ルール改正

転校ルールとレッドシャツルールが改正へ

全米大学体育協会の主な仕事はそれぞれのスポーツが安全・公平にプレーされるようにルールを定めることですが、時代の流れやニーズによってそれを常にアジャストしていくものです。先日も選手の安全性を高めるためのルール改正が行われましたが、この度NCAAが転校とレッドシャツに関するルール改正を決定しました。 転

Read More »

NCAAがルールを改正(2018年)

カレッジフットボールは100年以上の歴史を持つスポーツですが、その歴史の過程で多くのルール改正が行われてきました。かつては死者を出すほどのスポーツでその存続すら危ぶまれたこともありましたが、選手の安全面の向上のためにルールを見直して、それを何度も繰り返しながら現在のルールにたどり着いたという事実があ

Read More »

NCAAの次なる議題

先月末NCAAは今後の取り組みについてのあれこれを発表しましたが、その中には全米の多くのコーチたちや大学関係者にとって朗報となりそうなルール改正が含まれているようです。

Read More »

シュナイダー監督の視点

最近NCAAは高校生リクルートたちが通常の「ナショナルサイニングデー」よりも早い段階で進学先チームにサインしても良いと言うルールを新たに加えましたが、カンザス州立大のビル・シュナイダー(Bill Snyder)はこの決定に反対の意をを示しています。その理由が私が見落としていたものであったのでここで紹

Read More »

新レッドシャツルールを提案

アメリカの大学スポーツには「レッドシャツ」という言葉があります。これは選手のプレー期間を引き伸ばすために、任意のシーズンにて試合に出場しない代わりにその1シーズン分を将来用に取っておけるのです。

Read More »

NCAAの新ルール(2017年)

NCAAはカレッジフットボールに関する6つの新ルールを発表しました。以下がその要約です。 早期サイニングデー 高校生リクルートたちが進学先を公表し書類にサインする日を「ナショナルサイニングデー」と言いますが、これまでこの日は2月の初旬(最初の水曜日)にのみ行われてきました。しかし今回のルール改正で新

Read More »

NCAAが10番目のアシスタントコーチ雇用を承認へ

カレッジフットボールは年を追うごとにビジネスとしての側面を加速し、様々な収入源から莫大な稼ぎをあげています。ただこれは事実ではあるものの、懐が温まっているのは一部のメジャーチームが殆どであることも確かです。特にFBSでも下部とされている「グループオブ5」の面々は「パワー5」チームと対戦することで得る

Read More »

来季から3つのルールが変更か

NCAAのルール設定委員会は選手の安全確保のために来季以降から3つのルール変更を推奨すると発表しました。 まず第一にFGの際にブロックする側のディフェンダーは相手オフェンシブラインマンを飛び越えることを禁止すること言うこと。第二に選手の膝をパッドで覆うことを義務付けること、そして第三にホースカラータ

Read More »

NCAAの新ガイドライン、コンタクトドリルの制限を推奨

アスリートの怪我防止はNCAAの最重要課題の一つです。そのために様々な角度から検証を重ね、ルール改正を試みてきました。そんな中、NCAAはシーズン中のチーム練習に関しても新たなガイドラインを提示してきました。 新しいガイドラインによると、これまでシーズン中の練習でコンタクトが許される(=タックルして

Read More »

アイビーリーグが試験的にキックオフ地点を40ヤードラインに設定

キックオフが無くなる可能性があるというニュースを先日お伝えしましたが、キックオフに関してFCSのアイビーリーグが試験的にルールを改正することになりました。 【関連記事】将来的にキックオフ消滅? キックオフならびにキックオフリターンが大怪我の温床であることが研究の結果明らかになり始めていますが、これを

Read More »

将来的にキックオフ消滅?

カレッジフットボール界だけでなくNFLでも選手の安全面での議論が高まっている昨今、NCAAと米フットボールコーチ連盟(American Football Coaches Association/AFCA)はゲームの安全性をさらに高めるための手段の一つとしてキックオフを無くす可能性を話しだしたというリ

Read More »

ターゲットの反則に関してビデオ判定を強化

  次シーズンからビデオ判定を下す審判員により発言権を与えられることが決定されました。 NCAAのルール委員会が決定した新事項によると、「ターゲット」の反則に関してビデオ判定にてさらに厳しく取り締まっていくという方針がなされました。来シーズンからはビデオ判定にてフィールド上の審判員が見落と

Read More »