クリフ・キングスバリー

元テキサス工科大HCキングスバリー氏がUSCのOCに就任

今季5勝7敗でボウルゲーム出場を逃した名門サザンカリフォルニア大。勝つことが義務付けられている彼らにとってこの成績は受け入れがたいものであり、クレイ・ヘルトン監督にはすでにたくさんの批判が集まっています。そんな中ヘルトン監督はオフェンス再建のため、新OCにこれ以上無いという人物を起用することに成功しました。

Read More »

テキサス工科大、キングスバリー監督を解雇

今年結果を残せなければそのクビが危ないとシーズン開始前から囁かれていたテキサス工科大のクリフ・キングスバリー監督。今年は最終戦のベイラー大に敗れて5勝7敗とし、ボウルゲーム出場を逃してシーズンを終了。そして大学はついにキングスバリー監督と袂を分かつことを決意。6年間のキングスバリー政権に終止符を打つことになりました。

Read More »

メイフィールドとキングスバリー監督の確執?

カレッジフットボールのプレシーズンキャンプインより一足早くキャンプインしているのがNFLです。8月の第2週目にはすでプレシーズンゲームが行われるわけで、彼らのキャンプでも最終的に53人のロースターに残るためのサバイバル合戦がこれから1ヶ月に渡り行われるわけです。

Read More »

2017年度、後がないカレッジコーチ六選

近年カレッジコーチには未だかつてないほどのプレッシャーが掛けられます。それが試合に勝たなければならないというプレッシャーだったり、より良い選手をリクルートしなければならないというプレッシャーだったり・・・。彼らが稼ぐサラリーも異常なまでに高額になるばかりですから、それに見合うだけの働きを大学側が望む

Read More »

テキサス工科大の荒治療

テキサス工科大の昨年度の5勝7敗という成績はファンのみならずテキサス工科大に関わる全ての人にとって非常に残念なものでした。どのチームも皆勝ち越しシーズンを目指すわけですが、それだけでなくカンファレンスチャンピオン、そしてその上にあるプレーオフ進出を目標にしてオフシーズンから厳しいトレーニングを積んで

Read More »

テキサス工科大、キングスバリー監督の続投を決定

テキサス工科大はヘッドコーチ、クリフ・キングスバリー(Kliff Kingsbury)監督の来季続投を明言しました。 今季5勝7敗と負け越しが決まったテキサス工科大。ハイパワーエアーアタックを旨とするキングスバリー監督のオフェンスは常に見るものを魅了しますが、一方でディフェンスは下降の一途を辿るばか

Read More »

テキサス工科大キングスバリー監督、オクラホマ大メイフィールドを想う

昨年転校先のオクラホマ大で開花したQBベイカー・メイフィールド(Baker Mayfield)。スカラシップなしのウォークオンで入部したにもかかわらず、昨年度チーム快進撃の原動力となり、プレーオフ進出を果たしました。そんなメイフィールドですが、オクラホマ大に転校してくる以前は同じカンファレンス内のテ

Read More »