ランキング

プレシーズン

予定/結果

順位表

2021年度チームプレビュー
Alabama Crimson Tide
Alabama
Crimson Tide
アラバマ大クリムゾンタイド
9/4
マイアミ大 
@アトランタ
9/11
vs マーサー大
9/18
フロリダ大
@ フロリダ大
9/25
vs サザンミシシッピ大
10/2
vs ミシシッピ大
10/9
@ テキサスA&M大
10/16
@ ミシシッピ州立大
10/23
vs テネシー大
11/6
lsu50
vs ルイジアナ州立大
11/13
ニューメキシコ州立大
ニューメキシコ州立大
11/20
vs アーカンソー大
11/27
@ アーバン大
ミズーリ大
W, 38-19
テキサスA&M大
W, 52-24
ミシシッピ大
W, 63-48
georgia50
ジョージア大
W, 41-24
テネシー大
W, 48-17
ミシシッピ州立大
W, 41-0
ケンタッキー大
W, 63−3
アーバン大
W, 24-0
lsu50
ルイジアナ州立大
W, 55-17
アーカンソー大
W, 52-3
フロリダ大
フロリダ大(SEC)
W, 52-46
notre-dame-logo-25
ノートルダム大 (CFP)
W, 31-14
オハイオ州立大
オハイオ州立大 (CFP)
W, 52-24
シーズン
総合
SEC
2020
13−0
10−0
2019
11−2
6-2
2018
14-1
8−0
2017
13−1
7-1
2016
14-1
8−0
2015
14−1
7−1
2014
14-1
7−1
2013
11−2
7-1
2012
13−1
7−1
2011
12−1
7-1
*赤字はナショナルチャンピオン、青字はカンファレンスチャンピオン

所在地
アラバマ州タスカルーサ市
所属カンファレンス
SEC(西地区)
ホームスタジア
ブライアントデニースタジアム
通算戦績
929勝331敗43分け
通算ボウルゲーム戦績
44勝26敗3分け
ヘッドコーチ
ニック・セイバン
165勝23敗(15年目)
256勝65敗1分け(生涯通算)
前回全米優勝年度
2020年度
前回SEC優勝年度
2020年度
前回ボウルゲーム出場年度
2020年度(CFP)

見どころ

アラバマ大は昨年QBマック・ジョーンズ(Mac Jones)、WRデヴォンテ・スミス(DeVonta Smith)、WRジェイレン・ワドル(Jaylen Waddle)、RBナジー・ハリス(Najee Harris)といった超重量級オフェンスを擁してナショナルタイトルを獲得しました。

その主力選手が一挙に去りそれに加えアレックス・レザーウッド(Alex Leatherwood)、ランドン・ディッカーソン(Landon Dickerson)、デオンテ・ブラウン(Deonte Brown)らのOL選手もプロの世界へと旅立っていきました。さらには昨年の記録的オフェンス力を操ったオフェンシブコーディネーター、スティーヴ・サーキジアン(Steve Sarkisian)氏もテキサス大の新監督に就任するためにアラバマ大を去っていきました。

これだけの戦力が失われれば翌年のチーム力がガタ落ちとなるのが相場です。しかしそこはアラバマ大。ニック・セイバン(Nick Saban)監督指揮下で培われた類稀なるリクルーティング術でチームの層の厚さは毎年全米随一。「Rebuild(再構築)」のではなく「Reload(再装填)」という言葉で表現される通り、次に控えるスター候補でロースターは溢れているのが現状です。

そのアラバマ大オフェンスで今季注目を浴びるのは新QBブライス・ヤング(Brice Young)です。ジョーンズやその前のトゥア・タガヴァイロア(Tua Tagovailoa)に比べると多少小柄なヤングですが、5つ星リクルートとして次世代のアラバマ大を担う期待の新人です。まだ正QBとして試合をこなしたことはありませんが、すでに全米で10本の指に入るほどの逸材だと言われています。

しかしそれよりもハイズマントロフィー受賞者でもあるスミス、並びに彼よりもさらに早い段階でマイアミドルフィンズにドラフトされたワドルの二巨頭が抜けた穴を埋めるのはそう簡単ではありません。そこで注目されるのがジョン・メッチー・III(John Metchie III)の存在です。スミスやワドルといったスターの存在のせいであまり注目されなかったようにも思われますが、メッチーは昨年スミスに次ぐチーム2番目のレシーブヤード(916ヤード、6TD)を誇り、1プレーでのレシーブヤードの平均はスミス(15.9ヤード)を上回る数字(16.7ヤード)を叩き出しています。

ランゲームではハリスの抜けた穴を埋めなければなりませんが、それを任されるのは若きロイデル・ウィリアムス(Roydell Williams)そしてジェイス・マクレラン(Jase McClellan)、はたまたベテランのブライアン・ロビンソン(Brian Robinson)か・・・。ハリスほどのプロダクションを一人の選手に求めるのは酷ですが、3人合わせれば相手に相当なダメージを与えることも可能でしょう。

新オフェンスで最重要課題はOLの顔ぶれです。前述の通り5人中3人がプロ入りしていった訳で、オフェンスの屋台骨としてこのユニットをいかに立て直すかで若いスキルプレーヤーたちを活かせるかどうかが決まってくるでしょう。

また先にも述べたとおりOCのサーキジアン氏が去っていったためその後釜に誰を据えるのか気になるところでしたが、ここには昨年までヒューストンテキサンズの監督を務めていたビル・オブライエン(Bill O’Brien)氏が、さらにOLコーチには元ジャクソンビルジャガーズ監督のダグ・マローン(Doug Marrone)氏というビッグネームが就任。ここ数年ですっかりランヘビーオフェンスから脱皮したアラバマ大を彼らがどう指揮するのに注目が集まります。


スケジュール

サウスイースタンカンファレンス(SEC)に所属する以上、彼らのスケジュールは毎年平坦なものではありません。今年は開幕戦でアトランティックコーストカンファレンス(ACC)のマイアミ大と対戦。有名校同士のマッチアップとして注目されることは必然です。3戦目では昨年のSEC優勝決定戦での同一カードとなるフロリダ大に乗り込まなくてはなりませんし、10月に入るとテキサスA&M大とのアウェーゲームも待っています。

長年の宿敵・テネシー大は今季からジョシュ・ハイペル(Josh Heupel)監督の新体制となり未知のチーム。そして昨年戦力ダウンしたルイジアナ州立大が今季どうチームを立て直してくるかによってこの試合が重要になってくる可能性もあります。

そしてやはり最終戦である永遠のライバル・アーバン大との「アイロンボウル」。彼らも今年からブライアン・ハーシン(Bryan Harsin)新監督に率いられることになり、今までのアーバン大とは全くカラーが異なるチームに出来上がっているかもしれません。

しかし筆者が一番気になるのは第5戦目のミシシッピ大戦。このチームはかつてアラバマ大でオフェンシブコーディネーターを務めたレーン・キフィン(Lane Kiffin)監督が率いるチームであり、昨年唯一アラバマ大を試合終了まで苦しめたチーム。ハイスコアゲームに持ち込まれたらひょっとしたら・・・。

一筋縄では行かないスケジュールですが、今の所開幕前の評価は十分なアラバマ大ですから目指すは西地区を制してSECタイトルゲームに駒を進め、そして昨年に続き全米連覇を成し遂げることが最大の目標となりそうです。


関連記事

この記事が気に入ったら拡散&フォローお願いします!
Share on twitter
ツイート
この記事が気に入ったら拡散&フォローお願いします!
Share on twitter
ツイート
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
Share on email
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on email

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事