MACの大損失 - ANY GIVEN SATURDAY

MACの大損失

MACの大損失

カンファレンス戦のみのスケジュール

現在カレッジフットボール界ではコロナの影響で今季の開催が可能かどうかという話で持ちきりです。FCS(フットボールチャンピオンシップサブディビジョン)のアイビーリーグが早々に秋季シーズンをキャンセルしましたが、大御所のBig TenカンファレンスPac-12カンファレンスは開催することを前提としてシーズンをカンファレンス戦のみに絞る変則シーズンでやり繰りする苦肉の策を絞り出しました。

その他の「パワー5」カンファレンス群であるアトランティックコーストカンファレンス(ACC)、Big 12カンファレンスサウスイースタンカンファレンス(SEC)、そして「グループオブ5」カンファレンス群もこのリーグ戦のみのスケジュールに組み替えることが予想されています。

現在FBS(フットボールボウルサブディビジョン)の約130チームはレギュラーシーズンで各チーム12試合を予定しています。その後にカンファレンス優勝決定戦があり、ポストシーズンには成績が良ければボウルゲームに出場することが可能になります。またナショナルタイトルを争うカレッジフットボールプレーオフ(CFP)に進むことの出来る4チームは最大2試合をポストシーズンにこなす計算になり、最大で1シーズン15試合が行われています。

カンファレンス戦の数は各カンファレンスによって違いますが、8試合から9試合というのが普通です。ですからレギュラーシーズン12試合のうちカンファレンス戦以外(ノンカンファレンス戦/交流戦)は3試合から4試合存在することになり、今回この交流戦が全て中止になるという動きになっているわけです。

この交流戦では異なるカンファレンス出身チーム同士の戦いが見られるわけですが、今年ならオハイオ州立大vsオレゴン大ワシントン大vsミシガン大ノートルダム大vsウィスコンシン大など普段あまり拝むことが出来ない好マッチアップが存在し、ファンとしては非常に楽しみな観戦チャンスとなります。


「カップケーキチーム」への余波

しかし一方で交流戦がそういったマッチアップだけというわけではなく、強豪チームが格下チームを「カモ」として呼び寄せて出来レース的な安牌ゲームを行うことも少なくありません。こういった試合を簡単に食べれてしまうことから「カップケーキゲーム」と呼びますが、このカップケーキゲームは現代のカレッジフットボール界において大変興味深い構図となっています。

というのもカップケーキチームを呼び寄せる格上のホストチームは対戦相手にかなりの額のマッチ料を支払い手堅く白星を頂こうとするのに対し、カップケーキゲームは圧倒的不利な敵地に黒星覚悟で乗り込む代わりにその高額のマッチ料を手に入れるという構図があるのです。

参考記事カップケーキのお値段は・・・

言ってしまえば、格上チームが白星を金で買い、格下チームは負ける代わりに大金を手に入れるという不思議な関係です。

そしてこのマッチ料は年を追うごとに増額化の傾向があり、格下である中堅校(グループオブ5チームやFCSチーム)にとっては重要な財源となっているというのが現状です。

つまり強豪との交流戦を組むことに収入を期待できる中堅校たちにとって、パワー5カンファレンスが交流戦を中止にするということはその金の流れが止まってしまうということを意味しているのです。


MACの大損失

FBSには5つの「グループオブ5」カンファレンスが存在しますが、その中でもアメリカ中東部を主戦場としているミッドアメリカンカンファレンス(MAC)の交流戦中止による損害が壊滅的だということです。

すでに交流戦を排除すると決定しているBig Tenカンファレンスと地域的に似通っているMACチームは実に合計11試合をBig Tenカンファレンスチームと戦う予定になっていました。

ボール州立大(インディアナ大、ミシガン大)
ボーリンググリーン州立大(イリノイ大、オハイオ州立大)
セントラルミシガン大(ネブラスカ大、ノースウェスタン大)
ノーザンイリノイ大(アイオワ大、メリーランド大)
ケント州立大(ペンシルバニア州立大)
バッファロー大(オハイオ州立大)
トレド大(ミシガン州立大)

米王手メディアUSA Todayの記事によるとこのスケジュール変更により上記のMAC7チームは総額で1050万ドル(1ドル100円計算で約10億円)を手に入れることが出来なくなるのだそうです。

ただ細かい契約内容までは分からないため、今回のキャンセルによりキャンセル料が生まれるのかどうかなどは定かではありませんが、どちらにせよそれぞれのチームが億単位のギャランティーを損失することになるのです。

遅かれ早かれ全てのFBSチームがカンファレンス戦縛りのシーズンに移行していくことになるでしょうから、MACだけでなく「カップケーキゲーム」に依存している他のグループオブ5チームもパワー5チームと試合を組めなくなることで相当の損失を食らうことになりそうです。

ちなみに独立校(無所属)のノートルダム大はBig Tenのウィスコンシン大だけでなくPac-12カンファレンスのスタンフォード大とサザンカリフォルニア大との試合もキャンセル。同じく独立校のブリガムヤング大はBig Tenのミシガン州立大とミネソタ大、さらにはPac-12のアリゾナ州立大とスタンフォード大との試合が組まれていましたがこちらも当然無かった話となり、今後多くのカンファレンスが交流戦を破棄することになると、グループオブ5の損失よりも独立校が直面する損失のほうがさらに大きくなりそうです。

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on twitter
Share on twitter
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
RELATED POSTS 
関連記事
RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ
TAGS 
キーワードから記事を探す
この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on twitter
Share on twitter
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事