オハイオ州立大プレビュー

昨年のオハイオ州立大を回想して真っ先に思い出すのはウィスコンシン大との激戦でも、ミシガン大とのオーバータイム戦でもなく、残念ながらカレッジフットボールプレーオフ(CFP)準決勝戦のクレムソン大との完封負けに尽きます。この屈辱的な敗戦は現役選手やアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督らコーチ陣には受け入れがたい現実でしょう。しかし常に全米制覇を課せられた彼らにとっては、究極的に言えばどんな形であろうが負けは負けであり、それは接戦だろうが完敗だろうが目標を達成できなかったという意味では負け方はあまり関係ないのです。

マイヤー監督らにしてみればシーズンの最後に優勝トロフィーを手にしていなければその他の結末は色あせてしまいます。彼らは今年こそ2014年度以来の栄光を手にしようと開幕を今か今かと待っているはずです。彼らが昨年の雪辱を果たすことが出来るのか、今シーズンのチームの展望を見てみましょう。

続きを読む