BLOG POSTS 
カレッジフットボール記事

アイオワ大

これこそライバリー!【アイオワ大35、ミネソタ大7】

金曜日に行われたBig Tenカンファレンス戦のミネソタ大vsアイオワ大の試合は長い歴史のあるライバル対決で「フロイド・オブ・ローズデイル」と呼ばれる銅像をかけて争われますが、この試合でアイオワ大フェレンツ監督がこのライバリーにふさわしい行動を見せました。それは何か?

続きを読む »
スタジアムの観客席へ続くトンネル

BLMとカレッジフットボール

人種差別廃絶と社会的不公正の是正を訴える抗議運動は「Black Lives Matter」のスローガンとともに全米中に拡散しましたが、その波はカレッジフットボール界にも様々な形で押し寄せておりこれまで多くのOBや現役の黒人選手たちが自分たちの思いや悩みや怒りなどを公表し始めています。

続きを読む »

第11週目レビュー

今季第11週目は「Game of the Century II」と銘打たれたルイジアナ州立大とアラバマ大の激戦に大きな注目が集まりましたが、その他にもカレッジフットボールプレーオフ(CFP)やカンファレンスタイトルレースに大きく影響を及ぼす試合が多々行われました。ここではそれらを一気に振り返ります。

続きを読む »

第11週目の見どころ

第11週目の最大のマッチアップはLSUとアラバマ大の大一番。しかし当然今週末にはこの試合の他にもたくさんの試合が組まれており、その中にはCFPレースに大いに関わってくるものもあります。前回の記事ではLSUとアラバマ大の試合にスポットライトを当てましたが、今回はその他の試合の見どころを探っていきたいと思います。

続きを読む »

第3週目レビュー

今季第3週目はランカー同士の対決がなく、とりだててエキサイティングな週末ではありませんでしたが、その代わりにランキングの下位さらにはランク外でもアップセットゲームがあちこちで見られ、それなりに話題性あふれる週末となりました。

続きを読む »

アウトバックボウルレビュー

お正月を飾る今年一発目のボウルゲームはフロリダ州タンパ市で開催されたアウトバックボウルのアイオワ大対ミシシッピ州立大の対戦。結果はアイオワ大がミシシッピ大を27対22で下し、今季9勝目を挙げました。

続きを読む »

ネブラスカ大とアイオワ大の「ブラックフライデー」ゲームが復活へ

アメリカでは11月の第4木曜日に「サンクスギビングデー(感謝祭)」として、その年の収穫を祝うために設けられた国民の休日です。この日は家族が一同に集まり、七面鳥やその他のサンクスギビング独特の食事に舌鼓を打つのが通例です。そしてその翌日の金曜日は「ブラックフライデー」と呼ばれ、様々な店舗で安売りがあり

続きを読む »

アイオワ大の新たなトラディション

当サイトは筆者である私一人で運営されているため、全てのカレッジフットボールのニュースを網羅することは非常に難しいのが現状です。ですからシーズン中に取り上げる事ができなかった話なども多々あるのですが、その中の一つで紹介したかったのに溜まった記事の下の方に埋もれていたものがあります。それがアイオワ大と小

続きを読む »

Big Tenカンファレンスメディアデー:リキャップ

シーズン開幕まであと1ヶ月と迫り、来週にはプレシーズンキャンプが各地で開催されることになります。ここにきてようやくBig Tenカンファレンスもメディアデーを開催し、各チームの監督及び主要選手たちがメディアとのセッションを行いました。

続きを読む »

2017年度Big Tenカンファレンスプレビュー

  2016年度のBig Tenカンファレンスは驚きと幻滅が入り混じったシーズンでした。下馬評を覆し大外から巻いてカンファレンスを制したのがペンシルバニア州立大。しかし彼らを差し置いてカレッジフットボールプレーオフ(CFP)に進出したのはオハイオ州立大。が、彼らは準決勝戦でクレムソン大に完

続きを読む »

世界を旅するカレッジフットボールギア

カレッジフットボールのチームが着用するユニフォーム・ジャージは大抵そのチームのチームカラーをベースにしたものがデザインされます。そして基本的にデザインは長いこと変わらないものです。それは歴史あるチームならばなおのこと。しかし最近は復刻ユニフォームを来たり、オルタナティブとして第3のユニフォームが使用

続きを読む »

2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(4)

2016年度シーズンを振り返る、チーム別通信簿。今回は「C」を受け取ったチーム達を紹介したいと思います。「C」評価のチームはお世辞にも成功したとは言えない、期待に応えられなかったチーム達と言えます。 【関連記事】2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(1) 【関連記事】2016年度シーズン総括:チ

続きを読む »

アイオワ大ヘッドコーチフェレンツ監督、一生アイオワ大に?

現役ヘッドコーチの中でも長年同じチームで指揮を執る監督は中々いませんが、アイオワ大のカーク・フェレンツ(Kirk Ferentz)監督はそのような稀なコーチの一人です。そんなアイオワ大一筋のフェレンツ監督ですが、同大学の体育局長(AD)であるゲリー・バータ(Gary Barta)氏はフェレンツ監督を

続きを読む »

長期政権を担うヘッドコーチ十傑 ⑦

2位:カーク・フェレンツ(Kirk Ferentz)- アイオワ大 1999年12月、20年に渡りアイオワ大を率いてきたレジェンダリーコーチ、ヘイデン・フライ(Hayden Fry)監督が引退を表明。アイオワ大はその後釜として当時フロリダ大のディフェンシブコーディネーターだったボブ・ストュープス(B

続きを読む »

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト