ナショナルサイニングデー

2019年度ナショナルサイニングデー終わって・・・

リクルーティングの集大成となる「ナショナルサイニングデー」が2月6日に行われました。この日までに全米中のリクルートたちの大半が進学先を公表したことになります。どのチームがこのリクルーティングバトルを制したのか・・・。今回はリクルーティングランキングを分析しながら現在のカレッジフットボールのトレンドを見てみます。

早期サイニングピリオド【2019年度リクルーティング】

カレッジフットボールにおいてチームを強くするために重要なのがリクルーティングです。良い逸材をどれだけ多くチームに抱えることが出来るかにその命運がかかっているともいえますが、そのリクルーティング戦争を左右する新システム「早期サイニングピリオド」が2年目となる今年も12月19日から3日間の予定で始まりました。

2018年度「ナショナルサイニングデー」終わって・・・

高校生たちが自らの進路を公表する一大イベント「ナショナルサイニングデー」が2月7日に行われました。各地で彼らの「重大発表」を高校総出で盛り上げたり、テレビ局の生放送が行われたり、てんやわんやでした。 【関連記事】明日は「ナショナルサイニングデー」! しっかりした数字はわかっていませんが、おそらく9割

オハイオ州立大DCシアーノ氏が残留へ

先日行われたスーパーボウルで惜しくも2連覇をフィラデルフィアイーグルスに阻止されたニューイングランドペイトリオッツ。そのペイトリオッツはプレーオフ開始時からディフェンシブコーディネーターのマット・パトリシア(Matt Patricia)氏とオフェンシブコーディネーターのジョシュ・マクダニエル(Jos

明日は「ナショナルサイニングデー」!

毎年2月の第1水曜日は高校生リクルートたちが進学先を決定する「ナショナルサイニングデー」です。これまで数々のチームから誘いを受けどのチームに進学しようが迷いに迷った高校生たちにとっておそらく人生で最初の大きな決断を下す日となるのです。 リクルーティングの世界では様々なスカウトメディアが高校生たちにラ

早期サイニングピリオドがやって来る!

カレッジフットボールにおいて高校生たちを自分のチームに勧誘する行為、つまり「リクルーティング」はチーム強化において在校生たちをコーチすることと同じくらい重要であると言われています。それはどんなに戦術が優れていてもそれを体現できる能力の高い選手たちが多く揃わなければチームとして成り立たないということの

シュナイダー監督の視点

最近NCAAは高校生リクルートたちが通常の「ナショナルサイニングデー」よりも早い段階で進学先チームにサインしても良いと言うルールを新たに加えましたが、カンザス州立大のビル・シュナイダー(Bill Snyder)はこの決定に反対の意をを示しています。その理由が私が見落としていたものであったのでここで紹

NCAAの新ルール(2017年)

NCAAはカレッジフットボールに関する6つの新ルールを発表しました。以下がその要約です。 早期サイニングデー 高校生リクルートたちが進学先を公表し書類にサインする日を「ナショナルサイニングデー」と言いますが、これまでこの日は2月の初旬(最初の水曜日)にのみ行われてきました。しかし今回のルール改正で新

ペンステートなのに「ブルータス」?【追記あり】

2018年度のリクルーティングクラスで全米でも指折りのDLとされるペンシルバニア州出身のマイカ・パーソンズ(Micah Parsons)君は現在お膝元のペンシルバニア州立大に進学することを公言しています。もちろん公言すると言ってもナショナルサイニングデーにて正式に署名するまでは正式な決断ということに

ルイジアナ州立大に襲いかかる危機

ルイジアナ州立大が彼らのリクルーティングの本漁場ともいえるニューオーリンズ市を失うか・・・。 そんな大問題が起きるような気配が地元には漂っています。というのもルイジアナ州ニューオーリンズ市にある高校のコーチ達がルイジアナ州立大との縁を切ろうとしているというのです。 地域的に黒人の割合が多いニューオー

「ナショナルサイニングデー」のあれこれ(2017年版)

今年も笑いあり涙あり(?)だった(と思われる)高校リクルート達の祭典「ナショナルサイニングデー(National Signing Day)」。今回はこの「ナショナルサイニングデー」に関する色々な話をかき集めてみました。 ケンタッキー大に決めたクラーク君の場合 元々オハイオ州立大に進学を決めていたQB

2017年リクルーティングランキング

2月1日、「ナショナルサイニングデー」が行われ、高校生たちが大きな期待と不安を胸にこの夏からの進学先を正式に発表し文書にサインして長きにわたり行われてきたリクルーティングに終止符を打つことになりました。 何度か触れてきましたが、個人的にはあまり興味がないこの「ナショナルサイニングデー」をはじめとする

カレッジフットボールの光と陰〜リクルート達の苦悩

カレッジフットボールという夢の舞台に立つために高校生のリクルートたちは大学チームの甘い言葉に踊らされながらもいずれは自分で自分の進路を決定していかなければなりません。それは気が遠くなるような、期待と不安が入り混じったプロセスであるに違いありません。 カレッジフットボールのリクルーティングは年々熾烈を

ミシシッピ州立大の努力は報われるか?

今年の秋学期から大学に進学する高校生たちがどの大学チームに入部するかを決断する日、「ナショナルサイニングデー(National Signing Day)」が間近に迫っています。高校生は契約書にサインすることでそのチームに正式にスカラシップ選手として加入する事になります。 ナショナルサイニングデーは年

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
Search
記事
2019
アーカイブ
基礎知識
NFL Draft
About
カレッジフットボール記事

アメリカの大学アメリカンフットボール(カレッジフットボール)ファンサイト「Any Given Saturday」にお越しいただき有り難うございます。

このサイトはカレッジフットボールにハマってしまった、米在住のいちファンによって運営されております。

続きはこちらへ