元テネシー大QBマーティン氏が母校に凱旋 - ANY GIVEN SATURDAY

元テネシー大QBマーティン氏が母校に凱旋

元テネシー大QBマーティン氏が母校に凱旋

昨シーズンまでサザンカリフォルニア大(USC)でオフェンシブコーディネーターを務めるも、シーズン後に解雇となっていたティー・マーティン(Tee Martin)氏が母校であるテネシー大へコーチとして凱旋することになりました。

マーティン氏と言えば筆者にとってはちょっと思い入れのある選手で、丁度私がカレッジフットボールをちゃんとフォローし出した1998年にテネシー大でQBを務めていた選手。マーティン氏はその前年までテネシー大でプレーし当時からすでにレジェンド化していたペイトン・マニング(Payton Manning)氏の後を次いで先発の座につき、1998年から新たに導入されたBCS(ボウルチャンピオンシップシリーズ)のこけら落としのシーズンに見事全米優勝を果たしたのです。

Embed from Getty Images

現役時代のマーティン氏

ここ最近では唯一という全米タイトルをテネシー大にもたらしたマーティン氏は地元でも未だに人気のある人物で、2012年に前コーチであるブッチ・ジョーンズ(Butch Jones)監督が就任した際に母校への帰還を要請されるもこれを固辞。さらにそのジョーンズ監督が解雇された際には多くのファンがマーティン氏の凱旋を望んだと言われていますが、結局元アラバマ大ディフェンシブコーディネーターのジェレミー・プルイット(Jeremy Pruitt)氏を起用していました。

【関連記事】Coaching Carousel 2017 – テネシー大の場合

卒業後プロ選手の道に進むも鳴かず飛ばずで2005年には引退を決意したマーティン氏は2006年からコーチングの道に身を投じます。2009年には当時就任したばかりのマイク・ロックスリー(Mike Locksley、元アラバマ大DC、現メリーランド大)監督がいたニューメキシコ大でQBコーチを務めそこからケンタッキー大を経てUSCへ。2016年度からはOCを任され2017年度のカンファレンスタイトル獲得に裏方として貢献していました。

しかし2018年度のUSCはスターQBサム・ダーノルド(Sam Darnold、現ニューヨークジェッツ)を失った反動か急激に失速。2000年以来の負け越しシーズンを味わうことに。その要因してはダーノルドの後を継いだ1年生J.T.ダニエルズ(J.T. Daniels)の未熟さに加え多くのタレントを抱えるにも関わらずそれを生かし切れなかったコーチ陣の手腕でした。

そんな折シーズン後半に差し掛かるとクレイ・ヘルトン(Clay Helton)監督はマーティン氏からプレーコーリングの仕事を取り上げて自らオフェンスを指揮することに方向転換。なんとかして白星を先行させたいというヘルトン監督の切羽詰まった気持ちは分かりますが、OCのマーティン氏としてはそれは屈辱以外の何物でもなかったことでしょう。実際その頃マーティン氏は自身のツイッターのプロファイルから自分がUSC所属であることを削除したほど。結局この荒療治は功を奏することはなく前述の通りチームは負け越し。そして予想通りヘルトン監督はマーティン氏と袂を分かつことになりました。

テネシー大では昨年までOCを務めていたタイソン・ヘルトン(Tyson Helton)氏が今年からウエスタンケンタッキー大の監督に就任。その空きポジションにマーティン氏が就くのではと噂されましたが、そこには昨年でジョージア大でOCを務め、かつて2009年から2012年までテネシー大でOC経験のあるジム・チェイニー(Jim Chaney)氏に白羽の矢が立ちました。ちなみに上記のタイソン・ヘルトン監督は名前からも分かるようにクレイ・ヘルトン監督の弟でもあります。

今のところマーティン氏はチェイニー氏と共同でOCを務めながらWRコーチとして母校に戻ってくることが分かっています。テネシー大にここ最近で最後となるナショナルタイトルをもたらしたマーティン氏の帰還はテネシー大ファンには大いに受け入れられることでしょう。それはジョーンズ元監督時代に地に落ちたブランド力を復活させるためには必要なことであり、その再建計画の要となる元監督のフィリップ・フルマー(Phillip Fulmer)氏が体育局長として戻ってきたことから始まっています。ちなみにマーティン氏は現役時代にフルマー氏に師事しており、師弟関係復活という図式も成り立っているのです。

ちなみにマーティン氏の息子であるケイデン・マーティン(Kaden Martin)君はアラバマ大などからリクルートを受ける高校生フットボーラーですが、父と同じQBを務める彼が父と同じ17番のユニフォームを着て親子で写真に収まっているツイートを残しています。

ひょっとしたら息子のケイデン君は父の背中を追ってテネシー大に入部することになるかも?

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on twitter
Share on twitter
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
RELATED POSTS 
関連記事
RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ
TAGS 
キーワードから記事を探す
この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on twitter
Share on twitter
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事