第56回スーパーボウル!

第56回スーパーボウル!

今週末の2月13日、いよいよNFLの頂上決戦、スーパーボウルが行われます。今年のマッチアップはNFC覇者のロサンゼルスラムズとAFC覇者のシンシナティベンガルズとなりました。ラムズは1999年以来のスーパーボウル制覇(リーグ合併前を含めると4つ目)を目指し、ベンガルズとしては自身初のスーパーボウル制覇を狙います。予想外となったこのマッチアップに大きな注目が集まっています。

当サイトはカレッジフットボールサイトですのでNFLを中心とした情報を提供されているサイトには到底情報の質が劣りますが、今回はこのスーパーボウルをカレッジフットボールファンの目線から見ていきたいと思います。

ラムズロースター(出身校付き)

ロサンゼルズラムズ

12勝5敗(3勝3敗 NFC西地区)

オフェンス

QB

マシュー・スタフォード

Matthew Stafford

ジョージア大

2009年ドラフト第1巡目

RB

キャム・エイカーズ

Cam Akers

フロリダ州立大

2020年ドラフト第2巡目

RB

ソニー・ミシェル

Sony Michel

ジョージア大

2018年ドラフト第1巡目

WR

クーパー・カップ

Cooper Kupp

イースタンワシントン大

2017年ドラフト第3巡目

イースタンワシントン大

WR

オデル・ベッカム・Jr

Odell Beckham Jr.

ルイジアナ州立大

2017年ドラフト第3巡目

ルイジアナ州立大

WR

ヴァン・ジェファーソン

Van Jefferson

フロリダ大

2020年ドラフト第2巡目

florida-logo-150

TE

タイラー・ヒグビー

Tyler Higbee

ウエスタンケンタッキー大

2017年ドラフト第4巡目

LT

アンドリュー・ウィットワース

Andrew Whitworth

ルイジアナ州立大

2006年ドラフト2巡目

ルイジアナ州立大

LG

デヴィッド・エドワーズ

David Edwards

ウィスコンシン大

2019年ドラフト第5巡目

C

ブライアン・アレン

Ryan Jensen

ミシガン州立大

2018年ドラフト第4巡目

RG

オースティン・コルベット

Austin Corbett

ネバダ大

2018年ドラフト第2巡目

RT

ロブ・ヘイヴンスタイン

Rob Havenstein

ウィスコンシン大

2015年ドラフト第2巡目

ディフェンス

DL

エイショーン・ロビンソン

A'Shawn Robinson

アラバマ大

2016年ドラフト第2巡目

alabama-logo-150

DL

グレッグ・ゲインズ

Greg Gaines

ワシントン大

2019年ドラフト第4巡目

DL

アーロン・ドナルド

Aaron Donald

ピッツバーグ大

2014年ドラフト第1巡目

LB

レナード・フロイド

Leonard Floyd

ジョージア大

2016年ドラフト第1巡目

LB

アーネスト・ジョーンズ

Ernest Jones

サウスカロライナ大

2021年ドラフト第3巡目

LB

トロイ・リーダー

Troy Reeder

デラウェア大

2019年ドラフト外FA

delaware-logo-50

LB

ヴォン・ミラー

Von Miller

テキサスA&M大

2011年ドラフト第1巡目

CB

ダリウス・ウィリアムス

Carlton Davis

アラバマ大バーミンガム校

2018年ドラフト外FA

UAB-logo-150

SS

ニック・スコット

Nick Scott

ペンシルバニア州立大

2020年ドラフト第2巡目

FS

テイラー・ラップ

Taylor Rapp

ワシントン大

2019年ドラフト第2巡目

CB

ジェイレン・ラムジー

Jalen Ramsey

フロリダ州立大

2016年ドラフト第2巡目

スペシャルチーム

PK

マット・ゲイ

Matt Gay

ユタ大

2019年ドラフト第5巡目

P

ジョン・ヘッカー

John Hekker

オレゴン州立大

2012年ドラフト外FA

PR/KR

ブランドン・パウウェル

Brandon Powell

フロリダ大

2018年ドラフト外FA

florida-logo-150

ベンガルズロースター(出身校付き)

シンシナティベンガルズ

10勝7敗(4勝2敗 AFC北地区)

オフェンス

QB

ジョー・バロウ

Joe Burrow

ルイジアナ州立大

2020年ドラフト第1巡目

ルイジアナ州立大

RB

ジョー・ミクソン

Joe Mixon

オクラホマ大

2017年ドラフト第2巡目

WR

ジャマー・チェイス

Ja'Marr Chase

ルイジアナ州立大

2021年ドラフト第1巡目

ルイジアナ州立大

WR

ティー・ヒギンズ

Tee Higgins

クレムソン大

2020年ドラフト第2巡目

WR

タイラー・ボイド

Tyler Boyd

ピッツバーグ大

2016年ドラフト第2巡目

TE

C.J. ウゾマ

C.J. Uzomah

アーバン大

2015年ドラフト第5巡目

LT

ジョナ・ウィリアムス

Jonah Williams

アラバマ大

2019年ドラフト第1巡目

alabama-logo-150

LG

クイントン・スペイン

Quinton Spain

ウエストバージニア大

2015年ドラフト外FA

C

トレイ・ホプキンス

Trey Hopkins

テキサス大

2014年ドラフト外FA

RG

ジャクソン・カーマン

Jackson Carman

クレムソン大

2021年ドラフト第2巡目

RT

アイゼア・プリンス

Isaiah Prince

オハイオ州立大

2019年ドラフト第6巡目

オハイオ州立大

ディフェンス

DL

サム・ハバード

Sam Hubbard

オハイオ州立大

2018年ドラフト第3巡目

オハイオ州立大

DL

D.J.リーダー

D.J. Reader

クレムソン大

2016年ドラフト第5巡目

DL

B.J. ヒル

B.J. Hill

ノースカロライナ州立大

2018年ドラフト第3巡目

DL

トレイ・ヘンドリックソン

Trey Hendrickson

フロリダアトランティック大

2017年ドラフト第3巡目

LB

ローガン・ウィルソン

Logan Wilson

ワイオミング大

2020年ドラフト第3巡目

LB

ジャーメイン・プラット

Germain Pratt

ノースカロライナ州立大

2019年ドラフト3巡目

LB

マーカス・ベイリー

Markus Bailey

パデュー大

2020年ドラフト第7巡目

CB

イーライ・アップル

Eli Apple

オハイオ州立大

2016年ドラフト第1巡目

オハイオ州立大

SS

ヴォン・ベル

Vonn Bell

オハイオ州立大

2016年ドラフト2巡目

オハイオ州立大

FS

ジェシー・ベイツ・III

Jessie Bates III

ウェイクフォレスト大

2018年ドラフト第2巡目

CB

チドベ・アウズィエ

Chidobe Awuzie

コロラド大

2017年ドラフト第2巡目

スペシャルチーム

PK

イヴァン・マクファーソン

Evan McPherson

フロリダ大

2021年ドラフト第5巡目

florida-logo-150

P

ケヴィン・ハバー

Kevin Huber

シンシナティ大

2009年ドラフト第5巡目

PR

トレントン・アーウィン

Trenton Irwin

スタンフォード大

2021年ドラフト外FA

KR

クリス・イヴァンズ

Chris Evans

ミシガン大

2021年ドラフト第6巡目

ミシガン大

出身チーム&カンファレンス

スーパーボウルに出場する両チームの先発選手の中でどの出身大学が一番多くの選手をこの大舞台に送り出しているかというと・・・。

ルイジアナ州立大ルイジアナ州立大4人
オハイオ州立大4人
ジョージア大3人
フロリダ大フロリダ大3人
クレムソン大3人
フロリダ州立大、ウィスコンシン大、
アラバマ大、ワシントン大、
ピッツバーグ大、ノースカロライナ州立大
2人
その他1人

上位5チームのうち4チームが近年カレッジフットボールプレーオフ(CFP)に進出しているわけですが(フロリダ大以外)これは決して偶然ではないと思います。カレッジ界で優勝争いをするような大御所にはプロ級の選手が多く在籍していることの現れであり、これはもっと言えばリクルーティング力が大きく影響していると思われます。

しかしながらそれとは別にイースタンワシントン大(クーパー・カップ)、デラウェア大(トロイ・リーダー)のようにフットボールチャンピオンシップサブディビジョン(FCS、旧NCAA1部AA)出身選手がスーパーボウルに出場しているのを見ると必ずしもプロ選手の原石がフットボールボウルサブディビジョン(FBS、旧NCAA1部A)だけに埋もれているというわけではないことも分かります。もっとも今年の出場チームの先発選手はFBS選手の比率が圧倒的に多いですが。

参考記事第55回スーパーボウル!

今度は先発選手の出身カンファレンスを見てみたいと思います。

サウスイースタンカンファレンス15人
Big Tenカンファレンス12人
アトランティックコーストカンファレンス10人
Pac-12カンファレンス4人
Big 12カンファレンス3人
グループオブ56人
FCS2人

サウスイースタンカンファレンス(SEC)、Big Tenカンファレンス、アトランティックコーストカンファレンス(ACC)所属チーム出身選手が目立ちますね。俗に言う「パワー5」カンファレンスの中でもこの3カンファレンスとPac-12カンファレンス、Big 12カンファレンスの差は明確であり彼らの元気の無さは最近のカレッジフットボール界の勢力図を反映しているようです。

また、ドラフトされた順番を見てみるのも一興です。

とかくドライチ選手が注目されるのが世の定めですが、そうでないアンダードッグたちがスターダムにのし上がるのを観るのはいつの時代も爽快なものです。

たとえば先発選手でいうと、ラムズには4人、ベンガルスには3人のドラフト外FA選手、つまりドラフトでどのチームからも声をかけてもらえなかった選手がいます。そんな選手でもスーパーボウル出場チームで先発を張れるわけです。

とは言うものの、やはり第1巡目で引っ張ってきた選手が重要なのも事実。というよりは、第1巡目で選んだ選手がその期待どおりの活躍をしたかどうか、そしてそのような選手を選ぶだけの眼力がスカウト陣やコーチ陣にあったのかどうかということが反映されていることが見て取れます。

先発ロースターだけで見れば、ラムズには5人のファーストラウンダー、ベンガルスには4人のファーストラウンダーが今もチームに残っています。そして合計9人のファーストラウンダー中7人は皆過去5年以内にドラフトされた選手。さらに即戦力とも言われる2巡目と3巡目を合わせれば合計で30人が過去5年間にドラフトされています。

どちらのチームも比較的若い選手が多いチーム、つまり代謝が進んでいるチーム同士の戦いと言えるのかもしれません。

若さだけで言うならばどちらもスキルポジションのリーグ在籍年数の少なさが際立っています。ラムズのQBマシュー・スタフォード(Matthew Stafford)以外は皆過去5〜6年以内にプロになった選手ばかり。これは彼らのような消耗の激しいポジションならではの現象なのでしょうか。

スタフォードvsバロウ

ところでそのスタフォードですが、彼は今季からラムズ入りしたベテランであり、御存知の通りそれまでは12年間デトロイトライオンズ一筋でした。2009年のドラフトでジョージア大から総合ドライチでライオンズに入団。しかしながら中々いいチームに恵まれず12年間でプレーオフに出場したのはたったの3度きり。しかし今回移籍したそのシーズンにチームをスーパーボウルへ導いたのですから、ライオンズの調子が悪かったのはスタフォードのせいだったわけではないと言えそうです。

そんなスタフォードはプロ生活13年目にして初のスーパーボウル出場を果たしたのですが、過去にスーパーボウルに出場した総合ドライチQBの中でスタフォードはドラフトされてからスーパーボウルに出場するまで最も時間がかかったQBなんだとか。

一方ベンガルズのQBジョー・バロウ(Joe Burrow)も自身初のスーパーボウル出場となります。それもそのはず、彼はプロ生活2年目なのですから。彼は昨年シーズン途中に膝の靭帯断裂という大怪我を負いましたが、その怪我から復帰してプロ入り2年目にして晴れの舞台に出場を果たしたのですから大したものです。

このバロウですが彼もスタフォードと同じ総合ドライチQB(2020年度ドラフト)。そして総合ドライチQBとしてスーパーボウルに出場したこれまでの選手の中でバロウは最も短期間でこの頂上決戦に駒を進めたQBということです。

スタフォードもバロウもスーパーボウル初出場の元総合ドライチQBですが、そこに至るまではスタフォードは13年、バロウは2年かかったということで彼らの歩んできた道は似て異なるものになっています。非常に興味深いですね。

#NFLSU

このバロウはルイジアナ州立大出身選手ですが、彼が率いた2019年度のチームはここ近年で見ても最強と言われたチームでした。このチームにはバロウの他に現在の彼のチームメイトでもあるWRジャマー・チェイス(Ja’Marr Chase)が居ましたね。

参考記事2019年度CFP全米王座決定戦【分析】

ところでこんなツイートを見つけました。

チェイスが1年遅れで今年度ベンガルスに入ってきましたが、そこで彼はバロウと再会することになります。そして彼らがチームメイトだったルイジアナ州立大で2019年にカレッジフットボールプレーオフ(CFP)で2勝0敗。そして今年のNFLプレーオフでここまで3勝0敗ということで、彼ら二人が一緒にプレーしたプレーオフの試合では大学・プロ合わせて5勝無敗ということになります。そして当然彼らが目指すのは6勝目となるスーパーボウルでの大勝利ということになりますね。

またその他にもラムズのWRオデル・ベッカム・Jr(Odell Beckham Jr)やOLアンドリュー・ウィットワース(Andrew Whitworth)もルイジアナ州立大出身ということで彼らの強さが光ります。

どちらが勝つのか?

なかなかフレッシュな顔合わせとなった今年のスーパーボウル、一体どちらが勝つのでしょうか?

ラムズのショーン・マクヴェイ(Sean McVay)監督は若干36歳の新進気鋭のヘッドコーチ。一方のベンガルズのザック・テイラー(Zac Taylor)監督も38歳とこれまた若いコーチ。しかもテイラー監督はかつてマクヴェイ監督の下で働いていたことがあり、このスーパーボウルはいわば「師弟対決」とも言えます。

今回のスーパーボウルの会場はラムズの本拠地であるSoFiスタジアムということでいわばラムズのホームゲーム。これがホームチームのアドバンテージとなるといいのですが、一方で最安値のチケットが6000ドル(1ドル100円計算で約60万円)なんて数字も出ていますので、いくらホームゲームだからといってラムズのファンでもそう簡単に手が出るようなチケットではなさそうですが・・・。

どちらにしてもカレッジフットボールを専門に扱っている筆者にとってどちらが勝つかなんてことはわかりません(笑)。そういうのはNFLを専門に扱ってらっしゃるファンの方に任せて、こちらは当日のワクワク感を噛み締めながらぶっつけ本番で雰囲気含めて楽しもうと思います。いい試合になるといいなー。

【おまけ】

先日音声配信アプリである「スタンドFM」で小さなゲストを招いてスーパーボウルに出場する2チームの事を話しましたのでもしよろしければご試聴ください!

👇記事が気に入ったらいいねやリツイートで拡散お願いいたします!

この記事が気に入ったら拡散&フォローお願いします!
ツイート
この記事が気に入ったら拡散&フォローお願いします!
ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト