ユタ大

[quads id=2]

Pac-12優勝決定戦プレビュー

2019年度のPac-12カンファレンス優勝決定戦、全米5位のユタ大と13位のオレゴン大がカリフォルニア州サンタクララ市にあるリーヴァイススタジアムで12月6日に激突。カレッジフットボールプレーオフ進出もかかったこの大舞台の見どころを紹介します。

第10週目レビュー

今季11月最初の週末は各地で多くのチームがバイウィーク(試合のない週)を過ごす中、カレッジフットボール界でも著名なライバリー、Pac-12カンファレンス内での重要な試合、そして「グループオブ5」チーム同士の一騎打ちなど見どころはしっかりとありました。そんな第10週目を振り返ります。

8月29日の主な試合結果

8月29日の木曜日に開催された試合には全米1位のクレムソン大や12位のテキサスA&M大などがいきなり登場。特に2連覇を目指して発進するクレムソン大がどのような試合を披露するかに注目が集まりました。本格的に各地で開幕を迎える土曜日に先駆けて行われた数試合を振り返ります。

大幅なオーバーホールが必須なポジションを持つチーム八選

毎年ロースターが入れ替わるカレッジフットボール界において、どれだけの選手が前年度から繰り越しでチームに残留するかは、来るシーズンへの準備段階で非常に重要な要素となってきます。特に多くの経験豊富な3、4年生を多く抱えることができるチームにとってそれは大きな財産となります。

元アラバマ大QBベイトマン、ユタ大へ

昨シーズンアラバマ大からの転校を表明していたQBクーパー・ベイトマン(Cooper Bateman)がPac-12カンファレンスのユタ大へ行ったことが明らかになりました。今月から同大の生徒としてクラスに通い始めているベイトマンはウォークオン(Walk-on:非スカラシップ待遇)選手としてチームに合流

長期政権を担うヘッドコーチ十傑 ⑤

4位:カイル・ウィッティンガム(Kyle Whittingham)- ユタ大 ユタ州にあるブリガムヤング大(BYU)で11年間チームを指揮して来たブロンコ・メンデンホール(Bronco Mendenhall)氏が今年からバージニア大を指揮するためにチームを去りました。BYUでは今年は変化の年となりそ

12月19日のボウルゲーム結果

いよいよ2015年度のポストシーズン、ボウルゲームが始まりました。 以前にも述べましたが、今季はボウルゲームが40試合もあります(ナショナルチャンピオンシップを除く)。そして未だに40と言う数字は多すぎると思いますし、それにより今季は負け越しチームも数合わせのために出場出来てしまうと言う事態が起きて

ラスベガスボウルプレビュー

Embed from Getty Images Pac-12のユタ大とマウンテンウエストカンファレンスのブリガムヤング大とのユタ州内対決となった今年のラスベガスボウル。 もともとライバル同士のこのマッチアップはブリガムヤング大のレジェンダリーヘッドコーチ、ラヴェル・エドワーズ(LaVell Edwa