セントラルフロリダ大

[quads id=2]

第3週目レビュー

今季第3週目はランカー同士の対決がなく、とりだててエキサイティングな週末ではありませんでしたが、その代わりにランキングの下位さらにはランク外でもアップセットゲームがあちこちで見られ、それなりに話題性あふれる週末となりました。

8月29日の主な試合結果

8月29日の木曜日に開催された試合には全米1位のクレムソン大や12位のテキサスA&M大などがいきなり登場。特に2連覇を目指して発進するクレムソン大がどのような試合を披露するかに注目が集まりました。本格的に各地で開幕を迎える土曜日に先駆けて行われた数試合を振り返ります。

セントラルフロリダ大ミルトンの復帰への道

昨年11月末、サウスフロリダ大との試合で膝に大怪我を負い選手生命が危ぶまれているセントラルフロリダ大QBマッケンジー・ミルトン。ハイズマントロフィー候補にも選ばれ、将来を期待されながら怪我のせいで今後の見通しが立たない中、ミルトンの復帰への戦いは続いています。

2019年オフシーズンニュースまとめ【その10】

オフシーズン中に紹介しきれず溜まっていたニュースを掻い摘んでご紹介いたします。昨年末期の癌に蝕まれながらパデュー大のファンとして命を燃やしたタイラー・トレントくんをトリビュートするために大学が粋な計らいをした話とか、LAコロシアムの改名に関する話とか、元アーバン大監督タバーヴィル氏の政界入りの話とか。

元ノートルダム大QBウィンブッシュの転校先

ノートルダム大で2017年度シーズンに先発QBを務めるも、昨年度はイアン・ブッシュにその座を奪われていたブランドン・ウィンブッシュ。カレッジフットボールであと1年のプレー資格を残しているウィンブッシュは出場機会を求めてノートルダム大からトランスファーすることを決意。その彼の行き先は?

フィエスタボウルレビュー

25連勝中の「グループオブ5」の雄・セントラルフロリダ大を止めるべく立ちはだかったのがSECの強豪・ルイジアナ州立大。セントラルフロリダ大が2年連続無敗シーズンを送るのか、それとも大御所ルイジアナ州立大が意地を見せるのか・・・。その試合の結果はいかに?

これまでのニュース【9月28日】

ウィスコンシン大から今月4人目の退部選手 Big Tenカンファレンス所属のウィスコンシン大では先日DEケルディック・プレストン(Keldric Preston)がチームを離れたそうです。その理由は明らかにされていません。プレストンが退部したことでウィスコンシン大からは4人の選手が今年に入ってチーム

セントラルフロリダ大のシンデレラストーリー

2017年度シーズンのシンデレラストーリーといえば間違いなくセントラルフロリダ大の快進撃でしょう。「グループオブ5」の一員として開幕時から誰からも気にも留められなかった彼らでしたが、週を追うごとに勝ち星を重ね、さらに「パワー5」のチーム達の中でも無敗チームが消えていく中で注目を浴びていきました。そし

ピーチボウルプレビュー

1月1日 セントラルフロリダ大 vs アーバン大 今年のピーチボウルのマッチアップは今季唯一全勝を守っているセントラルフロリダ大(UCF)とSECの強豪アーバン大となりました。もっともどちらかといえばこのマッチメーキングは、「グループオブ5」を代表して「ニューイヤーズ6ボウル」出場権を獲得したセント

フロリダ州フットボールの新時代!

フロリダ州はテキサス州、カリフォルニア州、ジョージア州、オハイオ州などに並びユースフットボールが盛んな地域です。ここには数多くの若い選手たちが腕を競い合い、その結果高い能力を持った高校生たちを多数輩出してきました。それはカレッジチームたちのリクルーティングにおいて非常に重要な地域であることを示してい

「ナショナルサイニングデー」のあれこれ(2017年版)

今年も笑いあり涙あり(?)だった(と思われる)高校リクルート達の祭典「ナショナルサイニングデー(National Signing Day)」。今回はこの「ナショナルサイニングデー」に関する色々な話をかき集めてみました。 ケンタッキー大に決めたクラーク君の場合 元々オハイオ州立大に進学を決めていたQB