2021年NFLドラフトで注目の選手たち【TE編】

2021年NFLドラフトで注目の選手たち【TE編】

2021年のNFLドラフトまであと2週間を切りました。昨年は新型コロナウイルスの影響でドラフト自体はオールバーチャルで行われましたが、今年はオハイオ州クリーブランド市で行われる予定。今回は昨年のバーチャル方式を踏襲しつつ、限定的にドラフト候補、メディア、ファンを会場に迎え入れる予定だとか。

  • 4月29日(第1日目):第1巡目
  • 4月30日(第2日目):第2巡目&第3巡目
  • 5月1日(第3日目):第4巡目〜第7巡目

2021年のNFLドラフト候補生をざっくり紹介する第4弾はタイトエンド(TE)。近年は特にTEが重用されるオフェンスが多くなりましたが、巨漢なのに機動力のある彼らはまるでドラクエで言えば「賢者」(例えが間違ってる?)。そんな頼れるポジションを将来プロで担うであろう逸材を見ていきます。

関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【WR編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【RB編】

カイル・ピッツ(フロリダ大)


Embed from Getty Images

毎年ドラフトで第1巡目第1番目に選ばれる「ドライチ」選手は当然最も注目を浴びる選手ですが、ドライチ指名権を持っているチーム事情によってどのポジションの選手が最初に名前を呼ばれるのかは毎年変わってきますし、必ずしもその選手がそのドラフトで一番価値があるということはできません。

当然誰がそのドラフトクラスでナンバーワンなのかという議論が無意味なのかもしれませんが、そんな中でも今季の候補者の中で選手としての価値が最も高いと言われている選手の一人がフロリダ大出身のTE(Kyle Pitts)だとされています。

身長6フィート6インチ(約199センチ)に体重246パウンド(約111キロ)というフレームなのにWRのようなスピード、ルート取り、捕球技術と相手DBの悪夢となったピッツ。とにかくすべてが規格外。捕球エリアも広く肩越しのフェードパスなど投げられたものならDBはお手上げです。

TEのプロスペクトとしては史上最高選手とまで言われるピッツ。ランブロックが少々苦手のようですが、それを相殺できるほど武器として高い能力を誇り即戦力となるだけでなく今後NFLを代表するTEとなっていると太鼓判を押すアナリストも多い、今季個人として最高級のポテンシャルを誇る選手です。

シーズン試合数捕球数ヤード平均TD
2018337324.31
2019135464912.05
202084377017.912
合計24100149214.918

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】


パット・フライアミュース(ペンシルバニア州立大)


Embed from Getty Images

ペンシルバニア州立大パット・フライアミュース(Pat Freiremuth)も上記のピッツほどではないにしろ今ドラフトで注目されるTEです。

ピッツと比べるとより典型的なTEというカテゴリーに入りますが、その典型的なTEといジャンルで行けばフライアミュースは頼りになるTEです。身長・体重(6フィート5インチ、258パウンド)と申し分ない体型でレシーバーとしての捕球範囲も広く、ディフェンダーとのセパレーションを生むのも上手い選手。

キャッチ後に距離を稼ぐタイプの選手ではありませんが、確実にファーストダウンを獲ってくれる頼れる選手でした。ランブロックもそつなくこなしバランスの取れたTE。現在NFLで活躍するトラヴィス・ケルシー(Travis Kelce、元シンシナティ大、現カンザスシティチーフス)やジョージ・キトル(George Kittle、元アイオワ大、現サンフランシスコ49ers)のようなスターTEになるかは分かりませんが、ごく近い将来に先発TEになっている可能性は十分ありそうです。

シーズン試合数捕球数ヤード平均TD
2018122636814.28
2019134350711.87
202042331013.51
合計2992118512.916

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】

ブレヴィン・ジョーダン(マイアミ大)


Embed from Getty Images

マイアミ大出身のブレヴィン・ジョーダン(Brevin Jordan)もまた今季ドラフトで指名候補に挙げられているTEです。

身長6フィート3インチ(約190センチ)と気持ち小柄ではありますが、機動力とクイックネスを兼ね備えたアスリート系TE。捕球能力も高くどちらかといえばWR寄りのTEです。ボールを受け取ったあとでも十分に距離を稼ぐことができるスピードも持ち合わせています。

プロデーでは40ヤードダッシュが4秒67ともうひと越え欲しかったところですが、フィルム上での運動神経の高さは折り紙付き。在学3年間で毎年怪我の影響で9試合以上プレーした経験がありませんが、それでもシーズンを追うごとにプロダクションは上向き。プロでは即戦力とは行かなそうですが、第3巡目以降の選手として育成いかんでは将来的にフィールド上で彼の姿を拝める日が来るかもしれません。

シーズン試合数捕球数ヤード平均TD
20189322879.04
201993549514.12
202083857615.27
合計26105135812.913

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】

ハンター・ロング(ボストンカレッジ)


Embed from Getty Images

すでに紹介したペンステートのフライアミュースと同類のトラディショナルなTEとして注目したいのがボストンカレッジハンター・ロング(Hunter Long)です。

身長6フィート5インチ、体重253パウンドと恵まれた体型の持ち主であるロング。スクリメジ上でのブロック能力が高くまたレシーバーとしても大きな的を生かした高い捕球レンジが持ち味。またタフネスさも持ち合わせており、多少のタックルでは倒れない強さも見どころ。

ダウンフィールドでのブロッキングにやや難あり、また身体能力が高いわけではありませんが、QBにとって彼ほどのフレームを持つターゲットの存在はプライマリーないしセカンダリーのターゲットがカバーされた際でも安心感を持つことができそうです。

シーズン試合数捕球数ヤード平均TD
20184410325.82
2019112850918.22
2020115768512.05
合計2689129714.69

【ハイライト動画】

ジョシュ・ペダーソン(ルイジアナ大モンロー校)


Embed from Getty Images

ここまで紹介した4人以外にもドラフト候補に挙げられるTEは控えていますが、ここであえて紹介したいのがルイジアナ大モンロー校出身のジョシュ・ペダーソン(Josh Pederson)です。

大学4年間プレーしたペダーソンですが、3年生時の2019年に開花。567ヤードに9TDを奪う活躍を見せ、新型コロナの影響で10試合しか開催されずチームは0勝10敗と撃沈した昨年度は367ヤード(0TD)と控えめな数字に終始しましたが、6フィート5インチ(約196センチ)に235パウンド(約106キロ)という体型を持ったフレックスTE。

ジャンルで言えばピッツと同類となりますが、流石にペダーソンはピッツほどの能力を持ち合わせてはいません。しかしこの体型と確かな捕球能力をすればレッドゾーン要因としても十分起用の価値はありそうです。

ちなみに彼の名前からも察した方はいらっしゃるかもしれませんが、彼は元フィラデルフィアイーグルス監督のダグ・ペダーソン(Doug Pederson)氏のご子息でもあります。

シーズン試合数ラン回数ヤード平均TD
2018618663.71
20191220112986.511
20208883213.64
合計2630716855.516

【プロデーの様子(親子の共演!)】

【対メンフィス大戦(2019)】

背番号86がペダーソン(2TD)

その他の候補者たち

トミー・トレンブル(Tommy Tremble、ノートルダム大)
ケニー・イボア(Kenny Yeboah、ミシシッピ大)
トレイ・マッキティ(Tre’ McKitty、ジョージア大)
ニック・イウバンクス(Nick Eubanks、ミシガン大)
マット・ブッシュマン(Matt Bushman、ブリガムヤング大)
ルーク・ファレル(Luke Farrell、オハイオ州立大)

関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【WR編】
関連記事2021年NFLドラフトで注目の選手たち【RB編】

👆記事が気に入ったらいいねやリツイートで拡散お願いいたします!

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
NFL DRAFT 
ドラフトの基礎知識!

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト