読み物

ペンシルバニア州内ライバリーの存続危機再び

丁度前日に「カンファレンス」の記事を挙げたばかりですが、読んでいただければわかるようにカレッジフットボール史上たくさんのカンファレンスが発足しては消えて行きました。またその中でカンファレンスの拡張・再編成(エクスパンション)のせいでカンファレンス内のメンバーが入れ替わることも少なくありませんでした。

Read More »

セイバン監督の激励演説!

アラバマ大のニック・セイバン(Nick Saban)監督が同校のソフトボール部の試合前にロッカールームでチームを鼓舞するスピーチ(ペップトーク)を行い、その成果あってかチームがテキサスA&M大との大事な一戦を制したという話を紹介したいと思います。

Read More »

ミシガン州立大出身のベストプレーヤーは?

2017年度シーズンでミシガン州立大の監督に就任して10年目を迎えようとしているマーク・ダントニオ(Mark Dantonio)監督。これまで数々の素晴らしい選手たちを育ててきました。その証拠に現時点で36人のミシガン州立大出身選手がNFLでプレーしています。 そんな中、ダントニオ監督は彼がこれまで

Read More »

スウィッツアー氏の嘆き

先月行われたNFLドラフトではミシガン大の11人に次ぎ10人の選手をプロへと輩出したアラバマ大。もちろん2017年度のドラフトにおいては数だけでなく質もトップレベルのドラフトクラスとなりました。また彼らが所属するサウスイースタンカンファレンス(SEC)ではトータルで53人がプロチームに指名されると言

Read More »

ボウルゲーム出場回避を巡る議論

カレッジフットボールだけで考えれば、レギュラーシーズンを勝ち抜き、カンファレンスタイトルを取得することや、ナショナルチャンピオンシップを獲得することが選手やチームにとっては大きな目標となります。またナショナルチャンピオンシップに出場できなくても、良い成績を残してポストシーズンのボウルゲームに出場する

Read More »

キフィン監督とセイバン監督

元アラバマ大オフェンシブコーディネーターで現フロリダアトランティック大の監督であるレーン・キフィン(Lane Kiffin)氏は我々にネタを提供することを惜しみません。おそらくそれはメディアがネタを望んでいて、それにひっかけられているという節もありますが(笑)。 ハーツは成長を止められたのか? つい

Read More »

忘れられない・・・

先日アラバマ大ファンが元クレムソン大QBデショーン・ワトソンをバーから追い出したというニュースを紹介しました。アラバマ大のナショナルチャンピオンシップでの敗戦を未だ引きずっているファンの不必要な行動でしたが、一方でチームの長であるニック・セイバン(Nick Saban)監督もこの時の負け戦を未だに記

Read More »

タスカルーサで「寿司食いねぇ!」

アメリカで「Sushi」が認知されてから久しいですが、今では簡易寿司屋が至る所で見られるようになりました。ここでいう寿司屋は日本でいう寿司屋とは比べものにならないものですが、アメリカ人が寿司に出会うチャンスを与えてくれたという意味、そして寿司という存在を広めることに貢献してくれていると思います。アメ

Read More »

賭けに勝ったのは・・・

アラバマ大のニック・セイバン(Nick Saban)監督は冷徹で滅多に笑わない監督というイメージが強いですよね。実際の記者会見を見ても、サイドラインでの姿を見ても大抵眉間にしわを寄せているか、怒りをぶつけまくっているかのどちらかといっても過言ではないかもしれません。

Read More »

キフィン氏だったら・・・

またまたこの男の登場です・・・。 もしあなたがアラバマ大ファンであったなら、先にも紹介したニュースにもあるように未だにクレムソン大に敗れたナショナルチャンピオンシップゲームを引きずっているかもしれません。どうして負けてしまったのか・・・。そしてその疑問はおそらくこの「たられば」に繋がっていくのではな

Read More »

NFLドラフト入りしなければよかった選手たち

NFLドラフトでは条件が満たされると大学を卒業しなくてもドラフト入りができる「アーリーエントリー(早期ドラフト入り)」という制度があります。もう大学レベルでやり残したことはないような選手や、早々にプロ入りして大金を手に入れようと企む選手、大学に残留して4年生時に怪我を負ってプロ入りを断念しなければな

Read More »

ハーボー監督を苛立たせるものとは?

ミシガン大のジム・ハーボー(Jim Harbaugh)監督は自分の考えや思いを表に出すことをためらわない人物です。違うものには「違う!」と包み隠さず言うような人で、それが他の人の神経を逆なですることもしばしば。そんな彼は今のカレッジフットボール界にてなくてはならない人物となりました。

Read More »

来季のアラバマ大オフェンスは保守的に?

Embed from Getty Images 全国各地で行われていた春季トーレニングはそれぞれのチームの紅白戦「スクリメージ」を行って幕を閉じますが、今年のスプリングトレーニングはいつもよりも割とイベントレスで終わったような気がします。この春季トーレニングが終われば8月のプレシーズンキャンプインま

Read More »

スターリングス氏のセオリー

華やかなカレッジフットボールの話題が飛び交う中、選手たちの素行の悪さがニュースに上がることもしばしばです。一番わかりやすいところで言えば昨年からずーっと議論されているベイラー大の一連のスキャンダルです。ただ選手たちの問題というのはどの大学チームでも多かれ少なかれあることで、何もベイラー大だけが荒廃し

Read More »

まだ遅くはない!

夢を追い続けることは素晴らしいことです。例えそれが叶わなかったとしてもそれに向かって突き進むことのできるパワーは計り知れないものがあります。また夢を追うことに年齢は関係ありません。若過ぎようが歳をとりすぎようが、夢を追うことを止めることは誰にもできません。人様に迷惑をかけさえしなければ・・・。

Read More »

ペンステートなのに「ブルータス」?【追記あり】

2018年度のリクルーティングクラスで全米でも指折りのDLとされるペンシルバニア州出身のマイカ・パーソンズ(Micah Parsons)君は現在お膝元のペンシルバニア州立大に進学することを公言しています。もちろん公言すると言ってもナショナルサイニングデーにて正式に署名するまでは正式な決断ということに

Read More »

元ミシガン大RBのハート氏、コーチ業を邁進中

みなさんの中で2007年のミシガン大とアパラチアン州立大との試合を覚えている方はいるでしょうか?2000年代のカレッジフットボールの試合で5本の指に入る番狂わせとなったこの試合。要約すると2007年度の開幕戦、ミシガン大は当時ディビジョン一部AA(Division I-AA)所属だったアパラチアン州

Read More »

文武両道は可能である!

2006年から2009年までフロリダ州立大でDBとして活躍したマイロン・ロール(Myron Rolle)氏。1年生時にオールアメリカンに選ばれ、3年生時にはそのとしてもっともインパクトを与えた守備選手に贈られるロットトロフィー(Lott Trophy)の最終候補にも選ばれ、卒業後にはNFLテネシータ

Read More »