各年代のベストチームランキングトップ10:1910年代 - ANY GIVEN SATURDAY

各年代のベストチームランキングトップ10:1910年代

1910年代

Embed from Getty Images

この時期ノートルダム大を率いた名将ニュート・ロックニ監督

順位チーム勝率(勝敗数)
1ハーバード大84%(65勝7敗5分け)
2ノートルダム大83%(46勝6敗3分け)
3テキサス大77%(64勝18敗1分け)
4ジョージア工科大76%(66勝16敗4分け)
5ミネソタ大75.36%(52勝13敗4分け)
6ネブラスカ大75.32% (58勝13敗6分け)
7アーバン大75.0%(60勝16敗4分け)
8ジョージタウン大71.79%(56勝18敗4敗)
9バンダビル大71.76%(61勝19敗5分け)
10ジョージア大61%(43勝18敗9分け)

1910年代の顔ぶれはご覧の通り前年代とがらりと変わりました。

大きな原因は第1次世界大戦が起きたことです。多くの大学がこの大戦のせいで試合を行えなくなり、リストを見て分かるように絶対的な試合数が激減しました。それに伴いこれまで栄華を築いてきたイェール大、そして北の雄ミシガン大が苦戦。

そんな中僅差で1位にランクされたのはハーバード大。ハーバード大は勝率ではイェール大に劣ってきたものの、古参チームとして最後まで意地を見せ続けました。そこに僅差に迫ったのがかのノートルダム大です。この時期ノートルダム大を率いたニュート・ロックニ(Knute Rockne)監督がフットボール史上初めてフォワードパスを使用したと言われています。

そして他の地域を見ても現在強豪と言われるチームが軒並み顔を揃えています。

中東部からはネブラスカ大、南部からはテキサス大、深南部からアーバン大ジョージア工科大ジョージア大バンダビル大、そして東海岸からはハーバード大に加えジョージタウン大と地理的に言うとロッキー山脈から東側に多くのチームが存在しました。

第1次世界大戦が終わり、世の中がつかの間の落ち着きを取り戻すと、ここまで名門私学チームに食い下がってきたミネソタ大のような創成期から存在するパワーハウスがフェイドアウトし、いよいよ勢力が全米中に広がります。これによってカレッジフットボールは「戦国時代」に突入していくこととなります。

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on twitter
Share on twitter
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
RELATED POSTS 
関連記事
RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事