2018年度NFLドラフトで注目の選手たち【DB編】

ミンカー・フィッツパトリック(Minkah Fitzpatrick、アラバマ大)

Embed from Getty Images

3年生ながらベストDBに贈られるジム・ソープ賞とベストディフェンダーに贈られるチャック・ベドナリク賞を受賞したトップコーナーバック。今ドラフトで1、2を争うディフェンダーとされています。

シーズンタックル数パスブロックINT(TD)
20176071(0)
20166676(2)
201545102(2)
キャリア171249(4)

キャリアハイライト動画

ダーウィン・ジェームス(Derwin James、フロリダ州立大)

Embed from Getty Images

セーフティーとしては大柄(190cm、97kg)ですが、高い身体能力と類まれなタフネスはNFLスカウト陣の注目を集めています。大学2年目は膝の半月板損傷でたったの2試合しか出場できませんでしたが、そのブランクをものともしない活躍を先シーズン見せてくれました。

シーズンタックル数パスブロックINT(TD)
201784112(1)
20161101(0)
20159140(0)
キャリア186153(1)

キャリアハイライト動画

ジョシュ・ジャクソン(Josh Jackson、アイオワ大)

Embed from Getty Images

派手さのないアイオワ大にて昨年ブレークしたCBジョシュ・ジャクソン。48タックル、18パスブレーク、8INTとどれを取っても誰からも見劣りしない彼はジム・ソープ賞のファイナリストにも選ばれました。

シーズンタックル数パスブロックINT(TD)
201748188(2)
20161040(0)
2015820(0)
キャリア66248(2)

キャリアハイライト動画

デンゼル・ワード(Denzel Ward、オハイオ州立大)

Embed from Getty Images

2016年度のチームから3人のDBがチームから去った後でデンゼル・ワードは彼らの跡を継いでチームのバックフィールドを死守。24パスブロックからもわかるように彼のカバー能力は抜群です。

シーズンタックル数パスブロックINT (TD)
201737152 (0)
20162390 (0)
2015700 (0)
キャリア67242 (0)

キャリアハイライト動画

アイゼア・オリヴァー(Isaiah Oliver、コロラド大)

Embed from Getty Images

シーズン中あまり名前の聞かれなかったアイゼア・オリヴァーですが、彼のカバー能力とクイックハンドで在校中何度も相手QBに嫌な思いをさせてきました。上に挙げたDBに勝るとも劣らない逸材です。

シーズンタックル数パスブロックINT (TD)
201726122 (0)
20163471 (0)
20152260 (0)
キャリア67253 (0)

キャリアハイライト動画

 

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする 0
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket

NFL DRAFT 
ドラフトの基礎知識!

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
Search
記事
2019
アーカイブ
基礎知識
NFL Draft
About
カレッジフットボール記事

アメリカの大学アメリカンフットボール(カレッジフットボール)ファンサイト「Any Given Saturday」にお越しいただき有り難うございます。

このサイトはカレッジフットボールにハマってしまった、米在住のいちファンによって運営されております。

続きはこちらへ