサスクリスチャン大トレヴォン・メイリグ(Trevon Moehrig)を取り上げます。

高校時代はCBとしてプレーするも大学時代にSにコンバート。1年生時は主にスペシャルチームでプレーしますがその時からすでに非凡な才能を発揮しました。2年生時にはフルタイムの先発Sとして12試合に出場。62タックルに4パスINTを記録してオールBig 12に選出されました。

そしてコロナで揺れた3年生時の2020年度シーズンには10試合の短縮スケジュールながら47タックル、2パスINT、9パスブレークを記録してその年の最優秀DBに贈られる「ジム・ソープ賞」を見事獲得。今季のドラフトにおけるS候補として最も期待される選手です。

数字からもわかるように多くのタックルを量産し、バックフィールドの最後の砦としてエンドゾーンを死守。身長6フィート2インチ(約188センチ)、体重202パウンド(約91キロ)とプロ級のフレーをも持っており、パスブレーク力も抜群。また相手オフェンスを最後部から読む力に長けSとして万能な選手と言えます。

プロでさらに活躍するにはさらにフレームに厚みを付け強さを上乗せする必要がありそうですが、プロ入り後数年でせんぱつを任せられる器を持っている選手と言えそうです。

シーズン試合数タックルINTPD
2018111511
20191262411
2020104729
合計33124721

PB:阻止したパスの数(パスブレーク)

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】

その他の候補者たち

アーロン・ロビンソン(Aaron Robinson、セントラルフロリダ大)
ジャブリル・コックス(Jabril Cox、ルイジアナ州立大)
チャズ・サラット(Chazz Surratt、ノースカロライナ大)
ディラン・モーゼス(Dylan Moses、アラバマ大)
ピーター・ウィーナー(Peter Werner、オハイオ州立大)
キャメロン・マッグロン(Cameron McGrone、ミシガン大)
モンティ・ライス(Monty Rice、ジョージア大)

関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【WR編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【RB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【TE編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【OL編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【DL編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【LB編】

👆記事が気に入ったらいいねやリツイートで拡散お願いいたします!

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
NFL DRAFT 
ドラフトの基礎知識!

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト