2022年NFLドラフトで注目の選手たち【DL編】

2022年NFLドラフトで注目の選手たち【DL編】

2022年のNFLドラフトまであと僅か。今年はネバダ州ラスベガス市で行われます。もともとラスベガスは2020年のNFLドラフト会場として決まっていましたが、新型コロナのパンデミックで2020年のドラフトはバーチャルで行われました。ということで今回が史上初のラスベガスでのNFLドラフト開催となります

  • 4月28日(第1日目):第1巡目
  • 4月29日(第2日目):第2巡目&第3巡目
  • 4月30日(第3日目):第4巡目〜第7巡目

QB、RB、WR/TE、OLに続くポジション別の注目選手を紹介する第5回目はDL陣に焦点を当て、注目選手たちをサクッと浅く(笑)見ていきたいと思います。

関連記事2022年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】
関連記事2022年NFLドラフトで注目の選手たち【RB編】
関連記事2022年NFLドラフトで注目の選手たち【WR/TE編】
関連記事2022年NFLドラフトで注目の選手たち【 OL編】

ジョーダン・デーヴィス(ジョージア大)


Embed from Getty Images

昨年度のナショナルチャンピオンであるジョージア大の快進撃の軸はその強力なディフェンス陣でした。そのフロントラインを構えるDL陣において破壊的なパワーで相手OL陣の脅威となったのがジョーダン・デーヴィス(Jordan Davis)です。

6フィート6インチ(約198センチ)、340パウンド(約154キロ)という超巨漢ながらそれに見合わぬ機動力の持ち主。ダウンフィールドへのチェイシングもDTとは思えぬ素早さ。こんな巨漢に全速力で追いかけられたら・・・と思うと末恐ろしいです。

またスカウティングコンバインでの40ヤードダッシュでは脅威的な4.78秒をマーク。NFLでは即戦力として期待大。今ドラフトで超目玉選手の1人です。


エイダン・ハッチンソン(ミシガン大)


Embed from Getty Images

昨年カレッジフットボールプレーオフ(CFP)に初出場を果たしたミシガン大。そのディフェンス陣のスター選手だったのがDEエイダン・ハッチンソン(Aidan Hutchinson)でした。

2年生時にはすでに70近いタックル数を獲得して将来を担う選手としての片鱗を見せたハッチンソン。しかし2020年度シーズンは新型コロナのパンデミックでシーズンが短くなってしまった上に開幕3試合目となったインディアナ大戦で足を骨折し戦線を離脱していました。

ただ昨年はその鬱憤を晴らすかのような活躍でトータル55個のタックル、そしてTFL(タックル・フォー・ロス)は15個も獲得。またトータルQBサック数は14個でこれはミシガン大の1シーズン中の最多QBサック数となるなどしNFLスカウト陣の目を大いに引きました。

全米最優秀選手賞とも言えるハイズマントロフィーレースでは最終候補に選ばれ受賞したアラバマ大QBブライス・ヤング(Bryce Young)に次ぐ2位という、ディフェンダーであることを考えれば昨年のエッジラッシャーとしては最高峰の評価を得るハッチンソン。

今の所総合ドライチ指名権を保持しているジャクソンビルジャガーズがハッチンソンを指名するという予想がついていますが果たして・・・。

【ハイライト動画】

【ハイライト動画】

トレヴォン・ウォーカー(ジョージア大)


Embed from Getty Images

上記のデーヴィスと共にジョージア大のディフェンシブラインを固めたのがこのトレヴォン・ウォーカー(Travon Walker)。

インサイドのデーヴィスに対してアウトサイドの要となったウォーカーは昨季37タックルに5QBサックを計上。しかしウォーカーの活躍はこの数字だけでは表せないものがありました。

6フィート5インチ(約195センチ)275パウンド(124キロ)という体型ながら素晴らしい運動能力を誇り、40ヤードダッシュは4.51秒を叩き出しました。コンタクト時の強さ、更には腕の長さもプロの世界で成功できる規格を誇っており、パスカベレージにも対応できることを考えれば非常に汎用性の高いDEといえます。

シーズン終盤から徐々にスカウト陣の注目を集めてきたこのウォーカー。ひょっとしたら今ドラフトで一番最初に指名を受けるDL選手かもしれませんよ。

【ハイライト動画】

ケイヴォン・ティボデウ(オレゴン大)


Embed from Getty Images

オレゴン大で1年生時から名声を馳せたケイヴォン・ティボデウ(Kayvon Thibodeaux)。その彼もいよいよ2022年のドラフトに満を持して殴り込みます。

2021年度開幕時から総合ドライチ候補として評価が爆上がりだったティボデウ。この年はタックル総数49個にQBサックに7個という数字を残しましたが、一方で怪我で悩まされたシーズンでもありそれがなければもっと存在感を残せていたかもしれません。

サイズに似合わないクイックネスとスピードで相手OTを撹乱しQBの驚異となり続けてきたティボデウ。今年は前述の通り怪我やチームが後半失速してしまったこと、更には他のDL選手の台頭により総合的な評価は落ちてしまいました。また勤勉度などに疑問を持たれるなどし、過去のようなドライチ候補というラベルは剥がされてしまいました。

とはいえ、才能は証明済みですからおそらく1巡目ないし2巡目という好順位でプロ入りを決めることになるでしょう。

【ハイライト動画】

ジョージ・カーラフティス(パデュー大)


Embed from Getty Images

パデュー大ジョージ・カーラフティス(George Karlaftis)も今ドラフトで徐々に株を上げてきたDEです。

1年生時に7.5個のQBサックを記録してフレッシュマンオールアメリカンに選出されたカーラフティス。2年生だった2020年度は怪我に悩まされて思い通りのプレーができませんでしたが、昨シーズンは12試合に出場してトータル39タックル、そのうちTFLが10個。QBサックも4.5記録し今ドラフトへ早期入りを果たしました。

無尽蔵の走力、スナップ時の爆発力、そしてハンドテクニックの起用さも相まってリーグでは即戦力となると期待される選手。パデュー大出身選手としては2011年のライアン・ケリガン(Ryan Kerrigan、元ワシントンフットボールチーム、現在フリーエージェント)以来の1巡目選出DEとなるか?

【ハイライト動画】

その他の候補者たち

ドレイク・ジャクソン(Drake Jackson、サザンカリフォルニア大DE)
デヴィッド・オジョボ(David Ojabo、ミシガン大DE)
アーノルド・エビケティ(Arnold Ebiketie 、ペンシルバニア州立大大DE)
デマーヴィン・リール(DeMarvin Leal、テキサスA&M大DT)
ジャーメイン・ジョンソン・II(Jermaine Johnson II、フロリダ州立大DE)
デヴォンンテ・ワイアット(Devonte Wyatt、ジョージア大DT)
ローガン・ホール(Logan Hall、ヒューストン大DE)

👇 記事が気に入ったらいいねやリツイートで拡散お願いいたします!

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
NFL DRAFT 
ドラフトの基礎知識!

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト