グループオブ5カンファレンス

アメリカンアスレティックカンファレンス

概要

略称/通称:AAC(エーエーシー)/The American(ジ・アメリカン)
創設:2013年(オリジナルのBig Eastカンファレンスは1979年)

1979年に東海岸に発足したBig EastカンファレンスはBCS時代には「BCSカンファレンス」の一員としてカレッジフットボール界の最前線で活躍していましたが、2003年から2010年の間に全米で起こったカンファレンス再編成の波に飲み込まれ、フットボールとしてのBig Eastは2013年に消滅。その母体を受け継いで出来たのがアメリカンアスレティックカンファレンスです。現在はグループオブ5の一員と位置づけられていますが、その中でももっともパワー5に対抗出来るカンファレンスだと言われています。

AAC所属チームの分布図

所属チーム

 西地区 東地区
ヒューストン大
シンシナティ大
メンフィス大
テンプル大
海軍士官学校
イーストカロライナ大
サザンメソディスト大
セントラルフロリダ大
トゥレーン大
コネチカット大
タルサ大
サウスフロリダ大
カンファレンスUSA

概要

略称:C-USA
創設:1995年

1995年に消滅したメトロカンファレンスとグレートミッドウエストカンファレンスが合併して出来上がった、比較的新しいカンファレンス。そのためチームは北はバージニア州、南はフロリダ州、西はテキサス州までに散らばっています。設立以来徐々に力をつけてきましたが、2005年に全米でおきたカンファレンス再編成の波に飲み込まれ、2005年から2015年の間に大多数(10チーム)のメンバーがAACやACCに引き抜かれていってしまいます。カンファレンスの存在も危ぶまれましたが、2013年と2014年に9チームを補充し何とか頭数を揃えました。現在のメンバーで1995年の創立メンバーなのはサザンミシシッピ大とアラバマ大バーミンガム校(UAB)の2チームのみです。

カンファレンスUSA所属チームの分布図

所属チーム

 西地区 東地区
ルイジアナ工科大
シャーロット大
ノーステキサス大
フロリダアトランティック大
ライス大
フロリダインターナショナル大
サザンミシシッピ大
マーシャル大
テキサス大エルパソ校
ミドルテネシー大
テキサス大サンアントニオ校
テキサス大サンアントニオ校
オールドドミニオン大
ウエスタンケンタッキー大
ミッドアメリカンカンファレンス

概要

略称/通称:MAC(マック)
創設:1946年

アメリカ五大湖周辺の州に位置するチームたちで構成されているカンファレンス。中堅カンファレンスでありながら、ベン・ロスリスバーガー(Ben Roethlisberger、マイアミ大)、バイロン・レフトウィッチ(Byron Leftwich、マーシャル大/現カンファレンスUSA)、チャド・ペニントン(Chad Pennington、マーシャル大)、チャーリー・バッチ(Charlie Batch、イースタンミシガン大)、ブルース・グラッドカウスキー(Bruce Gradkowski、トレド大)といったNFL級のQBを輩出してきた事から「クォーターバックのカンファレンス」と言われることもあります。

MAC所属チームの分布図

所属チーム

 西地区 東地区
ボール州立大
ボーリンググリーン州立大
セントラルミシガン大
ケント州立大
イースタンミシガン大
マイアミ大
ノーザンイリノイ大
オハイオ大
トレド大
アクロン大
ウエスタンミシガン大
バッファロー大
マウンテンウエストカンファレンス

概要

略称:MWC
創設:1999年

アメリカ大陸の西側、ハワイ州・カリフォルニア州からロッキー山脈の間に位置するチームにが集まって出来たカンファレンス。元々ウエスタンアスレティックカンファレンス(WAC)に属していた空軍士官学校、ブリガムヤング大(2011年に脱退)、コロラド州立大、ネバダ大ラスベガス校(UNLV)、ニューメキシコ大、サンディエゴ州立大、ユタ大(2011年に脱退)、ワイオミング大がWACから撤退して新たに立ち上げたのがこのMWCです。WACが2013年度を最後にフットボールを廃止するとさらに多くのWACチームがMWCに流れ着きました。このカンファレンスを引っ張るのはかつて「BCSバスター」として名を馳せたボイジー州立大です。

WMC所属チームの分布図

所属チーム

 西地区 山岳地区
フレズノ州立大
空軍士官学校
ハワイ大
ボイジー州立大
ネバダ大
コロラド州立大
ネバダ大ラスベガス校
ニューメキシコ大
サンディエゴ州立大
ユタ州立大
サンノゼ州立大
ワイオミング大
サンベルトカンファレンス

概要

創設:1976年(フットボールは2001年から)

もともとはフットボール部を持たないカンファレンスでしたが、2000年前後からフットボール部を持つ大学がサンベルトカンファレンスに合流した事によりに2001年からカンファレンス内でフットボールリーグを発足。フットボールカンファレンスとしては最も新しいカンファレンスとなりました。元々アメリカ南部のチームが所属するチームですが、最近では新しくFBSに昇格してきたチームの受け皿となる傾向があります。

サンベルトカンファレンス所属チームの分布図

所属チーム

アパラチアン州立大
アーカンソー州立大
コースタルカロライナ大
ジョージアサザン校
ジョージア州立大
ニューメキシコ州立大
ニューメキシコ州立大
アイダホ大
ルイジアナ大ラフィエット校
ルイジアナ大モンロー校
サウスアラバマ大
テキサス州立大
テキサス州立大
トロイ大
(注)ニューメキシコ州立大とアイダホ大は2017年度シーズン後に脱退予定

カンファレンスへ戻る

カレッジフットボールの基礎知識!へ戻る