2017年度、後がないカレッジコーチ六選

2017年度、後がないカレッジコーチ六選

近年カレッジコーチには未だかつてないほどのプレッシャーが掛けられます。それが試合に勝たなければならないというプレッシャーだったり、より良い選手をリクルートしなければならないというプレッシャーだったり・・・。彼らが稼ぐサラリーも異常なまでに高額になるばかりですから、それに見合うだけの働きを大学側が望むのも当然と言えば当然ですが。

ノートルダムよ何処へ行く・・・

ノートルダムよ何処へ行く・・・

notre-dame-football-fans

負け越しシーズンを送ったばかりか、過去の勝ち星が抹消されたり、トップQB二人が転校しと全くいいことがない昨今のノートルダム大。カレッジフットボール界でも随一の名門校とあり、近頃のノートルダム大の体たらくは卒業生やファンたちにとっては受け入れがたいことに違いありません。そんなファンの一部が溜まった鬱憤を晴らすために思い切った行動に移しました。

【関連記事】ノートルダム大の2012年と2013年の記録が抹消へ

【関連記事】ノートルダム大QBザイールが転校へ

【関連記事】ノートルダム大の先発QBカイザーがNFLドラフト入りへ

ケリー監督、自身の去就の噂を一蹴

ケリー監督、自身の去就の噂を一蹴

brian-kelly2

今季4勝8敗という非常に残念なシーズンを送ってしまったノートルダム大。名門校の宿命か、ヘッドコーチのブライアン・ケリー(Brian Kelly)監督の去就にすでに注目が集まっているようですが、大学側がこの負け越しの責任を取ってケリー氏を解雇するなんていう噂も立つ中、実はケリー監督本人がノートルダム大を出たがっている、という噂もあるようなのです。が、ケリー監督はこれの噂を一蹴。

セイバン監督の堪忍袋の緒が切れた!

セイバン監督の堪忍袋の緒が切れた!

091016-cfb-saban-lf-pi-vadapt-664-high-41

全米1位の座を開幕時から確保しているアラバマ大。その強さはもうここでとやかく言う必要はないと思います。チームを指揮するニック・セイバン(Nick Saban)監督の手腕が確かなのは当然ですが、彼の誰も考えつかなかったようなことを思いつくアイデアマンでもあります。最近では卒業生を練習に招いて彼らをスカウトチームに使うとうことをしたことが話題になりましたが、これに関してとやかくいう声が高まっていました。そしてとうとうこの批判の声に耐えかねたセイバン監督の堪忍袋の緒が切れたのです。

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ①

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ①

オフシーズンのネタといえばナショナルサイニングデーやらNFLドラフト関連のイベントくらいです。が、個人的にこの2つの行事は興味がないので(その理由はいずれどこかでお話しますが)、今回は2016年現在現役のヘッドコーチベスト10を挙げてみたいと思います。