続・アメリカのカレッジスポーツにも及ぶコロナウィルスの影響

続・アメリカのカレッジスポーツにも及ぶコロナウィルスの影響

全世界で猛威を振るい続けるコロナウィルス(COVID-19)。昨年末の時点では中国という離れた場所で拡散しているなぁというぐらいの印象でしたが、一旦中国以外の国でのケースが発症すると瞬く間に全世界に飛び火し、韓国、イタリア、イラン、日本など他の国々よりも感染率が高い国が目立つようになりました。

筆者が現在住むアメリカではほんの少し前まで対岸の火事的な感じでこのウィルスの拡散を見守っていましたが、少しずつ患者の数が増えると特にここ1週間で状況は一片。政府も国家非常事態宣言を発令するなどの対処に追われますが、患者の数は一方的に増えるばかり。今現在アメリカで感染が発見されていないのはウエストバージニア州ただひとつ(これもすぐに変わってしまうのでしょうが)というまでに至りました。

生活的には学校の閉鎖、仕事も自宅待機、場合によれば街全体で外出禁止命令や、コースタルガードなどの軍隊が出動して街をロックダウンするなど、完全にコロナウィルスによる影響で生活に支障が出始めています。

大学でも通常授業の自粛に伴い全てがオンラインに移行し、生徒もキャンパスから退避するよう命じられるなどとにかく大勢が一堂に集まるような催しは一切禁止となる流れになっています。

そんな中カレッジフットボールならびにカレッジスポーツ全体もこれまでにないような大打撃を食らっています。

前回の記事でも少しご紹介しましたが、あれから3、4日しか経っていないのにカレッジスポーツ界も激変。ということで今回は3月12日以降に起きたコロナウィルスに関するカレッジフットボール並びにカレッジスポーツ全体のニュースを時系列でご紹介します。

前回の記事でも紹介したとおり、春のカレッジスポーツの最大の祭典でもあるバスケットボールトーナメント、俗に言う「マーチマッドネス」が中止となった事自体がとんでもないことですが、もしこれがカレッジフットボールシーズン中に起きたとしたら、果たしてCFPタイトルゲームもキャンセルとされていたのか・・・なんて想像してしまいます。

カレッジスポーツに関して言われているのは今回の冬季・春季スポーツ全てが白紙扱いになってしまったことでそれらのスポーツに携わってきた4年生たちは突然最後のシーズンを奪われてしまったことになります。それらのスポーツ(野球、ソフトボール、レスリング、水泳、ラクロス、陸上競技など)の選手は大学でそのキャリアを終えるのがほとんど。にも関わらず最後のシーズンを全うすることすら叶わずにいきなりキャリアに終止符を打たなければならないという大変残酷な事実を受け止めなければならずにいます。

そういった4年生への救済処置としてNCAAは冬季・春季の4年生たちにもう1シーズンのプレー資格を無償で授与することを協議しているらしいです。それらの4年生が皆就職せずにもう1年大学に残ってスポーツを続けるとは考えられませんが、そういった選手たちが大学院に進学した先でもう1年分プレーすることは考えられます。選手がプレーを続行するにしろしないにしろ、そういった可能性を残してくれるならばそれはNCAAの大英断だといえそうです。

いずれにしても今回のコロナウィルスの拡散はスポーツ界だけでなく本当に様々な場面に暗い影を落としています。一刻も早くこの大流行が収まり普段の生活を取り戻すことが出来ることを切に願います。

created by Rinker
アメリカンフットボールマガジン
この記事が気に入ったら拡散&フォローお願いします!
Share on twitter
ツイート
この記事が気に入ったら拡散&フォローお願いします!
Share on twitter
ツイート
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
Share on email
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on email

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事