ラトガース大

[quads id=2]

エクストラポイント【第8週目】

ミネソタ大のガン克服選手が初出場した話とか、冴えないラトガース大のオフェンスの話とか、オクラホマ大のマスコットであるワゴンが転倒事故を起こした話とか、踊りすぎてペナルティーを喰らった話とか、試合中にパンチを御見舞したクレムソン大の選手に与えられた罰の話とか、新OTルールが初めて採用された試合の話とか。

エクストラポイント【第5週目】

ラトガース大のクリス・アシュ監督が解雇された話とか、オクラホマ大とノートルダム大が900勝目を挙げた話とか、ワシントン州立大のマイク・リーチ監督のお怒りの言葉の話とか、ジョージア工科大が不振を極めている話とか、スタンフォード大が「フィリースペシャル」ならぬ「スタンフォードスペシャル」を決めた話とか。

金メダルにあやかって・・・

平昌冬季オリンピックで見事念願の金メダルを獲ったアメリカ代表男子カーリングチーム。カーリングというと北欧というイメージがありますし、アメリカンなスポーツという感じがありませんが、それでも史上初の偉業に本土は湧きました。 そんな折そのアメリカ代表チームに便乗したかどうかはわかりませんが、ラトガース大の

ラトガース大OCキル氏、健康上の理由で引退

1ヶ月前のニュースになりますが、Big Tenカンファレンス所属のラトガース大でオフェンシブコーディネーターを務めていたジェリー・キル(Jerry Kill)氏が2017年度シーズンを持って現場から引退する事になりました。 現在56歳のキル氏は年齢的に決して引退するような歳ではありませんが、持病の癲

今シーズン最もタフなスケジュールが待つチーム十選

全チームが夢見るカレッジフットボールプレーオフ(CFP)に進出するために非常に重要なのは勝ち星を挙げ続けることだけでなく、チームのスケジュールも大いに影響を及ぼします。 例えばCFP初年度となった2014年度にはベイラー大とテキサスクリスチャン大は非常にいい成績を残していながらも、交流戦(ノンカンフ

2017年度、後がないカレッジコーチ六選

近年カレッジコーチには未だかつてないほどのプレッシャーが掛けられます。それが試合に勝たなければならないというプレッシャーだったり、より良い選手をリクルートしなければならないというプレッシャーだったり・・・。彼らが稼ぐサラリーも異常なまでに高額になるばかりですから、それに見合うだけの働きを大学側が望む

カンファレンス拡張で損したチームたち

カレッジフットボール界でカンファレンス拡張(エクスパンション)が行われるのは珍しいことではありませんが、特に過去10年から15年間にかけて行われたエクスパンションはグループオブ5カンファレンスだけでなくパワー5カンファレンスをも巻き込んで全米の勢力図に大なり小なりの影響を及ぼして来たと言えます。特に

ラトガース大新OCに元ミネソタ大監督のキル氏

先日オフェンシブコーディネーターのドリュー・メリンガー(Drew Mehringer)氏がテキサス大のWRコーチに就任するためにチームを去ったためにそのポジションが空いていたラトガース大。どうやらその後任が決まったようです。 複数の情報筋によるとラトガース大の新たなオフェンシブコーディネーターに元ミ

ラトガース大、ヘッドコーチとADを解雇

またまたヘッドコーチ解雇のニュースです。 今季4勝8敗でシーズンを終えたラトガース大はヘッドコーチ、カイル・フラッド(Kyle Flood)監督と体育局長(AD)ジュリー・ハーマン(Julie Hermann)氏を解雇したと発表しました。

ラトガース大ヘッドコーチ、3試合停止処分に

  ラトガース大は先週ヘッドコーチ、カイル・フラッド(Kyle Flood)を3試合停止処分ならびに5万ドルの罰金処分に課しました。 主な罪状は、自身の先発選手の出場資格を確保するために、彼の授業を担当する教授に便宜を図ってもらうようメールした事です。これはラトガース大側の自主規制で、それ

ラトガース大、5選手を退部処分に

ラトガース大は5選手を退部処分にしました。この5選手は出場停止処分に課されていましたが、その罪状は1件の住居侵入、4件の暴行事件です。