2021年NFLドラフトで注目の選手たち【LB編】

2021年NFLドラフトで注目の選手たち【LB編】

2021年のNFLドラフトまでいよいよ4日。昨年は新型コロナウイルスの影響でドラフト自体はオールバーチャルで行われましたが、今年はオハイオ州クリーブランド市で行われる予定。今回は昨年のバーチャル方式を踏襲しつつ、限定的にドラフト候補、メディア、ファンを会場に迎え入れる予定だとか。

  • 4月29日(第1日目):第1巡目
  • 4月30日(第2日目):第2巡目&第3巡目
  • 5月1日(第3日目):第4巡目〜第7巡目

2021年のNFLドラフト候補生をざっくり紹介する第7弾はラインバッカー(LB)。2列目から相手オフェンスの動きを読み取り守備を固めるディフェンス陣の司令塔としてその役割は重要ですが、特にRPO(ランパスオプション)絶盛期な昨今、LBにはより高いレベルでの運動能力が求められるようになってきました。

そこで今回は今ドラフトにエントリーしたLB選手たちから数人選んでざっくりとご紹介したいと思います。

関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【WR編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【RB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【TE編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【OL編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【DL編】

マイカ・パーソンズ(ペンシルバニア州立大)


Embed from Getty Images

ラインバッカーU」といわれかつて多くの優秀なLBを世に送り出してきたペンシルバニア州立大ですが、今年のドラフトには一世一代のLBとも言われるマイカ・パーソンズ(Micah Parsons)が殴り込みをかけます。。

2018年の超目玉5つ星リクルートとしてペンシルバニア州立大入りしたパーソンズはルーキーシーズンに先発出場試合数がたったの1試合だったのにも関わらず合計82個のタックルを計上。これは2018年度シーズンのチーム最多記録となりました。

2年生だった2019年度シーズンも109タックル、5QBサック、3フォースド・ファンブルと大暴れしオールアメリカンに選出されましたが、昨年度は新型コロナの影響で夏の時点で早々にオプトアウト。とはいえ実戦から1年離れたとはいえ今季最も注目を浴びるLBです。

身長6フィート3インチ(約190センチ)、体重245パウンド(約111キロ)というNFL級の体格の持ち主であるパーソンズはその爆発的な瞬発力とスピードで数々の相手OLを苦しめてきました。プロデーでは40ヤードダッシュでLBとしては驚異的な4.39秒という記録を叩き出したことからもそれは証明済み。

この恵まれた身体能力にLBとしての臭覚がさらに研ぎ覚まされればNFLでも初年度から先発選手として活躍できるでしょうし、将来的にはリーグを代表するLBに成長することも大いにあるのではないでしょうか。

シーズン試合数タックルTFLサック
201813824.01.5
20191310914.05.0
合計2619118.06.5

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】


ジェレマイア・オウス・コラモア(ノートルダム大)


Embed from Getty Images

昨年CFP(カレッジフットボールプレーオフ)に進出したノートルダム大のディフェンスの要となったジェレマイア・オウス・コラモア(Jeremiah Owusu-Koramoah)も今季注目されるLB候補の一人です。

ノートルダム大では1年生時には出場機会に恵まれず、2年生時には足に負った怪我のせいでほぼ前シーズンを棒に振りましたが、3年生時に満を持してフィールドに立つと80個のタックルにチーム最多となる13.5個のタックル・フォー・ロス(TFL)を記録。一気にその才能を開花させました。

4年生となった昨年度は数字こそ伸びませんでしたが、その貢献度からその年の最優秀LB賞であるバットカス賞を受賞。オールアメリカンにも選出され、オプトアウトした前出のパーソンズを抜かせば昨年プレーしたLB選手の中では最も成功したLBとなりました。

6フィート1インチ(約185センチ)に215パウンド(約97キロ)と小柄なカテゴリーに入るLBですが、それを相殺するほどのプレーメーカーとしての素質を備えています。特にスピードには定評があり、本能的にボールキャリアを狙い撃ちできる能力はなかなか育成してどうにかなるものでもありません。

またその高い機動力からカバー能力も高く汎用性の高いLB。たしかにそのフレームサイズから真正面でブロックを受け止めると力負けする場面も見られましたが、古典的なLBとしてではなくカバーもブリッツもこなせる「スナイパー系」LBとして大いに活躍が期待されます。

シーズン試合数タックルTFLサック
2019138013.55.5
2020126211.01.5
合計2514224.57.0

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】

ザヴェン・コリンズ(タルサ大)


Embed from Getty Images

並み居る「パワー5」出身選手にまぎれて「グループオブ5」出身であるタルサ大ザヴェン・コリンズ(Zaven Collins)も将来性の高いLBと言われるドラフト候補生です。

タルサ大では2年生から試合に出場し始め初年度には85個、3年生時には97個のタックルを量産。昨年度は新型コロナの影響で試合数が8試合にとどまりましたが、それでも1試合平均約7タックルとなる合計54個のタックルを記録。その年の最優秀守備選手に贈られるナガスキトロフィーベドナリク賞の2つのアワードを獲得。その名を世に知らしめました。

身長6フィート4インチ(約193センチ)、体重260パウンド(約117キロ)という恵まれた体型を持つコリンズは2列目のくさびとなる逸材。高い運動能力に加えパシュートへの意識も上々。「グループオブ5」出身であるという雑草精神で大物に化ける可能性もあるかも。

タイプ的には前出のパーソンズに近いLBであるコリンズ。第1巡目終盤か第2巡目前半での指名が期待されます。

シーズン試合数タックルTFLサック
201812859.51.5
201912978.02.0
20208547.54.0
合計3223625.07.5

【ハイライト動画】

#28

ジェイミン・デーヴィス(ケンタッキー大)


Embed from Getty Images

ハワイ州で生まれジョージア州で育ちケンタッキー大に入学したジェイミン・デーヴィス(Jamin Davis)もまたNFLでのビッグドリームを追う若き新鋭LBです。

身長6フィート4インチ(約193センチ)体重234パウンド(約106キロ)のデーヴィスは3年生まで主にサブ要員として起用されましたが、4年生となった昨年度にいよいよ先発LBを任されるとチーム最多となる102個のタックルを計上。また3つのパスインターセプションを記録するなど戦場となったSEC(サウスイースタンカンファレンス)で大暴れしました。’

そのサイズと腕の長さ(33インチ)を生かして相手ブロックを正面から受け止めていなす事ができる能力と、そのサイズに似合わぬ機敏な機動力でパシュート力もあり、プレーを見極める眼力と空間認識能力にも優れておりパスにもランにも柔軟に対応できるLBです。

先発としてのキャリアが昨年度シーズンしか無いということでサンプルサイズが小さいのが多少気になるところですが、期待したくなるポテンシャルを持っている選手です。

シーズン試合数タックルTFLサック
20187100.00.0
20198321.01.0
2020101024.01.5
合計251445.02.5

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】

ニック・ボルトン(ミズーリ大)


Embed from Getty Images

ミズーリ大ニック・ボルトン(Nick Bolton)は上に挙げたLB陣と比べると少しばかり差を開けられる評価を受ける選手ではありますが、若いLBが必要なNFLチームにとっては目をつけておきたい人材です。

2年生だった2019年、ボルトンは103タックル、1QBサック、2パスインターセプションとLBとして一気に開花すると3年生となった昨年度は新型コロナのパンデミックのせいで試合数が10試合に短縮されたのにも関わらず95タックルに2QBサックという数字を残すことに成功。オールSECチームに選出されただけでなくオールアメリカン(セカンドチーム)にも選ばれる快挙を成し遂げました。

身長6フィート(約183センチ)、体重232パウンド(約105キロ)とLBとしては少々小柄ですが、フィールドを縦横無尽に駆け回る機動力が彼の持ち味。またフィジカル面でも類稀なるタフネスを保持しており、パスカバーだけでなくランディフェンスでもしっかりと仕事をこなしてきました。

またバックフィールドを見渡せるビジョンと瞬時に敵のフォーメーションを読む力に長けフットボールIQも高く、リアクションのスピードもなかなかのもの。タックルの技術が多少荒削りなところもあるようですが、相手に対して最適なポジショニングを取ることでそれをカバーしてきました。プロレベルではさらに細かなところに磨きをかける必要はありますが、ドラフトされれば数年で戦力として成長する器です。

シーズン試合数タックルINTPD
2018153717
2019124228
2020133719
合計4069424

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】

その他の候補者たち

バロン・ブラウニング(Baron Browning、オハイオ州立大)
ジャブリル・コックス(Jabril Cox、ルイジアナ州立大)
チャズ・サラット(Chazz Surratt、ノースカロライナ大)
ディラン・モーゼス(Dylan Moses、アラバマ大)
ピーター・ウィーナー(Peter Werner、オハイオ州立大)
キャメロン・マッグロン(Cameron McGrone、ミシガン大)
モンティ・ライス(Monty Rice、ジョージア大)

関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【WR編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【RB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【TE編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【OL編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【DL編】

👆記事が気に入ったらいいねやリツイートで拡散お願いいたします!

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
NFL DRAFT 
ドラフトの基礎知識!

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト