まだやり残した仕事があった?

まだやり残した仕事があった?

NCAA一部、いわゆるフットボールボウルサブディビジョン(FBS)はカレッジフットボールの頂点に立つリーグの集まりです。その中でも近年は「パワー5」カンファレンスと「グループオブ5」カンファレンスとで格付けされています。「パワー5」とはアトランティックコーストカンファンレス(ACC)、Big TenカンファレンスBig 12カンファレンスPac-12カンファレンスサウスイースタンカンファレンス(SEC)の5カンファレンスを指します。その他の「中堅」とされるチームが所属するカンファレンスをまとめて「グループオブ5」、要するに「パワー5じゃない奴ら」というラベルを貼っています。

選手達は一度進学する大学を決めて入学したら転校でもしない限り3年から5年間の間同じチームに居続けることになります。一方コーチたちはと言えば一概に選手達と同じとはいえません。

「パワー5」のチームの監督になることが出来れば、「パワー5」の中でもさらに強豪とされるチームからお誘いが無い限りその監督の座を出来るだけ長く守りたいと思うでしょう。一方「グループオブ5」のチームの監督であれば、頑張ってチームを強くして名を挙げ、いずれは「パワー5」の監督にヘッドハントされるのを夢見ているに違いありません。

そのようにして毎年のように監督が辞めさせられては新しい監督がまた別のところから来たり、「グループオブ5」で大成功を収めたチームではその手腕を買われ監督が「パワー5」チームに引き抜かれていく、という事も多々あるのです。

一度辞めた後再び同じチームに復帰した監督達

普通監督が辞めていけば、惜しまれつつ辞めたとしても、再びその監督が同じチームに復帰する事はあまりありません。しかし辞め方がどうであれ、昔去っていった監督が時を経て再び同じチームに戻ってくるというケースも稀ではありますが、あるにはあります。

今回はそんな「一度辞めたのにまた同じチームに戻ってきた」珍しい監督さんたちを紹介したいと思います。

ビル・シュナイダー(カンザス州立大)

現在77歳のビル・シュナイダー(Bill Snyder)監督は1989年から2005年までカンザス州立大を率い、2005年度シーズンを最後にコーチングから引退していました。

1989年にシュナイダー監督が引き継いだカンザス州立大は、1986年から1988年まで続いた27試合連続敗戦記録を樹立した、カレッジフットボール界でもお荷物的存在でした。そんな誰も引き受けたがらないようなチームをシュナイダー監督は瞬く間に勝利を狙えるチームに変貌させ、二桁勝利シーズン7度、Big 12カンファレンス優勝1度(2003年)、カンファレンスディビジョン優勝4度と、シュナイダー監督のもとカンザス州立大は弱小チームから強豪チームに見事生まれ変わったのです。

2005年度シーズン後に引退して現場を退きましたが、後任のロン・プリンス(Ron Prince)氏が苦戦しチームは下降線を辿っていきます(もっともシュナイダー監督の最後2年も成績は下向きでしたが)。結局3シーズンでプリンス氏は解雇。そしてその後釜としてシュナイダー監督復帰が発表されたのです。

老兵は死なず、とばかりにシュナイダー監督は2009年から現在まで負け越したのは2015年のたった1シーズン。2012年には再びカンファレンスタイトルを獲得し、2017年現在も現役を続けています。あのオクラホマ大の名将、バリー・スウィッツアー(Barry Switzer)氏に「今世紀最高の監督」と言わしめたシュナイダー監督。彼のような「古き良き時代」を知る監督がまだ現役でいてくれる事はカレッジフットボールファンとしては嬉しい限りです。