元ルイジアナ州立大監督のマイルズ氏の再就職先は・・・

私が大好きな監督の中に元ルイジアナ州立大レス・マイルズ(Les Miles)氏がいます。オクラホマ州立大で成功した後ルイジアナ州立大の監督に就任して2007年度シーズンにチームをナショナルチャンピオンに育て上げた名将です。ただ残念ながら2016年度シーズン途中にヘッドコーチの職を解かれ、現在まで現場復帰を果たしていません。

【関連記事】ルイジアナ州立大のマイルズ監督が解雇

これまでヒューストン大アリゾナ大などで監督の空きが出るたびに彼の名が浮上してきましたが、結局未だマイルズ氏にヘッドコーチを任そうとオファーするチームは現れていません。SECの強豪・ルイジアナ州立大でナショナルチャピオンにも輝いたことのある人物になぜ触手が伸びないのか不思議でならないのですが・・・。

彼自身は現場復帰の意思があることを公言していますが、現場を退いて以来これまでカレッジフットボールの試合のアナリストなどを務めてきました。働かざる者食うべからず、と言いますから、現場復帰が叶うまで何か他にも別の仕事をしなければならないわけで(もっともマイルズ氏はルイジアナ州立大からのバイアウト費で何もしなくても暮らしていけることでしょうが笑)、現場に戻るまでの繋ぎで解説者を務めているのでしょうが、それだけでは物足りなかったのかマイルズ氏は別の職種にも挑戦しています。

それが・・・俳優の道でした。

「誰でも一度は『映画に出て見たい!』という夢を持った事があるんじゃないでしょうか?私も子供のころフットボールの監督になりたいだとか、大統領になりたいだとか夢見ていましたが、同じように映画俳優になって見たいとも思ったものでした。人生は一度きりです。後悔したくはないじゃないですか!」とマイルズ氏は映画に出演する夢を語っていました。

そしてマイルズ氏はこの夏に公開予定の「Angry Man」という映画にすでに出演が決まっているそうです。これは1986年に爆発事故を起こしたスペースシャトルのチャレンジャー号に関するお話という事で、マイルズ氏は米宇宙航空局(NASA)のおエラ方の局員の一人を演じているとの事。

http://www.imdb.com/title/tt7783966/mediaviewer/rm1433488128

(真ん中の白いワイシャツの男性がマイルズ氏!)

実はこのサイトでも昔紹介しましたが、マイルズ氏が映画出演するのはこれが初めてではありません。「Camera Obscura」(2017年)という映画では警官の役、またまだルイジアナ州立大で監督していた2014年に「When the Game Stands Tall」というフットボールの映画でスカウトマン役で登場もしています。警官の役のニュースを紹介した時は「どうせ一度きりだろ」と思っていましたが、まさか本格的に俳優になりたがっていたとは・・・(笑)。