マイルズ氏が敏腕エージェントを雇う - ANY GIVEN SATURDAY

マイルズ氏が敏腕エージェントを雇う

マイルズ氏が敏腕エージェントを雇う

レス・マイルズ(Les Miles)氏がルイジアナ州立大の監督の職を解かれてから数週間が経ちましたが、来年の職探しの為にマイルズ氏が動き出したようです。

その証拠として先日マイルズ氏は著名なエージェントであるトレース・アームストロング氏と契約を結んだそうです。アームストロング氏はオハイオ州立大アーバン・マイヤー(Urban Meyer)氏、ノートルダム大ブライアン・ケリー(Brian Kelly)氏、ヒューストン大トム・ハーマン(Tom Herman)氏らのマネージメントを務め、カレッジフットボール業界では大変な敏腕エージェントして有名です。

ルイジアナ州立大では11年間で114勝34敗、ナショナルタイトル1つにSECタイトルも複数獲得しているマイルズ氏はここ2年間チームが下降の一途をたどった責任を取る形で今シーズン途中にルイジアナ州立大から解雇されました。すでにマイルズ氏は来年もどこかのチームでヘッドコーチ業に復帰したいという意向を示していますので、アームストロング氏のコネとマネージメント力に頼り確実に来シーズンも現場に戻って来れるように作戦を練っているようです。

ルイジアナ州立大はマイルズ氏を解雇するにあたりバイアウト費として残りの契約年(6年間)の間に彼に960万ドル(約10億円)を支払うことで合意しているという事ですが、もし彼がどこかのチームに監督として就任することになるとこの額から新チームが支払うサラリーの分だけ減額されるという事です。

今のところマイルズ氏は何もしなくても家に居るだけで毎年133万ドル(約1億5000万円)が懐に入ってくる訳ですから、少しは羽を休めるのも悪くはないとは思うのですが、それを捨ててでも現場に戻りたいと思っているという事はよほどコーチングが大好きなのか、それとも職業病なのか・・・。個人的には彼の姿をいち早くサイドラインで見たいと思います。

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on twitter
Share on twitter
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
RELATED POSTS 
関連記事
RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ
TAGS 
キーワードから記事を探す
この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket
Share on twitter
Share on twitter
Share on facebook
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on facebook
Share on pocket
Share on facebook
RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事