2017年度、後がないカレッジコーチ六選

2017年度、後がないカレッジコーチ六選

近年カレッジコーチには未だかつてないほどのプレッシャーが掛けられます。それが試合に勝たなければならないというプレッシャーだったり、より良い選手をリクルートしなければならないというプレッシャーだったり・・・。彼らが稼ぐサラリーも異常なまでに高額になるばかりですから、それに見合うだけの働きを大学側が望むのも当然と言えば当然ですが。

SECメディアデー:リキャップ①

SECメディアデー:リキャップ①

今週7月10日から4日間アラバマ州フーバー市で行われたサウスイースタンカンファレンス(SEC)のメディアデー。これは各チームのヘッドコーチ及び選ばれた選手たちが所信表明したり、記者からの質問に答えたりするイベントで、毎年プレシーズン前のこの時期に行われます。SECのメディアデーはカンファレンスの注目度からも多くの関心を引き寄せ、記者やファンたちはここでの監督たちの発言から来たるシーズンに思いを馳せるのです。

それでは今年行われたSECメディアデーの様子をかいつまんでご紹介したいと思います。

フルマー氏からの助言

フルマー氏からの助言

テネシー大の元監督でつい先日大学長の特別補佐に任命されたばかりのフィリップ・フルマー(Phillip Fulmer)氏。テネシー大一筋でフットボール界を歩んできた同氏は2008年にチームを離れコーチ業から足を洗っていますが、それでもテネシー大が再び全米の檜舞台へ戻って欲しいと強く願っている人物です。そんな彼が先日行われたインタビューでテネシー大復活の鍵となるポイントを話していました。

世界を旅するカレッジフットボールギア

世界を旅するカレッジフットボールギア

カレッジフットボールのチームが着用するユニフォーム・ジャージは大抵そのチームのチームカラーをベースにしたものがデザインされます。そして基本的にデザインは長いこと変わらないものです。それは歴史あるチームならばなおのこと。しかし最近は復刻ユニフォームを来たり、オルタナティブとして第3のユニフォームが使用されることもあります。

母校に対する「嫌悪感」

母校に対する「嫌悪感」

収容人数10万2455人(全米5位)というテネシー大ネイランドスタジアム。私も一度だけ行ったことがありますが、このスタジアムがスクールカラーのオレンジ一色に染まるとそれだけでアウェーチームは圧倒されてしまうくらいのパワーを持ったスタジアムです。そしてそこを埋め尽くすテネシー大のファンは全米でも指折りの熱狂ファンとして知られており、彼らのチームへの愛情は人一倍です。

元テネシー大ハードがベイラー大へ

元テネシー大ハードがベイラー大へ

昨年テネシー大の先発RBジャレン・ハード(Jalen Hurd)がシーズン途中にもかかわらず退部を表明したのには驚かされましたが、しばらく「無職」だったハードがベイラー大へ転校することが明らかになりました。しかもRBからWRにポジションをコンバートするという話です。

2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(4)

2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(4)

2016年度シーズンを振り返る、チーム別通信簿。今回は「C」を受け取ったチーム達を紹介したいと思います。「C」評価のチームはお世辞にも成功したとは言えない、期待に応えられなかったチーム達と言えます。

【関連記事】2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(1)
【関連記事】2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(2)
【関連記事】2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(3)

C

ベイラー大

ご存知の通り2016年度のベイラー大フットボール部は開幕前までに起こっていたスキャンダルのせいで大ダメージを受けていましたが、にも関わらずチームは6連勝で全米8位までランクを上げてきました。しかし「そんなに何もかもうまく行かないよ」とお天道様は見ていたのか、ここから彼らはまさかの6連敗。あっという間にランク外へ転げ落ちてしまいました。ボウルゲームではなんとか勝利を収め7勝6敗と勝ち越しシーズンを確保することはできましたが、この一連のスキャンダルの打撃は大きく、果たしてベイラー大が過去数年で作り上げてきた強さを取り戻すことができるのかは誰にも分かりません。

【関連記事】カクタスボウル:ベイラー大 31、ボイジー州立大 12

アイオワ大

2015年度アイオワ大は破竹の12連勝を挙げ無敗でBig Ten西地区を制覇。カンファレンスタイトルゲームではミシガン州立大に惜しくも負けましたが、この年最も世間を驚かせてくれたチームの一つに数えられました。しかし2016年度はその勢いを持続することができませんでした。特に第3戦目で下部リーグであるFCSのノースダコタ州立大に敗れたことは大変なショックでした。後半に当時全米2位のミシガン大をホームで破り大金星を挙げたことで汚名を挽回しましたが、やはり2015年度の好調を考えると2016年度は残念なシーズンだったと言わざるを得ません。

【関連記事】2016年度シーズン第11週目 – New Life –

ジョージア大

新監督カービー・スマート(Kirby Smart)監督を迎えた2016年度のジョージア大は開幕戦で全米22位のノースカロライナ大を倒すと開幕3連勝。ランクも12位まで上昇し前監督マーク・リクト(Mark Richt)監督解雇に懐疑的であったファンもにわかに大きな期待を抱くようになりました。が、23位のミシシッピ大、11位のテネシー大というランクチームに連敗するとランク外へ転落。その後は勝ち負けを繰り返し終わってみれば8勝5敗とジョージア大にしてみれば並の成績となってしまいました。しかもクビにした前監督マーク・リクト(Mark Richt)監督が再就職先のマイアミで9勝4敗とジョージア大よりも良い数字を挙げた事も輪をかけてジョージア大の2016年度シーズンが微妙な感じになってしまいました。もっともスマート監督にとっては初のヘッドコーチ職ということで、今後に繋がるシーズンになったことも確かです。

【関連記事】ジョージア大のリクト監督が解雇へ

テネシー大でこだまするため息

テネシー大でこだまするため息

butch-jones

テネシー大は開幕時にトップ10入りするなど今季への期待は近年稀に見る大きなものでしたが、終わってみれば8勝4敗と数字的には悪くないものの、SEC東地区も勝ち抜けず、俗にいう「ニューイヤーボウル」出場も逃し、挙げ句の果てには同じテネシー州のライバル・ヴァンダービルト大に最終戦で敗れるという嫌な終わり方をしました。ライバルといっても同じ州に属しているからという理由だけのライバル関係で、これまで力の差は圧倒的テネシー大有利とされてきましたが、そんなヴァンダービルト大に敗れたというだけで、今シーズンのテネシー大の出来は誰も満足できるものではないとされるのです。テネシー大はボウルゲーム出場資格を得られるのに十分な勝ち星を得ましたが、ミュージックシティーボウルネブラスカ大と対戦ということで良くもなく悪くもない試合に出場することになりました。

テネシー大DLオブライエンが退部処分に

テネシー大DLオブライエンが退部処分に

danny-obrien-tennessee

熾烈を極めたテネシー大テキサスA&M大との試合は2度のオーバータイムの末にテキサスA&M大が辛くも勝利を掴みました。非常にドラマティックなゲームとなりましたが、そんな中この試合では両チーム及び観客全員が静まり返ったシーンがありました。テネシー大DLダニー・オブライエン(Danny O’Brien)が試合中首に怪我を負いストレッチャーに乗せられ近くの病院へ搬送されたからです。首の怪我は最悪の場合上下半身不随となる可能性もあり、敵味方関係なく彼の無事を祈っていました。

スパインボードに固定されるオブライエン
スパインボードに固定されるオブライエン

結局オブライエンは無事に病院をその日に退院。チームと一緒に帰宅の途に付くことができたのでした。

テネシー大>アーバン大?

テネシー大>アーバン大?

Tennessee Alabama Football

現在開幕以来の首位を守り続けているアラバマ大。彼らの永遠のライバルといえば同じアラバマ州にあるアーバン大ですが、先日アラバマ大のニック・セイバン(Nick Saban)監督はアーバン大関係者及びファンたちを逆撫でするような発言をしました。