2021年NFLドラフトで注目の選手たち【OL編】

2021年NFLドラフトで注目の選手たち【OL編】

2021年のNFLドラフトまであと10日を切りました。昨年は新型コロナウイルスの影響でドラフト自体はオールバーチャルで行われましたが、今年はオハイオ州クリーブランド市で行われる予定。今回は昨年のバーチャル方式を踏襲しつつ、限定的にドラフト候補、メディア、ファンを会場に迎え入れる予定だとか。

  • 4月29日(第1日目):第1巡目
  • 4月30日(第2日目):第2巡目&第3巡目
  • 5月1日(第3日目):第4巡目〜第7巡目

2021年のNFLドラフト候補生をざっくり紹介する第5弾はオフェンシブライン(OL)。縁の下の力持ちという言葉がピッタリなポジションの彼らはタックル(OT)、ガード(OG)、センター(C)と3つに細分化することができ、各々が似ているようで全く異なる技術を要求されます。

どんなに優秀なQBやRBが居てもOLが貧弱ならばすべてが崩れてしまうというまさに大黒柱的なポジション。そんな重要なOLのドラフト候補生たちをざっくりとご紹介します。

関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【WR編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【RB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【TE編】

ペネイ・セウェル(オレゴン大)


Embed from Getty Images

ここ最近のドラフトを振り返ってみてもその才能をして稀有な存在だと言われているのがオレゴン大ペネイ・セウェル(Penei Sewell)です。

身長6フィート6インチ(約198センチ)、体重330パウンド(約149キロ)という超弩級な体格ながらそれに見合わない類まれなる運動神経を有するセウェル。あまりに高い機動力から巨漢であることを忘れさせてしまうぐらいの抜群の才能を持っています。

DLを蹴散らすパワー。回り込まれてもそれについていくフットワーク。素早く2列目に達することができるスピード。アグレッシブでありながら冷静沈着なランブロック。押し込まれても粘れる力強さ。どれを取ってもすでにNFL級だといわれる超逸材です。

昨年は新型コロナウイルスの影響でオプトアウトして実戦から1年間遠ざかっていますが、それを加味しても今季のOL候補生の中で間違いなく最初に指名されると言われているセウェル。まだ20歳と若く将来有望なダイヤの原石です。

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】


ラショーン・スレイター(ノースウエスタン大)


Embed from Getty Images

ノースウエスタン大ラショーン・スレイター(Rashawn Slater)も上記のセウェルと同様に昨年度オプトアウトしたのにも関わらず今年のドラフトでは注目株のOLです。

6フィート4インチ(約193センチ)に315パウンド(約142キロ)のスレイターはラン能力があり2列目に素早く到達できるほどの運動神経を誇ります。そういった面ではランブロックが得意なようですが、パスプロもそれなりにこなせます。ただやや低めの身長とランブロックに秀でているという事実からNFLではタックルよりもガードのほうが適しているのではないかという声も聞かれるようです。

昨年試合出場がなかったとはいえこれまでタックルとして培ってきたフットワークやハンドテクニックは折り紙付き。その能力をガードポジションで還元すればかなり汎用性の高い選手になりそうです。スカウトの中にはセンターにコンバートもあり得るという評価を示している人もおり、プロで彼がどう起用されるか楽しみです。

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】


クリスチャン・ダリソー(バージニア工科大)


Embed from Getty Images

今季ドラフトのOL候補生の中でパスプロだけ見た時に最も優れた能力をもっていると言われているのがバージニア工科大クリスチャン・ダリソー(Christian Darrisaw)です。

身長6フィート5インチ(約196センチ)、体重311パウンド(約141キロ)という体格もさることながら、腕の長さが34.5インチ(約88センチ)と今ドラフトで最長クラス。生まれながらにこの長さをもつダリソーはタックルとしての素質が十分です。

しかしそういった持って生まれたものだけではなく、タックルとしての技術も高いものを持っています。クイックフィート、長い腕の使い方、パワー、適応能力はどれを取っても今季のドラフト候補の中でも突出しています。それは昨年ダリソーが1度も相手にQBサックを与えなかったという結果も証明しています。

ランブロックはパーフェクトではないとしても実戦でぼろが出るようなレベルではなく、将来が非常に楽しみな選手の中の一人です。

【プロデーでの様子】

【分析動画】


アライジャ・ヴェラ・タッカー(サザンカリフォルニア大)


Embed from Getty Images

サザンカリフォルニア大OLのレフトサイドを死守してきたアライジャ・ヴェラ・タッカー(Alijah Vera-Tucker)はガードだけでなくタックルもこなせる器用な選手です。

パワーがあるのはもちろんですが、パワーだけで押すのではなく基本に忠実なテクニックを持ち合わせている選手。相手DLのアウトサイドショルダーに素早くリーチして動きを抑え込むのが上手く、また相手を2列目まで押し込むことができるパワーとスピードも持ち合わせています。

昨年度は先輩でLTを務めたオースティン・ジャクソン(Austin Jackson、現マイアミドルフィンズ)が抜けた穴をヴェラ・タッカーが埋めましたが、器用にもこの大役をこなしてOLで最も重要とされるブラインドサイトを死守。ガードもタックルもそつなくやってのける彼の株は上がっています。

腕の短さに多少の危惧がありプロではやはりガードが適任だとは思いますが、どちらにしても将来有望な選手であることに代わりはありません。

【プロデーでの様子】

【分析動画】


テヴェン・ジェンキンス(オクラホマ州立大)


Embed from Getty Images

身長6フィート6インチ(約198センチ)、体重320パウンド(約145キロ)の巨漢、オクラホマ州立大が誇るOTテヴェン・ジェンキンス(Teven Jenkins)もまた魅力的なプロスペクトです。

巨漢ながら運動能力に長けパワーも十分。新型コロナウイルスのせいで開幕時は少々荒削りな部分もありましたが、試合をこなす中で修正して成長していったという事実からもプロ入りしたあとでも十分な伸びしろを備えていると言えると思います。

タックルとしては少々腕の長さが短めなのが気にはなりますが、巧みな足さばきでそれを補えるだけの技術を持ち合わせており、これまで紹介した選手に現在の評価で上回れてはいますが将来的に大化けする可能性もあるかもしれません。

【プロデーの様子】

【分析動画】

ランドン・ディッカーソン(アラバマ大)


Embed from Getty Images

昨年度の全米覇者であるアラバマ大のセンターを務めたランドン・ディッカーソン(Landon Dickerson)はすでにプロボウルのポテンシャルを持つ逸材だと言われています。

大学時代はフロリダ州立大を経てアラバマ大に転校して開花したジャーニーマン。身長6フィート6インチ(約198センチ)、体重325パウンド(約147キロ)という恵まれた体型でACC(アトランティックコースとカンファレンス)やSEC(サウスイースタンカンファレンス)戦で軒並みハイレベルなDL選手と対峙してきましたがどの場面でも相手選手を圧倒。

スナップ後のリアクションスピード、ハンドテクニック、爆発力、足さばき、どれをとっても即戦力と期待されるディッカーソン。また何事にも動じない底抜けに明るい性格もドラフトする側のチームに好かれる大きな要因になっています。

昨年のSEC優勝決定戦で膝の靭帯を断裂し手術を余儀なくされその術後の経過は気になりますし、フロリダ州立時代にも膝の足首の手術を受けた過去があるなど怪我が負いのも気がかりですが、才能だけ見れば即戦力であることは間違いなさそうです。

【分析動画】

その他の候補者たち

ジェイレン・メイフィールド(Jalen Mayfield、ミシガン大)
アレックス・レザーウッド(Alex Leatherwood、アラバマ大)
ジャクソン・カーマン(Jackson Carman、クレムソン大)
クリード・ハンフリー(Creed Humphrey、オクラホマ大)
ワイアット・デーヴィス(Wyatt Davis、オハイオ州立大)
サミュエル・コスミ(Samuel Cosmi、テキサス大)
ディロン・ラダンズ(Dillon Radunz、ノースダコタ州立大)
トレイ・スミス(Trey Smith、テネシー大)
ディオンテ・ブラウン(Deonte Brown、アラバマ大)
ウォーカー・リトル(Walker Little、スタンフォード大)

関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【WR編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【RB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【TE編】

👆記事が気に入ったらいいねやリツイートで拡散お願いいたします!

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on twitter
Share on twitter
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
NFL DRAFT 
ドラフトの基礎知識!

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事