2015年度シーズン

2015年度ファイナルAPランキング発表

今シーズンのファイナルAPランキングが発表され、クレムソン大を破りナショナルチャンピオンに輝いたアラバマ大が当然ながら全米ナンバーワンの座を掴みました。

祝!アラバマ大優勝・栄光の軌跡

今季見事全米の頂点に立ったアラバマ大。今回は彼らがどのようにしてここまでたどり着いたのか、写真を交えて振り返ってみたいと思います。

CFPナショナルチャンピオンシップ:リキャップ

第1Q 試合はアラバマ大のキックオフで開始。アラバマ大、クレムソン大の互いの最初の攻撃は無得点となります。お互いが緊張をほぐすような、相手の出方を見るような滑り出しです。 試合が動いたのはアラバマ大の2回目の攻撃。フィールド中央50ヤードラインで3rdアンド1という状況からアラバマ大エースRBデリッ

ナショナルチャンピオンシップ展望:総括

  #2 アラバマ大 クリムソンタイド 戦績:13-1 (8-1) SEC 1月11日午後8時半キックオフ(ET) #1 クレムソン大 タイガース 戦績:14-0 (9-0) ACC 平均ヤード 今季の記録 平均ヤード 219.4 (68th) パスオフェンス 283.4 (26th) 2

ナショナルチャンピオンシップ展望:見どころ④

  全勝で全米1位なのにアンダードッグなクレムソン大 クレムソン大はこれまで負けなしの14勝0敗で、このナショナルチャンピオンシップで勝利することが出来ればFBSチームで史上初の15勝0敗という記録を打ち立てることが出来ます。プレーオフランキングが発表されて以来彼らが常にナンバーワンにラン

ナショナルチャンピオンシップ展望:見どころ③

最強・アラバマ大は陥落するのか? セミファイナルとなったコットンボウルでは、万全のアラバマ大がどれだけのパワーを持っているかをまざまざと目の当たりにしました。見渡す限り、このチームに弱点など到底見つける事などで来ません。 何度も言うようですがアラバマ大ディフェンスは近代カレッジフットボールにおいてほ

ナショナルチャンピオンシップ展望:見どころ②

ファイティングスタイル チャンピオンシップゲームは時として、似通ったチーム同士の対決だとそれぞれのチームのスタイルがマッチアップ的に良くないと言うケースが見受けられます。例えばセミファイナルだったコットンボウルのアラバマ大対ミシガン州立大の一戦。この試合ではどちらもディフェンスが強みのチーム同士の戦

ナショナルチャンピオンシップ展望:見どころ①

全米トップレベルのバトル CFPセミファイナルゲームは正直いって残念な結果に終わりました。クレムソン大はオクラホマ大を、アラバマ大はミシガン州立大をまったく寄せ付けず、内容としては面白みのないゲームとなってしまいました。そのせいもあり、これらセミファイナルゲームの視聴率は昨年のものより格段と低くなっ

ナショナルチャンピオンシップ展望:クレムソン大ディフェンス

ディフェンシブライン クレムソン大ディフェンシブラインの強さは相手のランアタックをスクリメージラインで止めることが出来る事です。また3rdダウンや4thダウンのショートヤード下では相手のコンバージョン率は44パーセントという数字もあります。これは全米でもトップ3の数字です。 DLを束ねるのはDEシャ

ナショナルチャンピオンシップ展望:クレムソン大オフェンス

  クレムソン大オフェンスは基本的にスプレッドオフェンスを用い、それにQBとRBを併用したランアタックを混ぜてきます。アラバマ大が今季対峙して来た相手ではアーバン大によく似ていますが、クレムソン大のパスオフェンスの方が格段に正確です。全米11位となるトータルオフェンスが示すように、クレムソ

ナショナルチャンピオンシップ展望:アラバマ大オフェンス

アラバマ大のオフェンスはごく稀に「ハリーアップオフェンス」(ノーハドルのようなものです)を仕掛けてきますが、基本はランアタック重視のプロスタイルオフェンスです。もちろんそのランアタックを担うのはハイズマントロフィー受賞RBデリック・ヘンリー。しかしやはり見逃せないのはヘンリーに道を開けるアラバマ大オ

ナショナルチャンピオンシップ展望:アラバマ大ディフェンス

今季のナショナルチャンピオンを決めるクレムソン大とアラバマ大との一大決戦をいよいよ3日後に控えました。ここからは時間が許す限りこの試合のプレビューをアップしたいと思います。 今回はアラバマ大のディフェンス陣を見てましょう。 このユニットはおそらく今季カレッジフットボール界で最強のユニットだと思います

大晦日のCFP準決勝戦のTVレーティングが大幅に減少

昨年のカレッジフットボールプレーオフ(CFP)準決勝戦のTVレーティング(日本で言う視聴率のようなものです)は非常によいものでしたが、今年のそれは目を覆いたくなるような結果となってしまいました。

今季のボウルシーズンで分かった5つの事

今季のボウルシーズンもナショナルチャンピオンシップを残すだけとなりました。 今年は実に40試合ものボウルゲームがスケジュールに組まれ、良いゲームもそうでないゲームもありましたが、今年の全日程もあと1週間で終わろうとしています。ここでここまでのゲームを通して感じた事を5つばかり挙げてみようと思います。

これまでのボウルゲームの結果

ボウルシーズンもいよいよ佳境に入り、残す試合数も僅かとなりました。大晦日には2つのCFP準決勝戦が行われ、クレムソン大、アラバマ大がそれぞれ勝ち上がり両校が1月11日のナショナルチャンピオンシップゲームで激突する事が決まりました。 年末年始でなかなか時間が取れず、タイムリーにボウルゲームの結果などを

シトラスボウルプレビュー

ミシガン大ウルブリンズ(9勝3敗、6勝2敗 Big Ten) 昨シーズン、前ヘッドコーチ、ブレディ・ホーク氏に指揮されたミシガン大は非常に稀であるボウルゲーム出場を逃すと言う失態を犯してしまいました。今季新監督として就任したミシガン大出身のジム・ハーボー監督は初年度にも関わらず9勝3敗という嬉しいサ

オレンジボウルプレビュー

  オクラホマ大 スナーズ 戦績:11-1 (7-1) Big 12 12月31日午後4時キックオフ(ET) クレムソン大 タイガース 戦績:13-0 (9-0) ACC 平均ヤード 今季の記録 平均ヤード 307.9 (18th) パスオフェンス 288.5 (24th) 235.0 (