ナショナルチャンピオンシップゲーム

ナショナルチャンピオンシップゲームで敗れたチーム十傑 ⑧

3位:2010年度 オレゴン大(12勝1敗) 勝者:アーバン大(22対19) これまでにもオレゴン大は非常に良いチームを輩出し続けてきましたが、2010年度のオレゴン大ダックスはよりパワフルでなによりも息もつかせぬ速攻オフェンスを武器にカレッジフットボール史に確固たる名を刻みました。

Read More »

ナショナルチャンピオンシップゲームで敗れたチーム十傑 ⑤

6位:2015年度 クレムソン大(14勝1敗) 勝者:アラバマ大(45対40) たった数週間前に行われたゲームの敗者、クレムソン大。記憶にまだ新しいため、このクレムソン大をもっと上位に挙げてもいいかなぁとも思いますが、6位にランクさせてみました。しかし彼らの強さは全米中が目の当たりしたように文句の付

Read More »

ナショナルチャンピオンシップゲームで敗れたチーム十傑 ④

7位:2009年度 テキサス大(13勝1敗) 勝者:アラバマ大(37対21) 勝負事に「たられば」は禁物ではありますが、2009年度のナショナルチャンピオンシップゲームを語る時、この「もし・・・だったなら」というシナリオは外す事は出来ません。 2009年度のテキサス大はシーズン開始から終了まで全米ラ

Read More »

ナショナルチャンピオンシップゲームで敗れたチーム十傑 ③

8位:2014年度 オレゴン大(13勝2敗) 勝者:オハイオ州立大(42対20) 2010年度シーズン以来2度目のナショナルチャンピオンシップゲーム出場を果たした2014年度のオレゴン大でしたが、タイトルゲームでは突如として大外から巻いて来たオハイオ州立大に完敗。しかし2年目のヘッドコーチ、マーク・

Read More »

ナショナルチャンピオンシップゲームで敗れたチーム十傑 ②

9位:2000年度 フロリダ州立大(11勝2敗) 勝者:オクラホマ大(13対2) 1999年度に全米覇者となったフロリダ州立大は2000年度のBCSナショナルチャンピオンシップゲームにも駒を進め、2連覇をかけてオクラホマ大と相見えました。しかし13対2というナショナルチャンピオンシップゲームらしから

Read More »

ナショナルチャンピオンシップゲームで敗れたチーム十傑 ①

シーズンの最後に行われるナショナルチャンピオンシップ。このゲームの勝者は今後永劫にその名を刻むことが出来ます。それが勝負の掟・・・。敗れ去ったチームにはスポットライトは当たらないものです。 1998年にBCS(ボウルチャンピオンシップシリーズ:1位と2位を戦わせて全米チャンプを決めるべく導入されたシ

Read More »