BLOG POSTS 
カレッジフットボール記事

テキサス大

テキサス大新監督にヒューストン大のハーマン氏

  先ほどテキサス大がチャーリー・ストロング(Charlie Strong)氏を解雇したと言うニュースを紹介しましたが、大学がストロング氏を解雇したその同日にすでにチームには新たなヘッドコーチが紹介されました。それがヒューストン大のトム・ハーマン(Tom Herman)氏です。 【関連記事

続きを読む »

テキサス大のストロング監督が解雇に

テキサス大は今季最終戦にてテキサスクリスチャン大に敗れ5勝7敗と3年連続の負け越しシーズンが決定しました。そして噂されていた通り、チャーリー・ストロング(Charlie Strong)監督は先週末にその座を解雇されてしまいました。 前任のマック・ブラウン(Mack Brown)氏からチームを受け継い

続きを読む »

来季にかけるテキサス大の意気込み

テキサス大ヘッドコーチ、チャーリー・ストロング(Charlie Strong)監督は、自身の選手達が今年は前年までに比べて、来るシーズンに賭ける意気込みがまったく違うと見ているそうです。これまで2年間のストロング監督の出来(11勝14敗)を考えれば、そういった選手達の心持ちはストロング監督にとっても

続きを読む »

ベイラー大のおこぼれを頂くテキサス大

スキャンダルのおかげで次期新入生となるはずだったプレーヤー達が次々とチームから去っていくベイラー大ですが、一体彼らがどのチームに進学することとなったと思いますか? それは何を隠そうベイラー大と同じテキサス州にあり同じBig 12カンファレンスのメンバーでもあるテキサス大なのです。いまのところ既に4人

続きを読む »

新先発QB発掘の旅:テキサス大編

テキサス大で3期目を迎えようとするヘッドコーチ、チャーリー・ストロング(Charlie Strong)監督はもともとディフェンシブコーディネーター出身。彼の息のかかったディフェンスは今後成長していくことでしょうが、ストロング監督は今の所それに見合うだけのオフェンスを生み出すことができずにいます。今オ

続きを読む »

ガンディ監督とBig 12カンファレンスの憂い

「テキサス大は自身の専属メディアネットワークであるロングホーンネットワークを廃止すべきだ。さもなければBig 12カンファレンスはこのまま痛手を受け続けるでしょう」と話したのはオクラホマ州立大ヘッドコーチ、マイク・ガンディ(Mike Gundy)監督。 SECやBig Tenカンファレンスがそれぞれ

続きを読む »

ナショナルチャンピオンシップゲームで敗れたチーム十傑 ⑩

1位:2005年度 サザンカリフォルニア大(12勝1敗) 勝者:テキサス大(41対38) このUSCチームとテキサス大とのナショナルチャンピオンシップゲームはBCSシステムが始まって以来最高の試合だと言われています。それはチームとして完璧だったUSCにテキサス大QBのヴィンス・ヤング(Vince Y

続きを読む »

ナショナルチャンピオンシップゲームで敗れたチーム十傑 ④

7位:2009年度 テキサス大(13勝1敗) 勝者:アラバマ大(37対21) 勝負事に「たられば」は禁物ではありますが、2009年度のナショナルチャンピオンシップゲームを語る時、この「もし・・・だったなら」というシナリオは外す事は出来ません。 2009年度のテキサス大はシーズン開始から終了まで全米ラ

続きを読む »

テキサス大とナイキ、15年間の長期契約か

テキサス大とスポーツメーカー大手のナイキは今後15年間のブランド契約を結んだという情報が入ってきました。 関係者によるとその契約金は明らかにされていませんが、「ミシガン大が結んだ15年で169万ドル(約200億円!)よりも上回る額」だそうです。 今季は調子が悪いテキサス大ですが、さすがにブランド力は

続きを読む »

テキサス大の体育局長が辞任

テキサス大の体育局長(アスレティックディレクター:AD)、スティーブ・パターソン氏が15日に辞任しました。 在職年数は僅か2年と短命でしたが、辞職に追い込まれた理由は多々あり、その一つは長年のファンたちの逆鱗に触れた事でしょう。テキサス大はそのブランド力からテキサス州だけでなく全米にファンを持ってい

続きを読む »
created by Rinker
アメリカンフットボールマガジン

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
カレッジフットボール記事