ボウルゲーム

ランキング

順位表

プレシーズン

予定/結果

順位表

第2週目の見どころ【2021年度シーズン】

第2週目の見どころ【2021年度シーズン】

オレゴン大(12位)@ オハイオ州立大(3位)

昨年予定されながらも新型コロナのパンデミックで中止になっていたこのカード。開幕戦を見る限りはオフェンスで上をいくオハイオ州立大が有利にも見えます。オレゴン大のエースDEケイヴォン・ティボデウ(Kayvon Thibodeaux)は先週の試合で足に負傷を負い途中退場しましたが、彼が出場できるかどうか、そして出場してフルパワーでオハイオ州立大に立ち向かえるのか注目です。

アイオワ大(10位)@ アイオワ州立大(9位)

「サイホークトロフィー」をかけて争われるアイオワ州内のライバリーゲーム。ここ数年で力をつけてきたアイオワ州立大ですが、今年のアイオワ大は一味違います。ランキングではアイオワ大が1つ下回っていますが、先週FCS(フットボールチャンピオンシップサブディビジョン)のノーザンアイオワ大に手こずったアイオワ州立大に対して、アイオワ大はインディアナ大を34対6で撃破。アイオワ大が対戦成績6連勝目を飾るか?

テキサスA&M大(5位)@ コロラド大

開幕序盤にトップ5に食い込んできたテキサスA&M大。彼らにとってはとにかく10月9日に予定されているアラバマ大戦をものにしなければ話を前にすすめることが出来ないわけですが、彼らの対戦相手であるコロラド大は昨シーズンから指揮を執るカール・ドレル(Karl Dorrell)監督の下でいいチームが出来上がりつつあります。試合はコロラド大のホーム。アップセットもありえる・・・かも。

テキサス大(15位)@ アーカンソー大

かつてサウスウエストカンファレンス(現在は消滅、Big 12カンファレンスに吸収合併)に所属していた宿敵の間柄。スティーヴ・サーキジアン(Steve Sarkisian)新監督の下で新たな船出を切ったテキサス大と、昨年からサム・ピットマン(Sam Pittman)監督の指揮を受けるアーカンソー大。最新のオフェンスを操るサーキジアン監督とOL畑出身でフィジカルがモットーのピットマン監督同士のぶつかり合いに注目が集まりそうです。

カンザス大 @ コースタルカロライナ大(17位)

コースタルカロライナ大にとって唯一となる「パワー5」勢の対戦相手となるのがカンザス大。コースタルカロライナ大は昨年レギュラーシーズンを無敗で乗り切る偉業を達成し、今季もその勢いは衰えていない模様。カレッジフットボール界のお荷物(失礼!)とも言われるカンザス大を相手にどれだけのスコアを叩き出せるか・・・。

ユタ大(21位)@ ブリガムヤング大

ユタ州内の覇権争いとなるこの試合。ブリガムヤング大は昨年QBザック・ウィルソン(Zach Wilson、現ニューヨークジェッツ)を主軸にセンセーショナルなシーズンを送りましたが、先週はアリゾナ大を倒す貴重な1勝をゲット。ランキングされているとは言えユタ大は油断できません。

アパラチアン州立大 @ マイアミ大(22位)

先週アラバマ大に手も足も出ずに敗れ去ったマイアミ大。ここで白星を手に入れて流れを取り戻したいところですが、「グループオブ5」出身とは言えアパラチアン州立大はこれまで数多くの「パワー5」チームを倒してきたチーム。マイアミ大も気を抜くと2連敗なんてことも十分ありえます。

ウエスタンケンタッキー大 @ 陸軍士官学校

トリプルオプションの申し子、陸軍士官学校。個人的に贔屓でもある彼らがウエスタンケンタッキー大相手にどれだけのランヤードを積み重ねることができるか注目したいです。

ピッツバーグ大 @ テネシー大

今年からテネシー大を指揮するジョシュ・ハイペル(Josh Heupel)監督。開幕戦はボーリンググリーン州立大に38対6で解消しましたが、彼にとって最初のハードルとなるこのピッツバーグ大戦をいかに乗り切れるかに注目です。

ノースカロライナ州立大 @ ミシシッピ州立大

先週開幕戦でサウスフロリダ大を45対0で完封勝利に伏したノースカロライナ州立大。あまり語られませんが彼らのプレーは非常にタフで同カンファレンス内ではクレムソン大にもある程度立ち向かうことができる戦力を持っています。一方のミシシッピ州立大は「エアーレイド」オフェンスの申し子であるマイク・リーチ(Mike Leach)監督が率いますが、ディフェンス力に難ありでSEC所属チームとは言えノースカロライナ州立大にしてやられる可能性は十分あります。

ミズーリ大 @ ケンタッキー大

SEC東地区同士の争い。ミズーリ大はイーライ・ドリンクウィッツ(Eli Drinkwitz)監督就任以来確実に力をつけてきているチーム。一方のケンタッキー大もここ最近はマーク・ストゥープス(Mark Stoops)監督の下で戦力を安定させています。以外にもこの試合はグッドゲームになる可能性大です。

ワシントン大 @ ミシガン大

対戦カードだけ見ると素晴らしい試合なようにも思えますが、先週ワシントン大は20位ながら格下モンタナ大に敗れる失態を見せてしまいこのミシガン大との試合の価値を下げてしまいました。おそらくミシガン大が快勝すると思われ彼らにとっては開幕2連勝のブースターとなりそうです。

この記事が気に入ったら拡散&フォローお願いします!
ツイート
この記事が気に入ったら拡散&フォローお願いします!
ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト