2022年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】

2022年NFLドラフトで注目の選手たち【QB編】

2022年のNFLドラフトまであと5週間。今年はネバダ州ラスベガス市で行われます。もともとラスベガスは2020年のNFLドラフト会場として決まっていましたが、新型コロナのパンデミックで2020年のドラフトはバーチャルで行われました。ということで今回が史上初のラスベガスでのNFLドラフト開催となります

  • 4月28日(第1日目):第1巡目
  • 4月29日(第2日目):第2巡目&第3巡目
  • 4月30日(第3日目):第4巡目〜第7巡目

今回から数回に渡り当サイトでも昨年カレッジ界で活躍した選手たちがNFLドラフトでどのチームに引っこ抜かれるのかを検証すべく今年の注目選手たちをサクッと浅く(笑)見ていきたいと思います。

まずは手始めに今回はQBにスポットライトを当ててみます。

マリク・ウィリス(リバティー大)


Embed from Getty Images

NCAA1部の上位サブディビジョンであるFBS(フットボールボウルサブディビジョン)はさらに上位カンファレンス群の「パワー5」と中堅カンファレンス群の「グループオブ5」に分けれれていますが、それ以外の独立校であるリバティー大の先発QBだったマリク・ウィリス(Malik Willis)の株は現在急上昇中です。

もともとはSEC(サウスイースタンカンファレンス)所属のアーバン大部員でしたが2019年度シーズン終了後にリバティー大に転校。以来試合出場機会を得たウィリスは水を得た魚のようにその存在感をアピールしてきました。

6フィート1インチ(約185センチ)215パウンド(約97キロ)と大型というQBではありませんが機動系QBとしては悪くない体格。2020年は2260ヤード(20TD、6INT)、2021年は2857ヤード(27TD、12INT)を記録。また走っては2020年に944ヤード(14TD)、2021年は878ヤード(13TD)とハイブリッドQBとして今季ドラフト入りQB界隈では最も注目されています。

リバティー大の監督はかつてミシシッピ大でアラバマ大を食うチームを育て上げたヒュー・フリーズ(Hugh Freeze)監督。彼の指導力がウィリスをエリートQBに昇華させたとも言えます。

投力には定評がありますがパスの精度に若干の不安材料も。しかしながら際立ったQB候補がいないと言われる今季のドラフトでは先日行われたスカウティングコンバインを通じて彼の株が急上昇しています。

またそのコンバインでは人格者としての片鱗も見せトラブルメーカー的な問題は無さそう。即先発候補QBというわけでは無さそうですが、QBに高い機動力が求められる昨今においてウィリスの能力は大変魅力的と言えそうです。

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】


ケニー・ピケット(ピッツバーグ大)


Embed from Getty Images

昨シーズン開幕後から徐々に株を上げていったのがピッツバーグ大ケニー・ピケット(Kenny Pickett)でした。

2年生時から試合に出場し続けていますがエリートQBとして皮が剥けたのは昨年度。これはOCだったマーク・ウィプル(Mark Whipple、現ネブラスカ大OC)氏の手腕が大きいとされますが、昨年は4319ヤード(42TD、7INT)、パス成功率67.2パーセントと昨季のQB界隈ではトップレベルに成長しました。

6フィート3インチ(約190センチ)220パウンド(約100キロ)という恵まれた体型。上に挙げたウィリスと比べれば機動系QBというわけではありませんが、スクランブルからの脚力はそれなりにある模様。時にはこんな悪知恵を働かすことも。

ハイズマントロフィー授賞式にも招待され今季のQB陣の中では最も高い順位でドラフトされると思われていましたが、ドラフトまでの過程の中で彼の掌のサイズが小さすぎると話題に。最低でも9インチはあったほうがいいと言われる中で、ピケットのサイズは8.5インチだったということでこれがドラフトでの順位に影響を及ぼすとか及ぼさないとか・・・。

現役中はこれを補うためかピケットは右手にもグローブをつけてプレーしてきました。投げることに関しては問題は無さそうですが、一方でピケットは大学在学中に合計38回ボールをファンブルしてそのうち26回ロストしています。これが直接手の大きさが関係しているかどうかははっきりとはわかりませんが・・・。

一方で手が小さいとされたジョー・バロウ(Joe Burrow、元ルイジアナ州立大、現試ンシナティベンガルズ)はサイズが9インチですが、ご存知の通り昨シーズンはチームを見事にスーパーボウルへ導いています。

果たしてスカウト勢はピケットの掌のサイズを重視するでしょうか?

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】

マット・コラル(ミシシッピ大)


Embed from Getty Images

昨年チーム最多勝利数(タイ)である10勝を挙げたミシシッピ大。その中核を成したのがQBマット・コラル(Matt Corral)でした。

2年生だった2019年に先発QBに指名されますが鳴かず飛ばずな数字しか残せませんでした。しかし2020年にオフェンスの奇才レーン・キフィン(Lane Kiffin)監督がHCに就任するとコラルのパフォーマンスが激変。2019年には1362ヤード(6TD、3INT)だったところ、2020年は3337ヤード(29TD、14INT)と大きく数字を伸ばすと、昨年の2021年度も3343ヤード(20TD、5TD)とし、特にINTの数が激減したことが大きくシーズン中盤からハイズマントロフィー候補選手として名を馳せました。

ポストシーズンでは数々のドラフト候補選手たちが怪我を恐れてドラフトでの株を下げないためにオプトアウト(試合出場回避)する中でコラルはシュガーボウルに出場。「同じ釜の飯を食った仲間と最後までシーズンをやり切る」という男気を見せますが、残念ながら第1Qに足首を負傷して退場。しかしそのチームへの貢献度から試合中にはファンからスタンディングオベーションが送られました。

QBはチームオフェンス並びに全体のリーダーたる選手。そういった意味ではチームのため、仲間のために怪我への危険をかえりみずにシュガーボウルへ出場したコラルへの評価は高いと言えます。

パサーとしてだけでなくランナーとしてもそのタフさを見せたコラル(2021年は614ヤードに11TDを獲得)。シュガーボウルでの怪我のせいで先日のスカウティングコンバインには参加しませんでしたが、昨シーズン通して見せたパフォーマンスをすれば、即先発でなくても彼を獲得するために手を上げるチームはいるはずです。果たしてコラルはプロで花咲かせることができるでしょうか?

【ハイライト動画】

サム・ハウウェル(ノースカロライナ大)


Embed from Getty Images

昨年は2年前ほどの活躍度を見せることができませんでしたが、ノースカロライナ大サム・ハウウェル(Sam Howell)も今季ドラフトで指名を受けるであろうとされるQBです。

2019年度から1年生として先発出場。過去3年間でそれぞれのシーズンで3000ヤード越えのパスヤードを記録。特に2020年度シーズンは3586ヤード(30TD、7INT)に68パーセントのパス成功率を誇ってトップQBの仲間入り。

その結果2021年度開幕時にはハイズマントロフィー候補にも名を連ねました。ただチームは6勝7敗と惨敗しそれに伴いハウウェルの名前はシーズン序盤から轟くことはありませんでしたが・・・。

ただ2021年度はパスに加えて足でもヤードを稼げることを披露。828ヤードに11TDをランで記録したのは目を引きます。

プレースタイル、投球フォーム、そしてその様相までが元オクラホマ大ベーカー・メイフィールド(Baker Mayfield)に酷似していると比較されます。シーズン中に活躍できなかったのは確かに痛手でしたが、それでも大学3年間の間に彼の持つポテンシャルは十分に披露できたと思います。

あとは彼に出場機会が回ってくるような「運」を持ち合わせているかどうかですが・・・。

【プロデーでの様子】

【ハイライト動画】

その他の候補者たち

デスモンド・リダー(Desmond Ridder、シンシナティ大)
カーソン・ストロング(Carson Strong、ネバダ大)
ベイリー・ザッぺ(Bailey Zappe、ウエスタンケンタッキー大)
ジャック・コーン(Jack Coan、ノートルダム大)
E.J.ペリー(E.J. Perry、ブラウン大)
スカイラー・トンプソン(Skylar Thompson、カンザス州立大)

👇 記事が気に入ったらいいねやリツイートで拡散お願いいたします!

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
NFL DRAFT 
ドラフトの基礎知識!

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト