ボストンカレッジ

2017年度、後がないカレッジコーチ六選

近年カレッジコーチには未だかつてないほどのプレッシャーが掛けられます。それが試合に勝たなければならないというプレッシャーだったり、より良い選手をリクルートしなければならないというプレッシャーだったり・・・。彼らが稼ぐサラリーも異常なまでに高額になるばかりですから、それに見合うだけの働きを大学側が望む

Read More »

カンファレンス拡張で損したチームたち

カレッジフットボール界でカンファレンス拡張(エクスパンション)が行われるのは珍しいことではありませんが、特に過去10年から15年間にかけて行われたエクスパンションはグループオブ5カンファレンスだけでなくパワー5カンファレンスをも巻き込んで全米の勢力図に大なり小なりの影響を及ぼして来たと言えます。特に

Read More »

ボストンカレッジ、元選手二人の背番号を永久欠番に

近年のボストンカレッジフットボール部史上最も輝いた功労者2選手が今回チームから最大級の栄誉を送られることになりました。 同校体育局長ブラッド・ベイツ氏は先日配信した電子メール上でQBマット・ライアン(Matt Ryan/2003年-2007年)とLBルーク・クチリー(Luke Kuechly/200

Read More »

スプリングフットボールあれこれ

春季トレーニングの終わりを告げるスプリングゲーム。その大半が先週末で幕を閉じました。 前回にも述べましたがゲームと言えどもたかが紅白戦。しかしファンからすればされど紅白戦。そんなイベントに沸いた週末でした。 ファンたちにしては待ちに待った一大イベント知れませんが、所詮は練習試合。どちらが勝とうが負け

Read More »